カスタマイゼーション

【最近よく聞く言葉】個人を大事に パーソナライゼーション

この記事の作成担当:

こんにちは!
記事を拝見いただきありがとうございます。
今回は「パーソナライゼーション」について書かせていただきます。ここ何年かでパーソナルに関連する単語などをよく聞きますよね。
私も一人っ子の影響なのかパーソナルスペースは狭めです。ATフィールド展開ですね。

1.パーソナライゼーションとは

「パーソナライゼーション」は顧客ニーズに適切に応えるために、提供するコンテンツ

もっとみる

【最近よく聞く言葉】国を超えても守らなくてはならぬもの GDPR

この記事の作成担当:

こんにちは!

記事を拝見いただきありがとうございます!
今回の【最近よく聞く言葉】は「GDPR」について書かせていただきます。
個人情報やセキュリティに関する言葉ですね。最近何かと話題の。

ぜひ今後、EU圏の国に展開、越境ECなどを考えている方は重要になってくることなので少しでも伝わりやすいように書かせていただきます!!

1.GDPRとは

「GDPR」は(Gener

もっとみる

【最近よく聞く言葉】コミュニティマーケティングで生の声をきこう

この記事の作成担当:

こんにちは!
読んでいただきありがとうございます!今回は「コミュニティマーケティング」について書かせていただきます。今までの言葉は私自身、なんとなく知っている言葉だったのですが、初めて意味を知らない言葉にチャレンジです…伝わりやすいように書かせていただきます!!
今回は参考文献が少なかったため、ネットにて調べたもの情報で書かせていただきます!

1.「コミュニティマーケティ

もっとみる

これはプロシューマー(生産消費者)の原型かも知れない

 日経電子版の記事【キャンプ2000泊! アウトドアパーソンのまま東証上場
スノーピーク「楽しいまま! 」成長を続ける経営】は、「アウトドアパーソンを体現すべき企業である以上、アウトドアパーソンであって、そのうえでビジネスパーソンであることが基本」というスノーピークに関するものです。

 

 アウトドア用品の企業が躍進するには、何よりもまず、そこで働く者がアウトドア大好きな筋金入りのアウトドアパ

もっとみる
スキありがとうございます!
11

コト消費の時代のOEM(相手先ブランド名製造)

 日経電子版の記事【「私だけの化粧品」日本色材が演出 スモールマスの黒子】は、コト消費の時代におけるOEMの位置付けを改めて考えさせてくれます。

 そもそも、消費者一人ひとりが各々の体験価値を追求するコト消費の時代は、それに応じて細分化されるスモールマスな市場に対応する必要があります。

 そのような消費者のインサイトに肉薄したイノベーティブなプロダクトを作ろうとすれば――

(1)『カスタマイ

もっとみる
スキありがとうございます!
7

芸を教えられる「aibo」~自分でプログラムできるプロダクトとは~

 日経電子版の記事【aiboに芸を教えよう ソニーがプログラム用ソフト】は、ITの専門知識がなくてもよい簡易なプログラミング環境で、「aibo」の動きを自由に設定できる、というものです。

  

 最初この記事を読んだ時、「へえ~」と思いつつもスルーしてしまったのですが、よくよく考えてみると、『自分でプログラミングできるプロダクト(モノ・サービス)』というデザインには、相当大きなポテンシャルがあ

もっとみる
スキありがとうございます!
6

『モノ消費』の逆襲~所有の復権~

 日経電子版の記事【未来のクルマ続々 トヨタ、共有と所有の二正面作戦】は、記事の表現を借りるなら「シェアリング向けのクルマと、自分の好みに合わせて作り込むクルマを想定。それぞれ利用者を取り込む二正面作戦で臨む構え」のトヨタに関するリポートです。

 そもそも、『モノ消費』から『コト消費』への変化が叫ばれる昨今ですが、もとより『モノ消費』、モノの所有が完全になくなってしまう、とは思えません。――例え

もっとみる
スキありがとうございます!
6

コ・クリエーション(価値共創)のエコシステム

 日経電子版の記事【アマゾンの「Day1」 お試し利用の感想、革新の糧に
先読みウェブワールド】と【のび~るパンを発売 ローソン、高校生と共同開発】は、全く違う分野の異なるアプローチによるものですが、共に、商品の開発に消費者が関与するコ・クリエーションに関するリポートです。

 消費者一人ひとりが各々の体験価値を追求するコト消費の時代に、細分化されるスモールマスな市場を見極め、ユーザーのインサイト

もっとみる
スキありがとうございます!
6

『価格』のカスタマイゼーション~サービスの価格をユーザー自身で決める時代~

 日経電子版の記事【「サービスを受けた利用者が値決め」の新事業が登場】は、短くさりげない記事ですが、そこでリポートされる「あと値決め」のシステムには、私達の消費生活における『価格体験』を大きく変えるポテンシャルがありそうです。

 記事で紹介される「あと値決め」とは、「事前に決められた最低価格に満足度に応じた料金を上乗せする」仕組みです――

▶「あと値決め」=
「事前に決めた最低価格」+「満足度

もっとみる
スキありがとうございます!
7

食の3Dプリンター

 日経電子版の記事【柿の種を自分好みに調合、亀田製菓が専用装置】は、とてもさりげない記事ですが、『食の未来』を予感させるような内容を含んでいます――それは、『食のカスタマイゼーション』です――。

  

 普段、私達は、外食でレストランに行ったり、加工食品を買って帰った時に、その味にちょっと残念な思いをする事が少なからずあります。理由は色々あるでしょうが、その一つ、最も大きなものに「自分好みでな

もっとみる
スキありがとうございます!
13