コンテンツメーカー

このnoteを立ち上げた理由

こんにちは!

最初に僕自身の決意表明を書いておきたいと思います。

このnoteを立ち上げた理由は、自分自身がコンテンツビジネスを主軸としてやっていくための情報発信媒体とするためです。

具体的には、

・コンテンツビジネスを実践し続けるため、アウトプットの場とするため

・いわゆるネットビジネス(インフォビジネス)から脱却し、ファンに愛され、支持されるようなプレーヤーとなるため

・情報発信力

もっとみる

マツイヒロキさんヘのインタビュー【完全版】

■青空アカデミーはこちら↓
https://ao-aka.com/matsui-roots/

こんにちは、青空アカデミーの佐藤久美です。

2019年7月11日、コンテンツメーカーのマツイヒロキさんにインタビューをさせていただきました。

マツイヒロキさんへのインタビューがとても楽しくて、合計:1時間15分となりました!!

■インタビュー全体の趣旨

マツイさんといえばやっぱり「企画」
販売さ
もっとみる

こんにちは、青空アカデミーの佐藤久美です。

2019年7月11日、コンテンツメーカーのマツイヒロキさんにインタビューをさせていただきました。

■公開済みのインタビュー記事はこちら

https://ao-aka.com/matsui-roots/


青空アカデミーのサイトに記事で公開するのですが、一足早く音声をお届けします!

マツイヒロキさんへのインタビューがとても楽しくて、合計:1時間

もっとみる
00:00 | 00:30

こんにちは、青空アカデミーの佐藤久美です。

2019年7月11日、コンテンツメーカーのマツイヒロキさんにインタビューをさせていただきました。

青空アカデミーのサイトに記事で公開するのですが、一足早く音声をお届けします!

マツイヒロキさんへのインタビューがとても楽しくて、合計:1時間15分となりました!!

こちらのnoteでは、まとめて1時間15分いきなりどーーーん!と、公開するのではなく、

もっとみる

マツイヒロキさんへのインタビュー 【第2部】記事としても公開しました。

こんにちは、青空アカデミーの佐藤久美です。

2019年7月11日、コンテンツメーカーのマツイヒロキさんにインタビューをさせていただきました。

すでに第2部の音声は、一足早くこちらで公開しているのですが↓

青空アカデミーのサイトにインタビュー記事としても公開しましたので、お知らせします!!

はい、こちらです!↓

第2部の音声は、合計22分7秒だったわけなんですが、この音声では新聞社から独立

もっとみる

こんにちは、青空アカデミーの佐藤久美です。

2019年7月11日、コンテンツメーカーのマツイヒロキさんにインタビューをさせていただきました。

青空アカデミーのサイトに記事で公開するのですが、一足早く音声をお届けします!

マツイヒロキさんへのインタビューがとても楽しくて、合計1時間15分となりました!!

こちらのnoteでは、まとめて1時間15分いきなりどーーーん!と、公開するのではなく、2

もっとみる

マツイヒロキさんへのインタビュー【第1部】記事としても公開しました。

こんにちは、青空アカデミーの佐藤久美です。

2019年7月11日、コンテンツメーカーのマツイヒロキさんにインタビューをさせていただきました。

すでに第1部の音声は、一足早くこちらで公開しているのですが↓

青空アカデミーのサイトにインタビュー記事としても公開しましたので、お知らせします!!

はい、こちらです!↓

マツイさんって、お話も面白いし、いろんなアイデアが飛び出してくるので、すごい勝

もっとみる

noteの存在

ハフィントンポストのこの記事。

なぜ「note」には、記事のランキングがないのか? 代表の加藤貞顕さんが目指す“ネットで安心して書き続けられる場所作り”

noteが好き。シンプルだしサブスクも選べる。

ここで連載して書籍化する流れも納得できる。

そして「書くためには考えざるを得ない」というのは、思索の海に飛び込むのが好きな人種にはたまらない。

noteは、SNSや他のブログ類とは違って「

もっとみる
三河屋幾朗が「スキ!」なんて、なんとも奇特な方!愛してます。
3

コンテンツメーカーとして狂ってみる。

弾丸で鳥取帰省をしているんですが、自分の中で覚悟を決めつつあることがあります。それがタイトルにもしたように「コンテンツメーカーとして狂ってみる」ということ。

プロデューサーとクリエイター、どちらになりたいんだ?

3ヶ月ほど前に、「お前は「プロデューサー」と「クリエイター」のどちらになりたいんだ?」という記事を書きました。

この記事の中でこのようなことを書いていました。引用します。

器用に横

もっとみる
フォローもよろしくね!
17

お前は「プロデューサー」と「クリエイター」のどちらになりたいんだ?

先日、greenz.jp で公開されたこちらの対談記事を読みました。

発酵デザイナーの 小倉ヒラクさん と、グリーンズビジネスアドバイザーの小野裕之さん が、ビジネスをテーマに対談しているんですが、これがなかなか面白かった。

中でも、僕の印象に強く残ったのがこの部分。(記事から引用します)

小野 例えば自分のコンテンツを世に出す時にヒラクくんはチームをつくるよね。自分でプロデュースもできるの

もっとみる
明日の更新も楽しみにしてください◎
17