「自分の強みがわからない」そんな人の強みの見つけ方
見出し画像

「自分の強みがわからない」そんな人の強みの見つけ方

石松衣美|キャリアコンサルタント

転職相談を受けていると、「強みがない」「アピールするものが何もない」という方がいらっしゃいます。

今日は、そんな方のために自分の強みの見つけ方をご紹介します!


強みとは、ともと備わっているもの

本人にしてみると、当たり前で意識せずにやっていることが多いです。

自分では認識していないので、あらためて「強みはなに?」と聞かれると、「特にないです…」となってしまうわけです。


例えば、私の話をさせてもらうと、「論理的思考力」が私の強みです。

実は、この強みを自覚したのは30代半ばでした。きっかけは、ロジカルシンキングの研修を受けていたとき。

驚愕したのです!!!ほんとに驚愕です!!!声を上げずにその場にいられたのが不思議なくらい。

講師が「こんなふうに考えるといいですよ」とロジカルツリーの図を示しながら、論理的に考える、論理的にプレゼンする方法を説明してくれたとき、

「えっ!?これ、私がいつも頭の中でやってることだけど…」と思い、周りの人を見ると、

「へぇ~これは使える」「いやぁ、勉強になる」と口をそろえて話していて、

「え??? これ、教えてもらわないと、みんなわからないの??? わたし、誰かに教えてもらった記憶ないけど、子供の頃からやってるよ」そう思ったのです。

そのとき、全てが繋がりました。そういえば昔からよく「論理的だね」と言われてたなと。

そう言われても、私には何のことだかさっぱりわからなかったのです。自分では論理的に考えるなんて全く意識してなかったから。

何も考えずにやっていたことが「論理的」だったのです。

ロジカルシンキングの研修で、講師が、いつも私が頭の中でやっていることをわざわざ丁寧に説明し、それに対する周りの人の反応を見たことで、

私は「論理的思考力」が強みであることに気づくことができました。


強みとは、もともと備わっているもの。当たり前にやっていること

だからこそ自分の強みを見つけるのは難しいと、私自身の経験を通してそう思います。


ですから、「強みがない」「アピールするものが何もない」という方もどうぞご心配なく。

強みがない人はいません。必ず強みはあります!


前置きが長くなってしまいましたが、それでは、自分の強みの見つけ方をご紹介します。

次のポイントで、日頃の自分の行動を振り返ってみてください。

◎やっていて苦にならない。
◎頑張らなくてもできる。
◎人より早くできる。
◎人は大変そうにやっているが、自分はそうは思わない。
◎人から「〇〇だね」と言われる。

特に、周りの人との「違い」に注目です。そこにきっとあなたの強みが隠れています。


自分で考えてみても分からないときは、どうぞ私たち専門家にご相談ください。いつでもお手伝いいたします!


▼▼▼こちらでも自己分析のやり方をご紹介しています。


◇◇◇

「これからの仕事や働き方どうしよう」と考えている方に、転職キャリア相談を行っています。詳しくお知りになりたい方はこちらをどうぞ>>>ハッピーキャリアLab.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!嬉しいです♪
石松衣美|キャリアコンサルタント
私立大学職員20年→フリーランス。キャリアコンサルタントが綴る自分らしい生き方・働き方を叶えるためのヒント。就職/転職サポートの現場で感じること。