森玲奈
私の過去の取り組み:スマホを使った健康学習ワークショップ「すまけん」
見出し画像

私の過去の取り組み:スマホを使った健康学習ワークショップ「すまけん」

森玲奈

シニアは健康学習に関する意識が大変高い一方で、スマホの活用に関しては課題が多いことが指摘されています。スマホを持っていても、メディア・リテラシー学習の機会が学齢期になかった高齢者にとっては、情報の精査は困難です。

そこで、私は、 孫大輔氏、渡辺雄貴氏 、北村智氏、堀里子氏 と一緒に、「すまけん」というワークショップを開発しました

C60のコピー

健康情報について普段どう調べているかを共有した後、実際にスマホを使って情報検索します。さらに、専門家(医師・薬剤師)監修の資料を使ってのレクチャーを行い、情報検索の方法を修正します。

画像1

画像2

実践は、秋田県秋田市と、秋田県南秋田郡五城目町で行いました。本当は岩手県や東京都日野市でも行おうとたが、途中でコロナになり、実践が流れてしまいました。科研費という期限付きの研究費だったので、仕方なく秋田での実践のみで論文を書きました。悔しいですが、こればかりは仕方ありません。

実践としては苦い想いもしましたが、高齢者のスマホ利用の支援、という次の研究課題も見つかったので、良かったと思っています。


この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
森玲奈

私の記事を読んでくださってありがとうございます。サポートされると今後の実践・研究の励みになります。よろしくお願いします。

森玲奈
帝京大学共通教育センター准教授。専門は教育学、生涯学習。学び続ける人とそれを包み込む社会に関心を持ち、研究と実践を続けている。国内外での調査、アクションリサーチ等で、特に「40歳からの学び」を積極的に支援している。HP➡https://harinezuminomori.net/