はらゆきこ

ファシリテーター。 「人びとの違いが活かされ、その人の願いや大切にしていることを互いに尊重できる社会」を目指し、未来を共創造するプログラム「シナリオプランニング」を提供し、おもにビジネス分野、教育分野での人材育成に取り組んでいる。

はらゆきこ

ファシリテーター。 「人びとの違いが活かされ、その人の願いや大切にしていることを互いに尊重できる社会」を目指し、未来を共創造するプログラム「シナリオプランニング」を提供し、おもにビジネス分野、教育分野での人材育成に取り組んでいる。

    マガジン

    • アクティブ・ブック・ダイアローグ

    • 学習するクリニックづくり

    • 二十四節気と私たちの暮らし

      • 2本

      二十四節気(にじゅうしせつき)とは、季節の変化を示す指標です。 春分や秋分、夏至、冬至といった二十四の節気(約15日ごとの区分)をまとめて「二十四節気」と呼びます。 昔から私たち日本人の暮らしは四季とともにあり、四季の変化を表す二十四節気を暮らしの目安としていました。 このマガジンでは、二十四節気を目安に、私たちの暮らしと食について発信していきます。 時の流れは昔も今も同じです。豊かな日々をつないで行くために、 ・季節の旬の食材を使用します ・精製された白砂糖は使いません ・食品添加物、化学調味料、旨み調味料は使いません ・トランス脂肪は使いません ・電子レンジ調理をしません ・楽しく手早くできる調理を目指します ・会話が弾む料理レシピを提供します

    • ワークショップ・ラボ

      • 9本

      女性3名の、ファシリテーター&ワークショップ・デザイナー チームです。 【ワークショップ・ラボ】 いまおかまゆみ はらゆきこ やぶたゆきこ (50音順) 経験豊富なファシリテーター&ワークショップ・デザイナーが、オリジナル・ワークショップづくりをご支援しています。 ワークショップを組織力のアップ、人材育成に活用しませんか。

    • 小さな組織のTEAMING

      • 1本

      20人以下の、小さな組織を応援します。

    最近の記事

    まぁまぁ空振りでした

    先日書いたこちらの記事で。 システム図を描いてからのレバレッジポイントをテコ入れ…をせず 自らの価値観をまず知っていただこう、と計画。 結果、まぁまぁ空振り、つまりあまり響きませんでした。 私の経験による、組織の状態の見方が甘かったということなのだと思います。 まずは、自分を知ってもらい、その後互いを知ってもらうことで チーム作りの一歩としてもらおうと思い計画したのですが、 それにはまだ早かった…のだと思います。 価値観知ることはできても、その場限りで その場が盛り上が

      • 組織の基盤を整えるために行ったこと

        先日書いた記事。 ここで書いた「組織の基盤を整える」ということ。さて、何をしたのか?について少しずつ書いていこうと思います。 うまくいかないこともいっぱいあって、いいお話ばかりじゃないけどお付き合いください。 この医院に初めて訪問した1年前。 院長が当時言われていたのが「接遇が悪くて患者クレームがある、患者が減っている」ということでした。 私が訪問したときの初回の印象は「無秩序」ということです(院長、スタッフのみなさんごめんなさい💦)。 あるスタッフは、先輩や院長が挨拶を

        • 「問題を解決すること」と「創造すること」の違いとは

          「問題を解決すること」と「創造すること」はどう違うのでしょうか? 「学習する組織」著者ピーター・センゲはこう言っています。 「創造すること」と「問題を解決すること」の根本的な違いは簡単である。問題を解決する場合、私たちは望んでいないことを取り除こうとする。一方、創造する場合は、本当に大切にしていることを存在させようとする。これ以上に根本的な違いはほとんどない。もちろん多くの人は、仕事でも私生活でも、真に大切なことを創造することに力を注ぐより、問題解決とさまざまな状況への対応

          • TEAMING(学習しながら実行する組織づくり)

            今年、しっかり取り組みたいこと。 「小さな組織のチームビルディング」と題し、 2020年は、20人以下の小さなチームをよりよくすることに 取り組んでいきます。 世間では、新型ウィルスで大変な状況ですが、話題の客船の 中で、効果的なチーミングが行われていたら、きっと違ったと思うのです。 不確実な時代だからこそ、TEAMING(学習しながら実行していく組織づくり)が必要なのだと思います。 この本に書いてある主なこととしては、 1.  仕事の特性を理解すること 2.  失敗できる

            有料
            100

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • アクティブ・ブック・ダイアローグ
            はらゆきこ
          • 学習するクリニックづくり
            はらゆきこ
          • 二十四節気と私たちの暮らし
            はらゆきこ 他
          • ワークショップ・ラボ
            はらゆきこ 他
          • 小さな組織のTEAMING
            はらゆきこ 他
          • 英語ブログ
            はらゆきこ

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            シナリオプランニング入門編

            シナリオプランニング入門編実施しました。 2030年の日本の社会を描いたシナリオを活用し、 そんな未来になった時の自分の働き方を検討、 粘土でイメージプロトタイプ、最初の一歩づくりをしていただきました。 粘土ワークを入れて2回目ですが、威力あります。 システム思考をもっと活用できるといいかも…。 自分でも新たな発見があり、びっくり。 受信力を上げる必要あるな、と思い、聴く力を上げて行こう。 アクションラーニングセッションも再開しようと思います。 シナリオプランニング&キ

            活動あって学びなし?!

            ワークショップデザインは面白い。 ワークショップのチェックインからチェックアウトまで、 すべて意味がある。 創り出したい状態に、今の現実を近づける手段がワークショップ。 さらにそのワークショップの目的、目標を達成するために その中身の一つずつのワークをデザインする。 また、ワークショップは万能ではない。 ワークショップでない方がいいことも、もちろんある。 先日、某女子大で行ったのは、 リスク教育のワークショップ。 パターンランゲージを使って、主体的にリスクを学ぼう! と

            ワークショップで人や組織がよりよく変わる

            ワークショップとは?と、ネットで調べてみると… セミナーは講師が一方的に教えるため参加者は受け身だが、ワークショップは参加者が自発的に参加して体験するグループ学習の場。 参加者が自発的に参加、体験するグループ学習の場。 果たしてそうなのかな? もともとは工房という意味です。 工房とは、何かを「創り出す」場です。 「創る」とは。 それまでは存在しなかったものを存在させること、ですね。 何を創り出す?モノを創り出す?目に見えるもの? 目に見えないもの?学びを創り出す?関係

            Give it a shot!

            「毎日のTo do リストは3つに絞ろう」というブログ記事から Give it a shot! という表現。 コラムの内容は、 ------------------------------- 毎日のやることを3つに制限すれば、 なにをやるべきか、 やらないべきかを吟味するようになる。 3つなら実行できるので、精神衛生上も良い^ ^ さらに、todoを一件一枚ずつメモに書いて、 終わったら積み上げて行けば、 達成感も得られ、成果も上がる。 毎朝10分だけ今日中に終える3つのこ

            心理的安全性

            はらゆきこです。 今年は、読んだ本を図解していこうと思っています。この本は、いわゆるリーダーだけでなく、メンバーも含めてリーダーシップを発揮し、チームづくりをしていく必要性を教えてくれます。 本当に必要だなぁ、と思い、実はこの本で、「小さな組織のチームビルディング」というワークショップをしています。 大きく、そして今までにない速いスピードで変わり続ける社会の中、チームが成果を上げていくため、組織やチームが学習する必要があることは、今では誰もが知っていますよね。 しかし、チ

            社会起業家リーダーシッププログラム2020

            2019年からスタートした、SDGsラーニングジャーニー。 今回から「社会起業家リーダーシッププログラム」としてスタートします。 初のフィリピン訪問から、約8ヶ月。昨年は3回訪問しました。すぐ近くの国なのに、知らない国。 多くの社会課題があり、驚きと発見の連続の3回の訪問でした。 一番私を動かしたのは、フィリピンには、学びを実践し、その社会課題に取り組む人たちがいたこと。私も実践者になりたいと思いました。 フィリピンは、平均年齢が低く、若い人が多い国。 平均年齢は23〜

            SDGs ラーニングジャーニーのきっかけ

            私がこのSDGsラーニングジャーニーを行うことになったきっかけは、2018年6月、気候の良い清里清泉寮。 非構成のコミュニケーショングループT(Training)グループってご存知ですか?Tとはトレーニング、人間関係トレーニング、ファシリテーターとしてのトレーニングの1週間の合宿でした。 9名のメンバーで円で座るだけ、非構成の1週間。本当に多様なメンバーで、ただ座るだけ。それも6日間も。場だけが用意され、座るだけだけれど、いろいろなことが起こる。詳しくは書けないけど、本当

            SDGsラーニングジャーニー2

            0日目 後半 市内観光へ行く途中のタクシー女性がタクシーの窓を叩き、お金を乞う。 同じような女性が何人もいる。赤ちゃんを抱いて。 セブにはストリートチルドレンも多い。3日目に地元の食堂(カレンデリア)で食べていたら、子どもが来て、トントン、と触られ、お金を乞われた。 その子たちにお金をあげても、その子たちのものにはならない。 お金はあげない、無視をするのがいいと聞いているものの、私が大いに動揺する。 お金がなかったらどうなるんだろうか? その後、市内観光後、海近くの市場へ。

            SDGsラーニングジャーニー1

            いよいよスタート1日目 私たちの、ラーニングジャーニーの特徴は、 「情報の搾取に終わらせない」 「本気で関わる」 「自分から変わる」 そして今回私が思ったのは「関わり続ける」 よくあるスタディツアーは、先進国からやってきて、 貧困地域を見て、学んで先進国へ帰っていく。 現地や、当事者の方には疲弊だけを残してしまう。 そんなツアーにしたくない。 私たちのワークショップに集まってくれた女性たちは、 まさに困っている当事者で、それぞれの背景があり、それぞれの立場がある。 だ

            SDGsラーニングジャーニー

            第0期、SDGsラーニングジャーニー、終えました。 今回のジャーニーは、大切な大切な仲間の初参加の機会でした。 日本から参加してくれたみなさん、ありがとう〜〜(^ ^) この海外でのラーニングジャーニー企画は、私にとっての初の試みであり、 私にとってまさにラーニングジャーニーだった。 少しずつ、振り返りながらご報告していきます。 【0日目】 日本から何もわからぬまま来てくれた高校生の潤くんと合流。 彼のお母さんとのお付き合いで、来てくれた。ありがとう^ ^ 明日からジ