石松衣美|自分らしく生きる体現者でありたい|キャリアコンサルタント

私立大学職員20年→フリーランス。キャリアコンサルタントが綴る自分らしい生き方・働き方を叶えるためのヒント。就職/転職サポートの現場で感じること。

石松衣美|自分らしく生きる体現者でありたい|キャリアコンサルタント

私立大学職員20年→フリーランス。キャリアコンサルタントが綴る自分らしい生き方・働き方を叶えるためのヒント。就職/転職サポートの現場で感じること。

    マガジン

    最近の記事

    固定された記事

    ただ目の前のことをやり続けて私がたどりついた今

    ブログを始めて5年。 20年働いた大学職員を辞め、「やりたいことやる!」と新しい世界に飛び出し、とりあえずブログをやってみようと書き始めた。 昔の私のように、なんだかわからないけど「このままでいいのかな…」とモヤモヤしている人たちに、私の経験を伝えたい。 思い込みや捉われに気づき、窮屈だった人生が180度変わったこと。 毎日楽しくイキイキ過ごせるようになったこと。 今が一番元気だと思えること。 人は誰でも変われる。自分が変わると、世界が変わる。 だからあなたも大

    スキ
    74
      • 「転職するかどうしようか」少しずつ一歩ずつゆっくり進んでいけばいい。

        「キャリアの悩みを解決する13のシンプルな方法」という言葉に吸い寄せられ購入。 さらに、著者 田中研之輔先生の出版記念Zoomセミナーが開催されるという情報をたまたま見つけ、これは何かの縁だと参加しました。 「キャリアに悩むから、キャリアを考える文化にしたい」セミナー冒頭の田中先生の言葉に、「なるほど~!文化か~!」と自分では考えたことがなかった発想にワクワク。 「文化になる」とは、それが当たり前になるということ。 常日頃からキャリアについて考え、自分のキャリアを主体

        スキ
        10
        • 「書類選考が受からない」選考の土俵に上がるには違う方法を試してみる

          転職相談で私のところに来る方は20代~50代と幅広いです。 その中には「書類選考がなかなか受からない。年齢で落とされているのかも」と不安になって相談に来る方がいらっしゃいます。 私自身は、年齢は関係ないと思っています。 例えば、50代の方が相談に来ても難しいとは思いませんし、その方の希望を実現できる方法はないかなと、「できること」に着目して考えるようにしています。 ただし、残念ながら年齢で判断する企業があることは事実です。やみくもに応募しても「また受からなかった」とモ

          スキ
          13
          • 自分が幸せなら会社も幸せ。会社選びの基準を考えてみる

            やってみよう因子。 ありがとう因子。 なんとかなる因子。 あなたらしく因子。 4つの因子を満たすことを心がければ幸せになれる。 幸福学研究を紹介した新聞記事を読んだとき、ポップでわかりやすい言葉に惹かれて手に取った本。 「幸せな従業員は不幸せな従業員に比べ、生産性や創造性が高く、欠勤率や離職率が低い」というデータがあるそう。 幸せと不幸せ。どちらが良いかと聞かれたら、幸せがいいに決まってるし、 さらに、周りの人や会社にも良い影響を与えるなら、なおのこと幸せになったほ

            スキ
            19

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 人生のステージで自分らしさを貫く

              "Personality, personality, personality!" Simon Cowell氏(アメリカのオーディション番組 America’s Got Talent の審査員)が、 Travis Japan のパフォーマンスについてツイートした言葉にハッとしました。(わたくしジャニーズファンです) 「個性だよ!人間性だよ!」 歌がうまい、ダンスがうまいから売れるわけじゃない。たくさんの人の心を動かせるのは個性。その人らしさ。 何より彼らは特別なことは

              スキ
              8
              • 私が考える対人支援職のあり方。クライエントとどう向き合うか

                先日キャリアコンサルティング実践力向上セミナーに参加しました。 どの資格もそうだと思いますが、資格取得はゴールではなくスタート。実践で自分の足りない点に気づき、学びを深め、実践に生かす。終わることのない実践と学びのサイクルです。 このサイクルを一生続けていくのだろうなぁと思っています。「一生」なんていうと、「それは大変だ」と思う人もいるかもしれませんが、私にとっては学ぶことが好き。面白い。そういう点で、ずっと学びが必要なキャリアコンサルタントは私に合っています。 話を戻

                スキ
                18
                • 自分らしくありたい私。どう折り合いをつけるか問題

                  エニアグラムタイプ4。自分らしくありたい私は「やりたいかやりたくないか」で物事を判断します。 昨年、そんな私に"やりたくないことにどう折り合いをつけるか"問題が勃発!! できるなら、やりたいこと、興味のあること、好きなことだけやっていたい。けど、仕事となると、そうはいかない。 やりたくないこと、嫌なことを、どう受け入れ取り組んでいけばいいのだろう?と事あるごとに考え続けていました。(過去記事を一番下につけています。今回は3です) それが先日、とあるテレビ番組を観ていた

                  スキ
                  19
                  • 転職活動やり方はいろいろあるけど一番いいのは普段のやり方

                    連日暑い日が続いていますね。私が心がけているのは、睡眠・食事・運動。 朝、仕事までに時間があれば30分~1時間散歩。ご飯はモリモリ食べ、夜はさっさと寝る。最近は日の出が早いので、目覚ましが鳴る前に外の明るさで目が覚めます。 体調も良く「快調!快調!」と思っていたら、カフェで冷たいフレーバーティーを飲んで、エアコンが寒いと思いながら長居してしまい、体が冷えたのがよくなかったのか、お腹がタプンタプン。胃もたれ気味。 実は私、水分を取りすぎると調子が悪くなります。「1日に水を

                    スキ
                    12
                    • 6月も今日で終わり。1年の後半に向けて

                      お気に入りのクロックマダムのパン屋さんも、グリーンカレーがおいしいインド料理のお店も、ゆったりスペースでPC作業に重宝したカフェもなくなってしまい、 お店も大変だったのかなぁとか、私はこれからどこに行けばいいんだろうと、寂しい気持ちになっていたのだけれど、 ふと思い浮かんだのが「新しいお店に出会えるチャンスかもしれない!」 そう思ったらワクワク感が出てきた♪ 同じ出来事でも良いことだと受け取ることもできるし、悪いことだと受け取ることもできる。物は考えよう。 私はどち

                      スキ
                      5
                      • 嬉しかったこと。キャリアカウンセリング認知度の広がり

                        最近嬉しかったこと。 数年前、キャリアカウンセリングを受けた方から「また受けたい」と連絡がありました。いよいよ転職することにしたから進め方を相談したいと。 数年の時を経て進む道を決断したのだなぁと、その方が決断するまでに至った時間に想いを馳せ、私のことを思い出してくれたのが嬉しかったです。 こんな方もいました。 スケジュール帳を見たら、ちょうど1年前キャリアカウンセリングを受けていた。これといって何もないけど1年の振り返りをしようと思ってと、またキャリアカウンセリング

                        スキ
                        16
                        • なかなか一歩踏み出せない時は憧れのヒーローを思い出してみる

                          これからのキャリアをどうするか、あれこれ考えて堂々巡りにハマってしまい、迷路から抜け出せないってことありますよね。 そんな時は発想の転換が必要!別の視点から考えてみてはどうでしょう。 今日紹介するのは「憧れのヒーロー」をヒントに考えてみる方法です。 頭で考えているとわからなくなるので、できればノートに書き出してみてください。 1.あなたが子どもの頃に憧れていたヒーロー・ヒロインを思い出してみてください。 漫画のキャラクター、アイドル、プロスポーツ選手。身近な憧れの人

                          スキ
                          9
                          • 転職するかどうしようか迷った時は「ありたい姿」を考えてみる

                            最近「このままでいいのかな」と漠然とした不安から転職したほうがいいだろうかと相談に来る方が多いです。 このご時世、これまでの価値観が大きく変わり、同じでいいのかと考えてしまうのは無理もないかなと思います。 詳しく話を聴くと、 「希望の部署ではないけど、仕事はそれなりにできるし人間関係も悪くない」 「今の会社は給料がいい。辞めるのはもったいないかも」 と大きな不満があるわけではないけれど、 希望の仕事か、人間関係か、給料か。何を一番に考えたらいいだろうと堂々巡りになっ

                            スキ
                            16
                            • 自分に合った仕事を見つけるには大切にしたい価値観を掘り下げてみる

                              「自分に合った仕事がわからなくて何度も転職を繰り返してしまって、、、私に合う仕事は何でしょう?」と聞かれることよくあります。 話を聴いてみると「この業界は合わなかったから別の業界」「事務の単調な仕事は苦手だから接客」と業界・職種括りで考えている場合が多いです。 従来の求人検索方法が業界別・職種別になっている弊害かなと個人的には思ってます。 でも、仕事を探す方法はそれだけではありません。これまで業界・職種から仕事を考えて上手くいかなかったのなら、やり方を変えたほうがいいで

                              スキ
                              11
                              • 合同会社説明会はカジュアルな場。聞きづらいことも聞きやすい

                                先日久しぶりに合同会社説明会に参加してきました。キャリアカウンセリングブースで求職活動の相談に乗るというものです。 「久しぶり」というのは、このご時世になってから合同説明会はオンライン開催に切り替わり、キャリアコンサルタントとして参加する機会がなくなっていたからです。 今年に入り、会場に集まり対面で開催する合同会社説明会も増えてきました。そこで久しぶりに相談ブース担当のお声をかけていただいたというわけです。 久しぶりに参加して、合同会社説明会の良さをあらためて感じました

                                スキ
                                9
                                • やりたいことを見つけるためのちょっとしたヒント

                                  「やりたいことがわからない」という人は、ひょっとしたら頭が固くなっているのかも。 子供は「将来〇〇になりたい!」とか無邪気に言いますよね。本当になれるかどうかなんて全く考えずに。 でも、大人になるにつれ「現実は無理」という考えが邪魔するようになって、いつしかそういうことを考えなくなる。思考の枠が狭くなってしまいます。 そこで頭を柔らかくするのに効果的なのが 「もしも魔法が使えたら?」 「制約が全部なくなったら?」と考えてみる。 制約とは、お金・時間・家族・世間体などな

                                  スキ
                                  6
                                  • 転職面接|アピールすることが何もない人の伝え方

                                    転職活動の面接で大切なのは人と差別化すること。 そう言われると「私は大したことしてない」「アピールすることが何もない」いう方もいらっしゃるでしょう。 でも、人と差別化するって、すごい成果をアピールするとか、人が持ってないスキルを持っているとか、そんな大それた話ではないです。 差別化するとは自分らしさを伝えること。これは誰にでもできることだと私は思ってます。 具体的には「これが一番自分らしいよね」と思うエピソードを語ることです。 「それがまた難しい」と思われるかもしれ

                                    スキ
                                    10