#18 細かなサインをキャッチし安心できる場・関係をつくる ― 養護教諭による支援と支援者をつなぐ取り組み

病気と子育て子どもの生活─声をきいてください
取材記─by Suzuki Yo & pulusualuha

もともとの記事は...
子ども情報ステーションの「病気と子育て子どもの生活─声をきいてください」コーナーから
》細かなサインをキャッチし安心できる場・関係をつくる ― 養護教諭による支援と支援者をつなぐ取り組み[前・中・後編]

学校で「親が精神障害を抱えている子どもたち」をどう支援し、親

もっとみる

#17 アルコール依存症患者の子どもをサポートする取り組み─成増厚生病院・東京アルコール医療総合センター

病気をかかえながら子育てなさっている親御さんとその子ども、支援の現場の声を届ける取材記です。
by Suzuki Yo & pulusualuha

もともとの記事は...
子ども情報ステーションの「病気と子育て子どもの生活─声をきいてください」コーナーから
》アルコール依存症患者の子どもをサポートする取り組み─成増厚生病院・東京アルコール医療総合センター【前・後編】

成増厚生病院 東京アルコー

もっとみる

#16 精神障がいを抱える親同士で支えあう場が子育ての希望に―多摩在宅支援センター円のPCG事業から

病気をかかえながら子育てなさっている親御さんとその子ども、支援の現場の声を届ける取材記です。
by Suzuki Yo & pulusualuha

もともとの記事は...
子ども情報ステーションの「病気と子育て子どもの生活─声をきいてください」コーナーから
》精神障がいをかかえる親同士で支えあう場が子育ての希望に―多摩在宅支援センター円のPCG事業から

PCG事業の概要

NPO法人多摩在宅支

もっとみる

親が心の不調になったときの子ども支援

先日たまたま興味を惹かれる子ども支援プロジェクトを見つけたので紹介します。

私の父はうつ病が原因で自死し、母も精神的に不安定な時期があり、
あけっぴろげに誰かに相談することもできず、小さい頃は不安な思いをしたことがありました。
現在はちゃんと自立してものづくりのお仕事をしています。

今までボランティアや寄付したいと思ったことは全然なかったのに、あの時の私を救ってくれたかもしれない取り組みを知っ

もっとみる
スキありがとうございます!
1

#15 精神疾患をかかえた親・子ども支援での「教育と医療との連携」について

三重を拠点に、精神障害の親と暮らす子どもの支援に取り組んでおられる「親&子どものサポートを考える会」のメンバーで、チームクリフのメンバーでもある精神保健福祉士の牛塲[うしば]さんからの寄稿です。
チームクリフは、精神障害のある親と暮らす子どもたちの「生きる」と「未来」を応援する研究者やNPO法人から成る団体で、ぷるすあるはもメンバーとして参加しています。
2018年夏、チームクリフで、養護教諭など

もっとみる
スキありがとうございます
8

学校生活を攻略[こうりゃく] —生きる冒険地図ノート③

まわりにサポートしてくれる大人がいないと、持ち物の準備や、イベントや行事のお弁当、毎日がほんとにピンチの連続です…。
まわりの大人の人には、学校生活をのりきる知恵と工夫をサポートしてほしい。なにかできていないことがあったら、おこるのではなく、理由をきいてほしいです。

小学校、中学校は、学校に行っている選択[せんたく]をしている子は、学校が家以外のほとんどの時間をしめています。義務教育9年間も。

もっとみる

#10 精神科の受診を考えている方へ 精神科はこんなところ・病院の選び方

精神科の現状を知って受診するためのヒントをまとめたページです。これから受診を考えている方、あるいは、身近な人や、学校や地域でかかわっている人の受診を考えている方に向けて書きました。ページの後半は、精神科の選び方のヒントです。

01 精神科はこんなところ・病院でないとできないこと

精神科の外来は、一般的に、ゆっくり時間をかけてカウンセリングを行っている場所ではありません。

誤解の多いところでは

もっとみる
スキありがとうございます
12

セルフケアとステイホームの知恵 ー生きる冒険地図ノート⑯ (新型コロナウイルス版)

『生きる冒険地図』(学苑社,2019)の主人公、中学生のミルと小学生のイルのきょうだい。いろんな事情があって頼れる大人がいない子どもたち。
新型コロナウイルス感染症で大変な2020年の上半期となりましたが…
「ミルやイルはどうしてるかな? コロナ禍をサバイブする知恵や工夫って?」
をこのノートでは考えてみます。番外編です。

冒険地図に挟みこめるB6サイズのページ4枚もつくりました。
①ステイホ

もっとみる

SOSを出す、SOSを出したらどうなる? -生きる冒険地図ノート⑪

「調子どう?」とざっくり聞くだけでなく、「こんなことどう?相談してもいいよ」と具体的にきくのも大事だと思います。家のなかのことは、子どもにとって、もしかしたら「当たり前」になっているかもしれないから。そして、SOSを出したらどうなるか...の見通しを子どもへ伝えられたら、少し相談のハードルが低くなるかもしれません。

大人でもSOSを出すのはむずかしいです。子どもにとってはなおさら。ものすごく難し

もっとみる
スキありがとうございます
20

#9 子どもと家族を支える社会福祉サービスあれこれ

精神障がいのある親とその子ども、家族をささえるサービスをまとめたページです。
(養護教諭を対象とした調査*でよせられた「支援ニーズ」をもとに、まとめています。制度やサービス名称など、一般的には耳慣れないことばもでてきます。)

もともとは…
サイト「子ども情報ステーション」内の
》子どもと家族を支える社会福祉サービスあれこれ のページです。

01 行政や医療機関・障害福祉サービス・NPO等へ期待

もっとみる