ハッセルブラッド

12.「月に行っても撮れる」 ハマちゃんよりバカw

もはや、究極の写真バカ

1969年 Carl Zeiss Biogon 60mm f5.6レンズを装着したHasselbladが月面に行きました。
釣りバカ日誌の浜ちゃんは魚釣りができる場所なら何処でも喜んでOKですが、写真は月まで守備範囲です。

確かに撮影できるでしょうが、大金はたいて、命かけて、月に行きますか?

ありがとう\(^0^)/
5

【読書】「ハッセルブラッド紀行」田中長徳

noteでも記事を書いていらっしゃる写真家・田中長徳さんの本です。発行は2006年。田中さんと言えばライカ使いというイメージがありましたが、この本は丸ごとハッセルブラッドです。

私はどちらかというとローライが好きなのですが、ハッセルブラッドもいいな~と思いながら、この本をときどき読み返しています。ハッセルブラッドの中の異端児であり、もし機会があれば自分も使ってみたいと願っているSWCで撮った写真

もっとみる
とっても thank you!
5

30%のフイルム写真

ここ10年は、フイルム写真は趣味性が強くなってきました。

しかし、昔のように自分で現像して、自分でプリントするってことは皆無になりました。
ラボに現像をお願いして、相当気に入ったものしかプリントしなくなりました。

「撮る」、「現像」、「プリント」のうち、「撮る」だけでフイルム写真の30%しか楽しんでないと感じる今日この頃。

先日、現像代がまたまた値上がりして、ポジフイルムの現像代なんて眼玉飛

もっとみる
ありがとう\(^0^)/
7

フィルム・マニアックス

「印画紙フィルム」

富士フイルムの黒白印画紙は既に全ラインアップが販売中止で絶滅種。販売店の在庫がかろうじて流通している模様。その印画紙をフィルム代わりにカメラに入れて写してみよう、という話題で、2号印画紙ならまあまあちゃんと写ることは確認できた。では硬調の4号では?

Hasselblad 503CW/ Carl Zeiss T*Distagon 50mm F4
富士フイルム フジブロWP F

もっとみる

フィルム・マニアックス

「カットフィルム・アダプター」

写真フィルムといえば通常はロールだが、写真乾板から発展したものだけにフィルムは元々はシート状のものだった。シートフィルムで馴染みが深いのがレントゲンフィルムあたりか。最近全然病院にも行かないのでレントゲンを撮られることも無くなった。大学時代に地球科学の岩石鉱物学を専攻していたので、X線回折像を写真に撮る際に頻繁にシートフィルムを使っていた(鉱物にX線を照射して結晶

もっとみる

Hasselblad 907X + CFV II 50c

まだまだ、使いこなせていないが、だいぶ勝手が分かってきた。
まずはHasselbaladXCD 45mmF3.5にOKADAYAオリジナルのSWC用フードやYAMA SPESIAL のフードを装着したり、SWC風にVOGTLANDERの光学21mmビューファインダーを乗せてみる。

(HasselbaladXCD 45mmF3.5は35mm換算35mmなのでこのビューファインダーやフードはファッシ

もっとみる
フォローお願いしますm(_ _)m今ならポイント5倍?(^。^)

03 ぼくのアサヒカメラ 頑張れ!日本カメラ!

アサヒカメラ亡き後、日本のカメラ雑誌の盟主は名のごとく日本カメラだ。
ぼくはいつも二ホンカメラというが、本来ポンカメ、ニッポンカメラが正しいらしい。でも、なんだかガンバレ!日本!の声援みたいで、好きじゃない。いや、これからは、本当にニッポンカメラになれるのかもしれない。
馬込に引っ越したら、日本カメラが送られてこなくなった。田中長徳(なぜか昔ら呼び捨てだ)も送られてこないと書いてあったので、もしか

もっとみる
スキが好き!  好き?
5

古いデジカメの話 2000年 35mmフルサイズ600画素のデジタルパック

20年前の西暦2000年、デジタルカメラ創成期に、当時としては画期的なカメラ、リーフでTwiligtTwistを撮った。これは懐中電灯をライティングに使った15秒の長時間撮影だ。
当時は熱を持つので、長時間露光はデジタルカメラではできなかった。CCDのセンサーサイズは、ほぼ35mmフルサイズ。画素数は600万がそだった。残念ながら大きなデータのまま保存ができておらず
画質はどのようなものだったかは

もっとみる
スキが好き!  好き?
6

#5 一本で何度も楽しめる"今飲むべき"赤ワイン

小売価格で¥2,000オーバーのワインを買うって、一般消費者の方にはすごく大変なことだと思います。

それはお金の問題より、付加価値や体験価値の有無とワインという文化の問題。

日本酒や焼酎は産地が当然日本なだけに行った事がなくても口より耳に馴染みやすい。

でもワインときたらそうはいかない。今回の赤ワインのブドウ品種は「スキアーヴァ」。
知らない人からしたら「宇宙語」にしか聞こえないだろうな。

もっとみる
サルーテ🥂
9

おでんです。写真を撮ってます。

初めまして。おでんです。

写真を撮り始めて約12年経ちました。

そこで、

今更noteを始めてみました。

というのも、アカウントは5年くらい前に知り合いのブロガーさんに

「おでんくん、noteっていうブログサイトで写真載せてブログ書いてみなよ」

って勧められて登録してたんですが、

五年間、放置していました。笑

放置というか、たぶん今日の日のために寝かせてたんでしょうね。

寝かせた

もっとみる
ありがとうございます😊
6