オリヴィア・デ・ハヴィランド

メラニー役の女優 オリヴィア・デ・ハヴィランド

メラニー役の女優 オリヴィア・デ・ハヴィランド

昨年(2020)、女優のオリヴィア・デ・ハヴィランドさんが104才で亡くなったという記事を読んだ。 オリヴィアさんは日本生まれで、映画『風と共に去りぬ』(1939年 アメリカ映画)でメラニー役を演じた女優。 大学生の時、初めてこの映画を見て「何て美しく上品な人!」と思ったのをよく憶えている。 どんな人の中にも長所を見つけ出す天使のような役を、原作通り見事に演じていた。 約80年前の作品だから、この映画の関係者の中では一番のご長寿だ。 不朽の名作として今も残る映画『風

スキ
22
スターは楽し オリヴィア・デ・ハヴィランド|芝山幹郎

スターは楽し オリヴィア・デ・ハヴィランド|芝山幹郎

オリヴィア・デ・ハヴィランド ©AF Archive/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ 悪夢に親しみやすい美女 オリヴィア・デ・ハヴィランドの名を聞いて、すぐさま顔を思い出す人は少ないかもしれない。初期の代表作『ロビンフッドの冒険』が1938年、『風と共に去りぬ』が39年の公開だから、すでに80年以上の歳月が流れている。 そのデ・ハヴィランドが、2020年7月、104歳の高齢で亡くなった。同年生まれのカーク・ダグラスが他界して

スキ
10
オリヴィア・デ・ハヴィランド  Olivia De Havilland  さんの誕生日 (1916年7月1日) 米 女優

オリヴィア・デ・ハヴィランド Olivia De Havilland さんの誕生日 (1916年7月1日) 米 女優

オリヴィア・デ・ハヴィランド  Dame Olivia De Havilland, DBE  (1916年7月1日 - )アメリカの女優。 🔍 Angera Lansbury News Tweet.   🔍 James L NeibaurさんのTweet.  (19年7月) 🔍 Wikipedia (英語版)「Olivia De Havilland 作品リスト」

スキ
4
風と共に去りぬ

風と共に去りぬ

名作「ローマの休日」が公開されたのが戦後の1953年の白黒映画。 名作「カサブランカ」が公開されたのが戦時中の1942年の白黒映画。 「風と共に去りぬ」は、1939年に公開されたカラー映画。 日本での初公開は戦後の1952年。当時は総天然色映画と云われた。 There was a land of Cavaliers and Cotton Fields called the Old South.Here in this pretty world, Gallantry took

スキ
43
海賊ブラッド (8)スペイン人

海賊ブラッド (8)スペイン人

 あの堂々とした風格ある船は、偽の国旗を掲げてカーライル湾中に悠々と侵入してみせたスペインの私掠船[註1]であり、「浜辺の同胞団[註2]」に対する積年の恨みと、カディス行きの二隻の宝物ガレオン船がプライド・オブ・デヴォン号に敗北した先日の借りを返す為にやってきたのであった。軽微な損傷を受けて撤退したこのガレオン船は、ドン・ディエゴ・デ・エスピノーサ・イ・バルデスの指揮下に入っていた。ディエゴはスペインのドン・ミゲル・デ・エスピノーサ海軍提督の実弟であり、兄と同じく非常に短気で

スキ
1
海賊ブラッド (7)海賊

海賊ブラッド (7)海賊

 ジェームズ・ナトールは、この暑さの中をブリッジタウンからビショップ大佐のプランテーションまで全力疾走したが、仮に熱帯気候の真っ只中を走る為に作られた人間が存在するとすれば、それは背が低く痩せた体とひょろ長い脚の持ち主である、ジェームズ・ナトール氏を置いて他にいないであろう。彼は極度に疲労困憊し、もはや体中の水分を絞り尽くされたかのようであったが、しかし彼の体内に未だ水分が残っていたのは、砦柵(さいさく)に到着した時に噴き出すような汗をかいていたのを見れば明らかだった。  

スキ
1
海賊ブラッド (6)脱走計画

海賊ブラッド (6)脱走計画

 その後、アラベラ・ビショップは埠頭の小屋に毎日果物を届け、更に後日、スペインの虜囚達に金と衣類等も持ってきた。しかし彼女が慎重に訪問のタイミングを見計らっていた為に、ピーター・ブラッドがそこで彼女と顔を合わせる事は二度となかった。そしてまた、患者達が回復するにつれて、彼が診療する時間も以前より短くなっていた。ワッカーとブロンソン――他の二人の医師――の治療を受けていた負傷者のうち三分の一が、怪我がもとで死亡していった間に、ブラッドが治療にあたった患者は全員が着実に治癒して健

スキ
1
海賊ブラッド (5)アラベラ・ビショップ

海賊ブラッド (5)アラベラ・ビショップ

 ジャマイカ商人達がブリッジタウンにやってきた日から一ヶ月ほど後、よく晴れた一月のある朝、アラベラ・ビショップ嬢は市の北西にある丘に建つ叔父の屋敷から馬に乗って走り出た。彼女は礼儀に則った距離をおいて後から速足で従う二人の黒人奴隷に付き添われ、最近まで病床にあった総督夫人を見舞う為に総督邸を目指していた。頂上近くのなだらかな草深い斜面で、彼女は反対方向に歩いて行く、背が高く痩身の、地味だが紳士らしい服装をした男に出会った。それは彼女が初めて見る人物であり、この島では新参者は非

スキ
1
海賊ブラッド (4)奴隷市

海賊ブラッド (4)奴隷市

 ポレックスフェン氏は正しくもあり、同時に間違ってもいた――大抵の人間が思い描くよりも、はるかにありふれた状況である。   偏りのない明確な思索の下では、彼は正しかった。すなわち、その物腰と言葉によってジェフリーズのような恐怖の権化を怯ませる事ができる男には、その天与の器量に任せ、己自身を材料として大いなる運命を築き上げるのを可能にすべきであろうという考えである。固定観念の下では、彼は――理には適っているのだが――間違っていた。すなわち、ピーター・ブラッドは絞首刑に処さねば

スキ
1