+1

関係者の知識・知恵の共有

 「内部統制評価基準 勝ち抜く会社の800のポイント」は特に「業務の有効性と効率性」を基軸にした「内部統制」の有効性を診断する評価基準です。この評価基準を活用した内部統制の仕組みづくりでは、内部統制に関わる組織経営のプロセスを8つの側面(カテゴリ)に分けて、具体的に仕組みに落とし込んでいく方法をとっています。  内部統制評価基準の8つのカテゴリーの5つ目は 5.知の経営の実現 です。  組織内の関係者間での知識や知恵の共有について確認します。 5.(7)関係者の知識・知

+1

必要データ・情報の適時収集

 「内部統制評価基準 勝ち抜く会社の800のポイント」は特に「業務の有効性と効率性」を基軸にした「内部統制」の有効性を診断する評価基準です。この評価基準を活用した内部統制の仕組みづくりでは、内部統制に関わる組織経営のプロセスを8つの側面(カテゴリ)に分けて、具体的に仕組みに落とし込んでいく方法をとっています。  内部統制評価基準の8つのカテゴリーの5つ目は 5.知の経営の実現 です。  知のピラミッドの基盤となるデータ・情報について確認します。 5.(6)必要データ・情

利害関係者との知の交流

 「内部統制評価基準 勝ち抜く会社の800のポイント」は特に「業務の有効性と効率性」を基軸にした「内部統制」の有効性を診断する評価基準です。この評価基準を活用した内部統制の仕組みづくりでは、内部統制に関わる組織経営のプロセスを8つの側面(カテゴリ)に分けて、具体的に仕組みに落とし込んでいく方法をとっています。  内部統制評価基準の8つのカテゴリーの5つ目は 5.知の経営の実現 です。  知の経営に必要な、利害関係者との知の交流について確認します。 5.(2)利害関係者と

スキ
2

経営理念の企業文化への反映

 「内部統制評価基準 勝ち抜く会社の800のポイント」は特に「業務の有効性と効率性」を基軸にした「内部統制」の有効性を診断する評価基準です。この評価基準を活用した内部統制の仕組みづくりでは、内部統制に関わる組織経営のプロセスを8つの側面(カテゴリ)に分けて、具体的に仕組みに落とし込んでいく方法をとっています。  内部統制評価基準の8つのカテゴリーの5つ目は 5.知の経営の実現 です。  知の経営の前提として、経営理念の浸透について確認します。 5.(1)経営理念の企業文

スキ
2
+1

リスクは避けるもの、予防するものという意識がどうしても先に立つけれど

  「内部統制評価基準 勝ち抜く会社の800のポイント」は特に「業務の有効性と効率性」を基軸にした「内部統制」の有効性を診断する評価基準です。この評価基準を活用した内部統制の仕組みづくりでは、内部統制に関わる組織経営のプロセスを8つの側面(カテゴリ)に分けて、具体的に仕組みに落とし込んでいく方法をとっています。  その8つのカテゴリーの4つ目「4.経営管理の実践、改善」では、リスクの特定と予防について、確認しました。  ボルドリッジ(ボルドリッジ・エクセレンス・フレームワー

スキ
2

リスクの特定と予防

 「内部統制評価基準 勝ち抜く会社の800のポイント」は特に「業務の有効性と効率性」を基軸にした「内部統制」の有効性を診断する評価基準です。この評価基準を活用した内部統制の仕組みづくりでは、内部統制に関わる組織経営のプロセスを8つの側面(カテゴリ)に分けて、具体的に仕組みに落とし込んでいく方法をとっています。  内部統制評価基準の8つのカテゴリーの3つ目は 4.経営管理の実践、改善 です。  経営管理の重要な要素である「リスク管理」について、確認します。 4.(10)リ

+1

業務改革の意識浸透

 「内部統制評価基準 勝ち抜く会社の800のポイント」は特に「業務の有効性と効率性」を基軸にした「内部統制」の有効性を診断する評価基準です。この評価基準を活用した内部統制の仕組みづくりでは、内部統制に関わる組織経営のプロセスを8つの側面(カテゴリ)に分けて、具体的に仕組みに落とし込んでいく方法をとっています。  内部統制評価基準の8つのカテゴリーの3つ目は 4.経営管理の実践、改善 です。  業務改革の意識を高めるための取り組みについて確認します。 4.(8)業務改革の

スキ
1
+1

法令遵守→CSR→社会への貢献

 社会的責任ということがすべての組織に求められますが、法令遵守・コンプライアンスはそのベースです。  さらに社会への貢献も含めて、次のような図を作ってそれぞれの関係を理解しています。  コンプラアンスについて言えば、法令違反をした場合に受ける法的な処罰・制裁よりも、企業イメージの低下、ブランドの棄損、顧客の離反、株価の下落など社会的・経済的な制裁が、経営に大きな影響を及ぼすことを理解すべきです。  しかし最近では、こうした制裁が、社会的責任の範囲である(法令違反ではないも

スキ
1

コンプライアンスを超える

 「内部統制評価基準 勝ち抜く会社の800のポイント」の4.経営管理の実践、改善のポイントの一つに、「法令順守・誤謬防止の意識徹底」があります。  社会的責任という観点からは、法令の遵守、コンプライアンスは、それを最小限として、それを超えることを目指しています。  組織は、地域や国のすべての法律と規制の要件を満たし、これらの法令および関連する要件を、最小限の遵守を超えて進化する好機として扱う必要があります。  ボルドリッジ(ボルドリッジ・エクセレンス・フレームワーク)で

法令順守・誤謬防止

 「内部統制評価基準 勝ち抜く会社の800のポイント」は特に「業務の有効性と効率性」を基軸にした「内部統制」の有効性を診断する評価基準です。この評価基準を活用した内部統制の仕組みづくりでは、内部統制に関わる組織経営のプロセスを8つの側面(カテゴリ)に分けて、具体的に仕組みに落とし込んでいく方法をとっています。  内部統制評価基準の8つのカテゴリーの3つ目は 4.経営管理の実践、改善 です。  法令遵守・誤謬防止とそのための牽制機能について確認します。 4.(6)法令順守

スキ
1