イベント後記

+4

イベント後記『カフェ・つなが~る#1』

「やっぱり、横のつながりが欲しいですね。」 公立諏訪東京理科大学の学生と偶然出会ったわたしたちは、彼の一言で、彼らと一緒に、これをイベントにしてしまおうと企画が始まりました。 長野県内にはたくさんの大学が点在しています。 総合大学もあれば専門的な大学もあり、学部学科もさまざま。その分色々な経験・価値観・思考プロセスを持った学生がいて、キャンパスのある地域はその特徴がまちに表れていることもあります。 しかしそれらはまだ、「点」に過ぎないのです。 それぞれはとてもユニークな

+4

バジルと紅茶と銭湯と。

今日も、昼過ぎに近所の銭湯に行って、湯船に浸かってきた。 休みの日は銭湯も混みやすいので、オープンしてすぐに行った。 やっぱり大きい湯船は気持ちいい。 今日は月曜であり祝日。三連休最終日。いつもの月曜と違って、生活の空気感がやっぱりちょっと穏やかだな〜なんて感じながら、まったりnoteを書いています。 ──────── 昨日のイベントのこと、思い返しながら、似顔絵を描かせていただいた方にメールしました。 ▲こっちは告知のnote。 もし、このnoteをご覧になってい

スキ
64
+3

タニモクに期待していたもの。『タニモクin長野』イベント後記#3

こんにちは! 8月9日に開催しました「タニモクin長野」で司会を務めました、イデチャンです。 「るか→おから」とリレー形式でイベント後記を書いてきましたが、本稿では私が、そもそも開催に至った私たちの想いのや実際にタニモクをやってみての感想を綴っていこうと思います。 そもそもの話・・・ そもそも、なぜ私たちが集まったのか。そんなところから、何故「タニモクin長野」を開催しようと思ったのかについて、お話します。 いちばんの種の部分は、運営のひとりであるるかの、地方学生に対

スキ
4

お互いの未来が気になる。『タニモクin長野』イベント後記#2

こんにちは!おからと申します。 対話型ワークショップ、「タニモク in 長野」。温かな雰囲気とわくわくした雰囲気に包まれた場だったなあと感じています。 こちらの場を一緒に練ってきた仲間である、るかちゃんからバトンを受け継いで、ここからは私、おからが、イベント当日の様子をお伝えします! 1)現状を絵で表現するタニモクでは、まずはじめに、参加者一人一人が、今の自分の現状について、5分ほど絵にする時間をつくっています。自分の今の気持ちや取り組んでいることなど、事実ベースでも感情ベ

スキ
6

タニモクとは?『タニモクin長野』イベント後記#1

学生生活における、負の一大イベントである期末試験期間が終了した。学生たちは2ヵ月間という長い長い、そして自由な夏休みを与えられ、サークル活動や自動車学校、旅行や趣味などに精を出すこととなるだろう。 そんな夏休みの始まりに満を持して開催した、長野県の学生向けイベント「タニモク」。株式会社パーソルキャリアが発案し、「他人に目標をたててもらう」というキャッチコピーを持つワークショップである。 折角がんばって運営をしたのだし、参加者以外にも是非とも空気感を知ってもらいたいので、今

スキ
4

最近開催したイベントのこと

こんばんは。 今日は先日Alt_Mediumで開催した「写真について話す会」改め「Around Photography」というイベントについて書こうかなぁと思っています。 というのも、写真展示に併せてのトークイベントやパネルディスカッションは多く行われていますが、パネラーと参加者の間に壁というか立場の違いを強く感じることが多かったり、(まぁでも、興味を持って出かけた展覧会の作者による生の声が聞ける機会は貴重なのでそれはそれでいいのですが)時にはそうしたイベントが終わった帰

スキ
4

イベント後記

先日、開催しました【出張!スナックおっかさん その4】へ お越しいただきありがとうございました。 まだ、スナックおっかさん未体験な方々、次の新橋での開催は 9月23日(土)になります。どうぞ、遊びに来てくださいませ。          >>>【出張!スナックおっかさん その5】 さて、その4での出来事です。7月8日は大変暑い日でした。 梅雨ってどちらへ行ってしまったんでしょう? そんな酷暑の最中、店先をきょろきょろと見回しながら通りがかる方が。 「古酒のイベントやって

スキ
6