アジャイルレトロスペクティブ

開発チームの『ふりかえり』をふりかえる

前回ふりかえりの手法を変えたnoteを書いてから2回目のふりかえりを行ったのでふりかえってみます。

基本的な『ふりかえり』の流れ

1.場を設定する
 ・『ふりかえり』の目的・目標やアジェンダの確認
2.データを収集する
 ・イテレーション、リリース、プロジェクトで起きたことを全員の共通理解を得る
3.アイデアを出す
 ・データを分析し、変化のためのヒントを見つけ出す
4.何をすべきかを決定する

もっとみる
うれしみが激しい〜😂
10

『ふりかえり』が開発チームを強くする

ハンズシェアでは2週間のスプリントを切りスクラムを組んで開発をし、スプリントの終わりにふりかえりをしています。『アジャイルレトロスペクティブ』を読んでふりかえり手法を改善した取り組みを紹介します。

これまでの『ふりかえり』

これまでスプリントレトロスペクティブ(ふりかえり)をKPTのフレームワークを使い改善を行ってました。

KPTとは、Keep/Problem/Tryの頭文字を取ったもの

もっとみる
はい!スキいただきました〜〜〜!!❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️
104