ハヤカワ・ジュニア・ブックス

コロナ禍中の生き方をシェイクスピアに学ぶ   河合祥一郎(東京大学教授)

発売中の『悲劇喜劇』21年5月号では、シェイクスピアを特集いたしました。 なぜシェイクスピアは400年にわたり盛んに上演され続けているのでしょうか?  愛や憎しみ、苦悩、葛藤、喜び……普遍的な人生の諸相が、ダイナミックな枠組みで活写されている。精神の病や権力構造など、現代に通じる解釈で読…

"人間がいないほうが、世界はずっとすばらしい" ーー児童書SFに込められた願い (大…

早川書房から新たに立ち上がったハヤカワ・ジュニア・SFより、 第一弾『12歳のロボット ぼくとエマの希望の旅』(リー・ベーコン 著、大谷真弓 翻訳、朝日川日和 イラスト)が発売中。 日常がガラッと変わってしまう経験をした今の子供たちに届けたい作品です。SF作品がこどもたちにこそ必要だと…

大人の読者モニター 5名募集中!  《ハヤカワ・ジュニア・SF》『12歳のロボット ぼ…

12歳のロボットと少女の冒険の物語 2021年5月18日(火)発売予定の児童書『12歳のロボット ぼくとエマの希望の旅』を読んで、アンケートに答えていただける《大人の方》を5名募集しています。 小・中学生向けレーベル《ハヤカワ・ジュニア・SF》として、SF入門の作品ですが、大人の方の感想も聞き…

【試し読み】《ハヤカワ・ジュニア・SF》『12歳のロボット ぼくとエマの希望の旅』

12歳のロボットと少女が繰り広げる冒険と友情のものがたり 早川書房の小・中学生向けSFレーベル《ハヤカワ・ジュニア・SF》より、第一弾、『12歳のロボット ぼくとエマの希望の旅』が5月18日(火)に発売されます。発売に先駆け、本編を少しご紹介します! ※書籍では、小学3年生以上で習う漢字にル…

小・中学生向けSFレーベル《ハヤカワ・ジュニア・SF》第一弾! 『12歳のロボット ぼく…

2021年5月、満を持して、《ハヤカワ・ジュニア・SF》レーベルがスタートします! 『12歳のロボット ぼくとエマの希望の旅』は、すでにアカデミー賞受賞スタッフによる映画化も決定している話題作。12歳のロボットと少女が繰り広げる冒険と友情のものがたり。 《あらすじ》 ぼくの世界は完璧だ。すべ…