はらゆきこ

ファシリテーター。 「人びとの違いが活かされ、その人の願いや大切にしていることを互いに尊重できる社会」を目指し、未来を共創造するプログラム「シナリオプランニング」を提供し、おもにビジネス分野、教育分野での人材育成に取り組んでいる。
    • アクティブ・ブック・ダイアローグ

    • 学習するクリニックづくり

    • 二十四節気と私たちの暮らし

      • 2本

      二十四節気(にじゅうしせつき)とは、季節の変化を示す指標です。 春分や秋分、夏至、冬至といった二十四の節気(約15日ごとの区分)をまとめて「二十四節気」と呼びます。 昔から私たち日本人の暮らしは四季とともにあり、四季の変化を表す二十四節気を暮らしの目安としていました。 このマガジンでは、二十四節気を目安に、私たちの暮らしと食について発信していきます。 時の流れは昔も今も同じです。豊かな日々をつないで行くために、 ・季節の旬の食材を使用します ・精製された白砂糖は使いません ・食品添加物、化学調味料、旨み調味料は使いません ・トランス脂肪は使いません ・電子レンジ調理をしません ・楽しく手早くできる調理を目指します ・会話が弾む料理レシピを提供します

    • ワークショップ・ラボ

      • 9本

      女性3名の、ファシリテーター&ワークショップ・デザイナー チームです。 【ワークショップ・ラボ】 いまおかまゆみ はらゆきこ やぶたゆきこ (50音順) 経験豊富なファシリテーター&ワークショップ・デザイナーが、オリジナル・ワークショップづくりをご支援しています。 ワークショップを組織力のアップ、人材育成に活用しませんか。

    • 小さな組織のTEAMING

      • 1本

      20人以下の、小さな組織を応援します。

    • すべてのマガジンを表示

まぁまぁ空振りでした

先日書いたこちらの記事で。 システム図を描いてからのレバレッジポイントをテコ入れ…をせず 自らの価値観をまず知っていただこう、と計画。 結果、まぁまぁ空振り、つま…

はらゆきこ
9か月前

組織の基盤を整えるために行ったこと

先日書いた記事。 ここで書いた「組織の基盤を整える」ということ。さて、何をしたのか?について少しずつ書いていこうと思います。 うまくいかないこともいっぱいあって、…

はらゆきこ
10か月前

「問題を解決すること」と「創造すること」の違いとは

「問題を解決すること」と「創造すること」はどう違うのでしょうか? 「学習する組織」著者ピーター・センゲはこう言っています。 「創造すること」と「問題を解決するこ…

はらゆきこ
10か月前

TEAMING(学習しながら実行する組織づくり)

今年、しっかり取り組みたいこと。 「小さな組織のチームビルディング」と題し、 2020年は、20人以下の小さなチームをよりよくすることに 取り組んでいきます。 世間では、…

100

シナリオプランニング入門編

シナリオプランニング入門編実施しました。 2030年の日本の社会を描いたシナリオを活用し、 そんな未来になった時の自分の働き方を検討、 粘土でイメージプロトタイプ、最…

活動あって学びなし?!

ワークショップデザインは面白い。 ワークショップのチェックインからチェックアウトまで、 すべて意味がある。 創り出したい状態に、今の現実を近づける手段がワークショ…