ニューメキシコの荒野

さっき出ましたが、そのようだそうです。つのはいつもの手癖と習慣でまとめては書いていますが、褒められると嬉しいものです。皆さんも感想文を書き、徳を循環させてみて下さい。広大なニューメキシコの荒野に新たな道標がPOPし、トレホとかにやられて野垂れ死ぬ人も少しは減るでしょう。

さっき出ましたが、そのようだそうです。つのはいつもの手癖と習慣でまとめては書いていますが、褒められると嬉しいものです。皆さんも感想文を書き、徳を循環させてみて下さい。広大なニューメキシコの荒野に新たな道標がPOPし、トレホとかにやられて野垂れ死ぬ人も少しは減るでしょう。

11
「荒野のタグ・スリンガー」ライナーノーツ

「荒野のタグ・スリンガー」ライナーノーツ

おれだ。そんなこんなでライナーノーツだ。一話一話の解説はめんどいのでしない。今回の冒険は一段落したのでこれで完結とも言えるが、設定が無から次々生まれてくるし、なんかに利用できるかも知れない。 note海がニューメキシコの荒野と聞いたんで、おれがハッシュタグを使ってサバイブしている現状を含めてパルプにしたものだ。フジリューの読切漫画『DIGITALIAN』の西部劇版とでも思えばいい。知らなきゃリンク先を読め。ただしステータス画面も出なけりゃ電子魔法もない。おれはプログラミング

6
「荒野のタグ・スリンガー」名鑑01+α

「荒野のタグ・スリンガー」名鑑01+α

# ファンクル・アート タグ・スリンガー。年齢不詳。かつては下級スコッパーの一人として苛酷な労働に従事していたが、タグ・スリンガーの能力に目覚めて転職。電子遺跡発掘保全機関「アーカイバー」の荒事担当として採用された。名前は当然アート・ガーファンクルから。 『ハッシュタグ』:タグ・スリンガーが掌から生成する手裏剣状のエネルギー塊。情報竜巻や電子爆発、転移ポータルなど多様な能力を持つ。扱える者は少ない。 # サイモン ファンクルの相棒である電子馬。オス。よく喋り脚が速いが

7
「荒野のタグ・スリンガー」#5

「荒野のタグ・スリンガー」#5

【前回】 俺はサイモンとホルヘ、アロミアと一緒に、サルーンへ急いで戻った。 哀れ、サルーン・B…なんとかは粉々だ。こうなると電子スコップで復活させることも出来ない。より高度な術がいる。俺はマスターの死体に十字を切り、さっき掘り起こした穴に近づく。 「おいファンクル。お宝は、あれか?」 「依頼じゃあ『パルプ小説のページ』ってことだったが……」 そこにあったのは、水晶で出来たような球体だった。中に裸の美女が封じ込められている。胎児のような姿勢で、目を閉じて。俺はホルヘと顔を

8
「荒野のタグ・スリンガー」#4

「荒野のタグ・スリンガー」#4

【前回】 「俺たちが揃ってから出て来るとは、お行儀がいいな」 「つまり、俺たちをまとめて始末する気だ。匿名の報告には気をつけたがいいな。恨みでも買ったか」 「よくあることらしいぜ」 サルーンの床板を突き破って出現したゾンビどもは、哀れな店主の喉笛を食い破り、恨めしそうな目で俺たちを睨む。ひからびた眼球で。 webゾンビ。「アーカイバー」所属者には馴染みの深い相手だ。電子遺跡に籠る悪意や怨念を糧に生まれ、食らう、アンデッド(死に損ない)ども。強くはないが数が多い。噛みつかれ

7
「荒野のタグ・スリンガー」#3

「荒野のタグ・スリンガー」#3

【前回】 「ようこそ、旦那。眠りから起こして頂いて、なんと御礼を……」 「いや、起こして悪かったな。あんたらは本来亡者なんだ。申請が通らなけりゃ、もとの骸骨と瓦礫さ」 「それでも嬉しいですよ。ささ、バーボンどうぞ」 注がれたバーボンをちびちびやる。サイモンは水と電子飼料にありついた。 亡者の飲食物でも、復活させて取り込めば、それは自分のものになる。そういうルールだ。おかげで宿や飲食の心配はさほどない。 ここは『SALOON Ba01era01』。ところどころ欠けてるが、

8
「荒野のタグ・スリンガー」#2

「荒野のタグ・スリンガー」#2

【前回】 朽ちかけた看板に薄く残った文字は「SALOON B…」と読める。 『SALOONか。あたりにはなんにもないぜ』 「そうでもない。よく見てみろ、住居や村の跡がある」 俺はサイモンに注意を促す。この電子馬は、喋れる上に足は早いんだが、どうも野生の直感とか観察力に欠けるところがある。 『へっ! 電子遺跡か、珍しくもない。井戸の残り水ぐらいはあるかもな!』 「いや……息遣いを感じないか。この遺跡はまだ生きている。掘り起こせるぞ」 サイモンから降り、注意深く観察する。

6
【図解】Noteでありがちな光景

【図解】Noteでありがちな光景

これはNoteの人気記事でよく見かける光景の図解です。 こちらはNoteのニューメキシコの荒野へ入植してきたならず者の特徴です。気を付けましょう。 というわけで、もはや無視できない存在となったニューメキシコの入植者たち。彼らはアクティブに創造性が豊かで無から有を生み出す貴重なゴールドラッシュ人間です。 彼らが #コンテンツ会議 に毎週のように取り上げられているのはご存知でしたか?実は太古の昔から存在していたのが急激に活性化したのです。 私は彼らにツルハシを売ることに関

41
Noteを毎日続けるために意識した5つのポイント

Noteを毎日続けるために意識した5つのポイント

やや改善されたポイントがあるので追記したよ 2019/05/20 よく来たな。お望月さんだよ。 【ニューメキシコの荒野】と呼ばれたNoteエディタもかなり近代化が進み、スマートフォンブラウザ上でも(ほぼ)遜色ない記事作成ができるようになった。 今日は逆噴射小説大賞の経験を経て実感した更新を毎日続けるコツを伝授したいと思う。(個人の感想です。効果には個人差があります) また、ヤマシタサトシさんのコツを合わせて読むと生きやすくなると思います。とても役に立ちます。 今回の記

38
【これからのあらすじ】三宅つの、ニューメキシコの荒野へ。

【これからのあらすじ】三宅つの、ニューメキシコの荒野へ。

ドーモ、三宅つのです。逆噴射小説大賞も大盛況のうちに終わり、つのはややぼんやりしています。つのは暇なようでいて割と忙しく、このままだとズルズルしてnoteやTwitterの書き込みもなくなり・・・・なにも残せないまま年老い・・・・子や孫に囲まれる幻を見ながら、しぬ・・・・そんなことになってもアレですので、撃ったGUNの熱が残っている間に、少しずつでもやっていこうと思います。ここまで毎日更新してきたことですし、せっかくだから連続更新記録を伸ばしてみたくもあります。128・・・3

4