見出し画像

【飛飛角角もの2題】20.06.23.

200623飛飛角角もの2

今回は両方とも20手台&パズって楽しい詰将棋です。タイトルを付けるとしたら次のような感じでしょうか。

(1)「横棒大駒と中座玉」(初形図由来)
(2)「銀鉱と千金の一歩」(手順由来)

(1)は頭がこんがらがると思います。(2)は詰方・玉方双方に成/不成非限定の微キズがありますが、最終手以外は不成を選んでも手順は変わりません。昨日の清貧図式2題とは違って、詰め上がり図はまぁまぁ綺麗に仕上がりましたので、どうぞお楽しみください。

投げ銭を頂ければ答えが見られますけれども、将棋ソフトに解かせれば答えが分かりますので、実質「自力でソフトに解かせるのすらめんどくせぇよ」っていう方向けとなっております。

この続きをみるには

この続き: 392文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
ノーマルの詰将棋には飽きたという方に、一味違った面白いものを提供することができるはずです。

好手なし好作を目指した詰将棋を淡々と発表しているマガジンです。

または、記事単体で購入する

【飛飛角角もの2題】20.06.23.

はる筆線屋

100円

この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

手書き文字Tシャツを作っている「はる筆線屋」です。エッセイや科学、コーヒー、詰将棋などのテーマについて自分の感性を切り口にして様々なNOTEを書いています。「面白い見方だな」と感心を頂けたらサポートよろしくお願いいたします。

( ˘ω˘ ).。oO(恐悦至極にございます
2
化学出身(工学)の ”はる筆線屋” と申します。 ①自分の感性と知見を切り口にした科学・哲学エッセイ、詰将棋をメインに書いてます。 ②量子力学は化学科の視点で眺めてますので、物理学科の方とは見方に差異があると思います。 ③宇宙妄想好き。 よろしくお願いいたします。

こちらでもピックアップされています

清貧/貧乏図式、及び飛飛角角ものの詰将棋探索記
清貧/貧乏図式、及び飛飛角角ものの詰将棋探索記
  • 4本
  • ¥100

好手なし好作を目指した詰将棋を淡々と発表しているマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。