イングロリアスバスターズ

イングロリアスバスターズ 〜名誉なき野郎ども〜

ブラッドピッドの格好良さはとてつもない。ブラッドピッドのかっこよさの前では全てが悪者になる。

第二次世界大戦中、ドイツ占領下のフランスに送り込まれたアメリカのユダヤ系特殊部隊、人呼んで「バスターズ」はナチスドイツの暴走を止めるべく動き出す。
彼らのやり方は非情だ。「一人100枚、相手兵士の頭皮を持ってこい」。ブラッドピッド演じるアメリカのレイン中尉が部隊に言い放った言葉だ。
それから彼らはナチス

もっとみる

『イングロリアス•バスターズ』

2019年9月3日
Netflixで鑑賞。
詳しくはググってね。

①タランティーノ!

タランティーノ監督作品って
何だかんだ言っても、劇場へ
観に行ってしまう。
いわゆる〝タランティーノ祭り〟
9月1日に、
タランティーノ監督最新作
『ワンスアポンアタイムインハリウッド』
を鑑賞した。
すると、タランティーノ熱が
発症して、Netflixで
『イングロリアス バスターズ』
を鑑賞したわけだ!

もっとみる

『ドッカーン!』

前々から お伝えさせて頂いております通り

僕は

タランティーノ

が 大好きです。



今回は コチラ

イングロリアス・バスターズ

タランティーノ初の

歴史モノ

です。

この映画の見どころというとですね

他の歴史モノが ほとんど今まで

やってこなかった

歴史を変える

というコトを

まぁ いとも簡単に やってのけてるんですよ。

恐るべし タランティーノ

です(笑)

もっとみる

映画館を燃やす〜『イングロリアス・バスターズ』

フィルムとは映写機にかけられ暗闇の中でスクリーンに映し出された時に初めて生命を与えられるもの。けれども一昔前の可燃性フィルムは、そのマテリアルの特質から世界中の映写技師や映像アーカイブの担当者たちを悩ませてきました。油断するとたちまちのうちにフィルムを焼失=消失してしまうことになるからです。
もっともフィルムの発火性の強さは逆にいえば武器ともなり得えます。
映画館を燃やす。ナチスの幹部たちが一堂に

もっとみる
ありがとうございます♡

【第291回】『イングロリアス・バスターズ』(クエンティン・タランティーノ/2009)

クエンティン・タランティーノの25年にも及ぶフィルモグラフィを俯瞰で眺めた時、一番危なっかしく思うのは間違いなく『キル・ビル』前後編であろう。デビューから順風満帆に見えた彼のキャリアが『ジャッキー・ブラウン』で思うように立ち行かなくなり、数年の停滞の後、21世紀に入って『キル・ビル』を撮る。その間彼が何をしていたかと言えば、世界のシネフィルとしての立派なプロパガンダと、盟友ロバート・ロドリゲスの補

もっとみる