フリーランニング

次の動きに繋げるためのロール【武術とパルクールのロールの違い】

パルクールと武術のロールを実践していて、その違いについて気づいたことと、そこから改良したロールのやり方について書きます。

パルクールと武術のロールの目的

パルクールで使うロールの目的は主に3種類です。

①落下の衝撃を和らげる(受身)
②勢いの方向を変える(フロー)
③移動及び演出(見た目)

パルクールでは前方受身を多く使います。

武術で使うロールの目的は2種類です。

①ダメージを和らげ

もっとみる
ありがとう!忍びは影にあり、世はすべて事もなし-
2

「天地人」によるパルクールフローの組み立て方

パルクールのフローを組む考え方について書きます。フローが単調でつまらない、もっと面白いフローの組み方はないか?とお悩みの方は参考にしてみてください。

「天地人」パルクールの技大分類

パルクールの技は大きく3つに分けられます。

<パルクール技の3大分類>
天:フリップ
人:ヴォルト、プレシジョンなどパルクールの基本技
地:モンキーウォーク、ロールなど地面に伏せて行う技

天地人の大分類は、それ

もっとみる
ありがとう!能ある忍びは姿を隠す-

恐怖心に向き合うには?パルクールを実践するに当たり伴う恐怖への対処法

今回は、パルクールを実践する時に必ず向き合わなければならなくなる恐怖について、対処法を書きます。

パルクール以外にも、恐怖心を抱いた時の対処法として使える内容だと思います。よろしければ参考にしてみてください。

目次
・恐怖の自覚
・具体的な対処について考える
・無心で実行する

恐怖の自覚

初めに、自分が恐れていることをしっかりと自覚します。怖がるのは良くないとか考える必要はありません。恐怖

もっとみる
ありがとう!忍びとて、道に背きし盗みせば、神や仏のいかで守らん-
1

LAST HEISEI PARKOUR(平成最後のパルクールまとめ動画です!)

平成最後のパルクールまとめの動画上げました!😄
去年1年間のパルクールの記録です。埼玉、名古屋、神奈川と色んなところでパルクールをしてきました。移動動作、フローをまとめてます。

ありがとう!能ある忍びは姿を隠す-
5

横向きレールバランスの安定感を高める方法

今回はレールに横向きに(レールに対して足が垂直)乗った時のバランスの取り方について解説します。ポイントは4点です。

①母指球で立つ
②膝を曲げて腰を落とす
③腕、頭を前に出す
④頭の重さが土踏まずにかかるイメージ

これは、武術の走法や運足を元に研究した動き方になります。よかったら参考にしてみて下さい。

①母指球で立つ

レールに足を乗せるときは、母指球から乗せるようにしましょう。

つま先だ

もっとみる
ありがとう!能ある忍びは姿を隠す-

コングヴォルトの練習方法

前回「足場が悪くても、しっかりと踏み込めるコングヴォルトの方法」(ページの最下部のリンクを参照)というnoteを書きました。今回は続編で、練習方法について書いていきます。

目次
・練習方法について
・①助走と腕の振り
・②手を着いてジャンプ
・③オブジェクトを押して着地
・④一連の流れを組み合わせる

練習方法について

初めから一連の流れ、助走-踏み切り-手を着く-着地を行おうとすると頭がごち

もっとみる
ありがとう!石を投げれば忍びに当たる-

しっかり踏み込めるコングヴォルトの方法【続編】

前回の「足場が悪くても、しっかりと踏み込めるコングヴォルトの方法」の続きです。今回は、もっと上手にコングヴォルトをするためのポイントについて書きます。

前回のnote「足場が悪くても、しっかりと踏み込めるコングヴォルトの方法」
https://note.mu/kiyo_design/n/n761b96389024?magazine_key=m596339c6350f

前回の記事を読んで、コング

もっとみる
ありがとう!忍びには、習いの道は多けれど、まずは第一敵に近づけ-
1

足場が悪くても、しっかりと踏み込めるコングヴォルトの方法

パルクールはどんな場所でも問題なく移動できることが必要です。地面が硬くても、ぬかるんでいても、砂利でも、安定してコングヴォルトができる方法について説明します。ポイントは5点です。

①助走は、腰を落として視点を下げる
②踏み込みは、足を前後に開いて地面を押すように
③腰を浮かせる意識で跳ぶ
④手をつく時は柔らかく
⑤着地は片足ずつ

これは、武術の走法や運足を元に研究した動き方になります。
コング

もっとみる
ありがとう!忍びと共にあらん事を-
1

サイドモンキーをスムーズに行う方法

今回は武術動作を応用した、サイドモンキーのやり方について説明します。
サイドモンキー(ヴォルト)のポイントは5つあります。

①助走は腰を落として
②レール側の足から踏み切る
③もう一方の足を太ももから引く
④手は添える程度につく
⑤つま先から着地

これは武術の歩法や運足を元にして、サイドモンキーに応用した方法です。
ヴォルトを安定させたい、スムーズに越えたいと思った人は参考にしてみてください。

もっとみる
ありがとう!能ある忍びは姿を隠す-
1