見出し画像

「重度障害者に国会議員が務まるのか」という疑問に、重度障害者の私が答えてみる。

今週4日(木)、参議院議員選挙が公示された。

その中でも毀誉褒貶が激しく、とかく注目度が高いのが山本太郎氏が代表を務める「れいわ新選組」だ。

とりわけ、株式会社アース副社長で難病ALS当事者である舩後靖彦氏、自立ステーションつばさ事務局長で脳性まひの木村英子氏の擁立は、かなり話題となっている。

報道されている状況をみるかぎりでは、お二人ともかなり重度の身体障害があるようだ。舩後氏は2002年から人工呼吸器や胃ろうを取り付け、いまでは歯で噛むとセンサーが反応するパソコンを操作することで周囲とのコミュニケーションを図っている。一方の木村氏は、首から上と右腕が少ししか動かない状態で、現在は文字を書くこともできないという。

これだけの重度障害者が立候補することには、「障害当事者が国政の場にも進出すべきだ」と好意的に捉える声もあれば、「はたして国会議員の務めを果たすことができるのか」とその政治活動を危ぶむ声も聞こえてきます。

たしかに自分で文字を書くこともできない、話すこともできない候補者に、国会議員が務まるのかと疑問に思う方が出てくるのは当然のことだと思います。そこで、彼らと状態は異なるものの、「1種1級」という最重度に位置づけられる障害者である私なりの見解を記してみたいと思います。

             ------✂------

ここから先は有料公開となります。

個別の記事を数百円ずつご購入いただくよりも、月に20本近い記事が配信される定期購読マガジン(月額1,000円)をご購読いただくほうが圧倒的にお得です。

記事の更新はみなさんからのサポートに支えられています。ぜひ、この機にご登録をお願いします!

「乙武洋匡の七転び八起き」
https://note.mu/h_ototake/m/m9d2115c70116

この続きをみるには

この続き: 1,856文字
記事を購入する

「重度障害者に国会議員が務まるのか」という疑問に、重度障害者の私が答えてみる。

乙武 洋匡

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

みなさんからサポートをいただけると、「ああ、伝わったんだな」「書いてよかったな」と、しみじみ感じます。いつも本当にありがとうございます。

ありがとうございます。よろしければシェアもお願いできれば幸いです!
78
「自由に生きたい」と願う人は多くいます。でも、自由に生きるには、多くの選択肢が必要です。日本に、もっと選択肢を。 #選択肢を増やそう

この記事が入っているマガジン

乙武洋匡の七転び八起き
乙武洋匡の七転び八起き
  • ¥1,000 / 月

乙武洋匡のコラムやQ&Aコーナー、マネージャー日記や趣味(映画・ワイン・旅行etc.)の記録などを公開していきます。 「すべての人に平等なチャンスと選択肢が与えられる社会」を目指す仲間を大募集中です!