見出し画像

ハッピーアースデイ大阪10周年企画インタビュー全11回まとめ

ハッピーアースデイ大阪は今年度で10周年!

ということで、この機会に、ハッピーアースデイ大阪がどのようにできたのか、どのような想いで続いているのかを歴代のメンバーの方たちにインタビューしてきました。

このnoteでは、インタビューした11人の方々を紹介させていただきます。

1人1人色々な想いがあって10年間続いてきたハッピーアースデイ大阪。

その想いをインタビュー記事から感じとっていただけると幸いです。

第1回 2代目実行委員長 中村満さん 

立ち上げメンバーの1人である中村さん。ハッピーアースデイ大阪の立ち上げた当時大学院生だった中村さんが、どうしてハッピーアースデイ大阪を立ち上げることになったのかを聞きました。
そして、今の学生たちをみて今後のハッピーアースデイ大阪について語っていただきました。

第2回 2017年度学生事務局長 谷口亮大さん

ハッピーアースデイ大阪で大学生4年間活動し、2回生の時に学生事務局長としてご活躍した亮大さんにお話しを聞きました。
ハッピーアースデイ大阪での学生生活を振り返っていただき、活動を通して感じたこと・変化したことを中心に語っていただきました。

第3回 2020年度学生事務局長 小島潤也さん

今年度のハッピーアースデイ大阪を引っ張る小島潤也学生事務局長にお話しを聞きました。
「全員が悔いのない最高のアースデイを作り上げたい」と、とても熱い言葉を残してくださいました。

第4回 社会人実行委員 新葉一さん

ハッピーアースデイ大阪に約9年間関わる新葉さんにお話しを聞きました。
新葉さんの環境問題について考えていることやこれからの未来について語っていただきました。

第5回 ハッピーアースデイ大阪テーマソング作詞作曲 東森啓さん

ハッピーアースデイ大阪のテーマソング作詞作曲し、アースデイバンドのボーカルを務める啓さんにお話しを聞きました。
テーマソングもぜひお聞きください!

ハッピーアースデイ大阪テーマソング
→https://youtu.be/FE8F93PaLsw

第6回 初代実行委員長 水井裕さん

ハッピーアースデイ大阪立ち上げメンバーの1人であり、初代実行委員長の水井さんにお話しを聞きました。
立ち上げのきっかけが1つの貴重な出会いだったこと、これからのハッピーアースデイ大阪の形について語っていただきました。

第7回 3代目実行委員長 小副川楓さん

学生生活4年間をハッピーアースデイ大阪で活動し、今年度から実行委員長の楓さんにお話しを聞きました。
「ハッピーアースデイ大阪LOVE」を存分に語っていただきました。

第8回 社会人実行委員 相田洋介さん

約9年間ハッピーアースデイ大阪に関わる相田さんにお話しを聞きました。
学生主体のハッピーアースデイ大阪で、社会人だからこそ感じることについて語っていただきました。

第9回 社会人実行委員 佐々木研さん

2012年からハッピーアースデイ大阪に関わる佐々木さんにお話しを聞きました。
佐々木さんには主に協賛活動でサポートを頂いているので、ハッピーアースデイ大阪の協賛活動の歴史について語っていただきました。

第10回 2019年度学生事務局長 清水美里さん

ハッピーアースデイ大阪2019で学生事務局長としてご活躍された美里さんにお話しを聞きました。
今年度は協働チームリーダーも務めるなどハッピーアースデイ大阪で活動してきた大学生活4年間を振り返っていただきました

第11回 株式会社美交工業専務取締役 福田久美子さん

ハッピーアースデイ大阪の会場である久宝寺緑地を管理する株式会社美交工業の福田さんにお話しを聞きました。
福田さんは立ち上げメンバーの1人で、久宝寺緑地を管理する目線からハッピーアースデイ大阪立ち上げから現在までを語っていただきました。

全11回のインタビューはいかがだったでしょうか?

これからも本ブログでハッピーアースデイ大阪のことをどんどん書いていきますので、楽しみにしていてください!

ハッピーアースデイ大阪の情報はこちらから↓
①ホームページ
②Twitter
③Instagram
④Facebook

#ハッピーアースデイ大阪 #アースデイ #地球 #環境 #イベント #ブログ #コラム #インタビュー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
日本初学生主体のアースデイ。毎年3月末に開催する、地球のことを楽しく考えるイベント。最高来場者数は24000人。今年度で10周年のイベントです。 ホームページ→ http://www.happy-earthday-osaka.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。