見出し画像

【清貧図式2題】20.06.22.

清貧200622

両方とも20手台&難解。スマホ詰パラ引退前に探り当ててた図の余詰や変同・変長などのキズの有無を調べたもので、(2)のみ最終手余詰多数ありです。タイトルを付けるとしたら次のような感じでしょうか。

(1)「四角」(初形大駒由来)
(2)「
叛逆」(手順由来)

いずれもパズル要素が多い内容で、特に(2)の手順は圧巻です。でも、もう少し駒が捌けて詰め上がり図が綺麗になれば尚良かったなと思っています。

投げ銭を頂ければ答えが見られますけれども、将棋ソフトに解かせれば答えが分かりますので、実質「自力でソフトに解かせるのすらめんどくせぇよ」っていう方向けとなっております。

この続きをみるには

この続き: 387文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
ノーマルの詰将棋には飽きたという方に、一味違った面白いものを提供することができるはずです。

無好手&質の低い手順ばかりの詰将棋を淡々と発表しているマガジンです 無いとは思いますが、万が一どこかでこちらの作品を 取り上げたり、紹介…

または、記事単体で購入する

【清貧図式2題】20.06.22.

はる筆線屋

100円

この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
はる筆線屋

「ためになるわ」と感じて頂ければサポートを頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

(〜'ω' )〜ありがとうございました
化学出身(工学)の ”はる筆線屋” と申します。 ①自分の感性と知見を切り口にした科学・哲学エッセイ、詰将棋をメインに書いてます。 ②量子力学は化学科の視点で眺めてますので、物理学科の方とは見方に差異があると思います。 ③宇宙妄想好き。 よろしくお願いいたします。