カルトーラ

[2021.09]本日はサンバ界の偉人、エルトン・メデイロスの命日【ブラジル音楽の365曲】[9/3]

[2021.09]本日はサンバ界の偉人、エルトン・メデイロスの命日【ブラジル音楽の365曲】[9/3]

 9月3日は、サンバの作曲家、特に美しいメロディーを生み出すことに定評のあったエルトン・メデイロス(Elton Medeiro|1930年7月22日 - 2019年9月3日)の命日。今日で2周忌です。肺炎の合併症で亡くなりました。89才でした。  リオ生まれ、リオ育ちのエルトン・メデイロスは、「Pressentimento」、「Peito vazio」、「O sol nascerá」などの名曲を生み出しました。「O sol nascerá」はカルトーラとの共作曲のうちの1つ

スキ
4
[2021.04]1968年の5月に『Tropicália』がリリースされました。名曲「Baby」を紹介します【ブラジル音楽の365曲】[4/26〜5/2]

[2021.04]1968年の5月に『Tropicália』がリリースされました。名曲「Baby」を紹介します【ブラジル音楽の365曲】[4/26〜5/2]

面白くてタメになる1日5分の音楽鑑賞「ブラジル音楽の365曲」[4/26〜5/2] 文:花田勝暁(編集部) 3月1日から「ブラジル音楽の365曲」をスタート。  ブラジル音楽やブラジル文化についての情報を盛り込んで、面白くてタメになる1日5分の音楽鑑賞の場を提供できたらと思っています。毎日更新で、この投稿から9週間目に入ります。これまで紹介した曲のリストがあると良さそうですね。ぼちぼち用意します。  平日は、毎日午前中の更新を予定しています。休日分は、遅い時間のこともある

スキ
12
[2021.04]ブラジル音楽の365曲[4/12〜4/18]

[2021.04]ブラジル音楽の365曲[4/12〜4/18]

面白くてタメになる1日5分の音楽鑑賞「ブラジル音楽の365曲」[4/12〜4/18]  文:花田勝暁(編集部)  3月1日から「ブラジル音楽の365曲」をスタート。  ブラジル音楽やブラジル文化についての情報を盛り込んで、面白くてタメになる1日5分の音楽鑑賞の場を提供できたらと思っています。毎日更新で、この投稿から7週間目に入ります。  平日は、毎日午前中の更新を予定しています。休日分は、遅い時間のこともあるかもしれませんが、ご容赦ください。 先週の分↓ ※こちらの記

スキ
14
カルトーラ②

カルトーラ②

前回、ザッと経歴をご紹介した、サンバの名作曲家、カルトーラ。 今回ご紹介する曲は、3枚目のアルバム「Verge que te quero rosa(1977年)」に入っている「Autonomia」という曲です。 この曲のタイトル「Autonomia」は、ちょっと難しい言葉で、英語でいうところの「Autonomy(オートノミー)」で、他から干渉を受けずに自由に意思決定ができる状態という意味のようです。 曲の歌詞を見てみると、愛し合う2人が何らかの理由で別れを余儀なくされる、

スキ
21
カルトーラ①

カルトーラ①

リオのカーニバルで有名な、サンバ(Samba)。 今回ご紹介するカルトーラ(Cartola)は、サンバの草創期から活躍する名作曲家です。 浮き沈みの激しかった、彼の人生。 なんと、カルトーラが自身のアルバムを録音する機会を得たのは、人生の晩年のことでした… カーニバルに参加するサンバ・チームは、「エスコーラ・ジ・サンバ(Escola de Samba)」、日本語に直訳すると「サンバの学校」と呼ばれるのですが、現在、特に有名な「エスコーラ・ジ・サンバ」が4つあります。 この

スキ
52