見出し画像

【GF社員インタビュー】生き物が生活しやすい山に - やりたいことを実現する選択と決意

GREEN FORESRERSの社員4名の方に「会社の魅力」と「林業の魅力」の2つの切り口でインタビューしました。林業に対するイメージ、思い、会社の魅力、将来の夢などを通して、個性あふれる社員をひとりずつご紹介できればと思います!
社員インタビュー2人目は、鈴木さんです。

スクリーンショット 2021-10-18 12.39.37

上野:鈴木さん、早速ですがGREEN FORESTERSに入社される前はどんなお仕事をされてたのですか?

鈴木:林業会社で1年ほど働いていました。その会社では現場を担当しており、木の伐採や、重機を使って伐採した丸太を搬出する仕事をしていました。

画像1

上野:山や森林、林業などに対して元々興味があったのですか?

鈴木:地元が栃木なので、山には馴染みがありました。栃木は林業が盛んで、林業や山が身近な存在なんですよ。その影響もあってか、私は自然が好きです。実は私の専門は「鳥」で、最初に就職した会社では鳥に関する仕事をしていました。ただ、調査をしているだけでは鳥の生息環境は保全できない。鳥と森林の関係をより深く観察することも重要に思いました。

上野:鳥と林業。「自然」という視点では近い存在のようにも思えますが、「林業」に転職されたきっかけはあったのでしょうか?

鈴木:自分で山を買ってみたい、と思ったのがきっかけです。自分の山を持てば、自分の責任で好きなように山を作ることができるじゃないか、と。ただどうやったらいいのか、どうやって買えばいいのか、全くイメージがつかなかったんです。そこで林業の会社に転職しようと思いました。
そこでは、まず入社して「山って買えるんだ!」ということを知り驚きました。社有林をたくさん購入している姿を見て「自分でも山を買えるかも!」と思えるようになりました。

画像4

上野:同じ業界からGREEN FORESTERSへ転職したということですが、仕事に対してのギャップなどはなかったですか?

鈴木:仕事が想像以上にしんどい、とかはなかったです。どの仕事をするにも、ラクな仕事はないと思っています。ただ「植林・育林」に関してのイメージは転職前後で違いますね。前職では、植林・育林は外注していたので、仕事の内容をあまり知りませんでした。GREEN FORESTERSは造林がメインの会社、下刈や植林など、初めてのことだったので「これはめちゃくちゃ大変だ」ということを知りました。

上野:「自分で山を買ってみたい」という気持ちから林業の世界に入って、これから何かやりたいことなどあれば教えてください。

鈴木:まず、私は山を「生き物が生活する場所」として捉えています。山は人が介在することにより生物の環境ががらっと変わるので、そこに面白さを感じているんです。林業だけでなく農業も同じですね。人が介入することで環境が変化し、生態系に影響を与える。その影響リスクを抑えたいと思っています。

画像2

上野:会社の魅力についてもぜひ聞かせてください。前回、みづきさんのインタビューでは、3日働いて1日休みのシステムがめちゃくちゃいいとお聞きしました。鈴木さんから見た魅力ポイントをぜひ教えてください。

鈴木:3日働いて1日休み以外にも、魅力ポイントは4つあります。
①勤務が早朝に開始し、昼過ぎに終了すること
早く仕事が終わるため、午後の時間を自由に使えるのが魅力的です。趣味である鳥の調査もできますし、育児にも参加できます。家族と過ごせる時間が圧倒的に多いのが嬉しいです。

②自由に休めること
言わずもがなです。育児との両立がしやすいですね。

③従業員が山に対して興味関心あること
同じ価値観を持っている仲間なので、近しいものを感じます。働きやすいです。

④山のポテンシャルを引き出そうとしている会社の方針
入社よりもっと前からGREEN FORESTERSの存在は知っていました。木材だけ利用する、植栽だけする、でなく「山全体をどうするか」という考えや会社のビジョンに共感しました。少し魅力の話とはそれましたが・・・

上野:働き方だけでなく、一緒に働く仲間と会社そのものにも魅力を感じられたのですね。会社は選べても一緒に働く人は選べないので、素敵な仲間に囲まれて仕事ができるのはとても恵まれた環境だと思います!最後に、GREEN FORESTERSに転職するにあたり決め手となったことなどあれば、これから入社される方への参考になると思うので教えてください。

鈴木:転職する前は、生活スタイルが変わるのでやっていけるのか、新しい会社で家族を養うことができるのか、という不安はありましたが、30代までには他のことにチャレンジしたい、地元に帰りたいという想いがあったので、転職しようと決意しました。結果論ですが、給与に関して「家族を養うことができるのか」という心配と裏腹に、額は上がりましたね(笑)。

上野:鈴木さんの頑張りがすぐに給与に反映されるのもいいですね!
今回はありがとうございました。山を生態系として見る、という視点は、今まで「人」を主語としてしか山を見てこなかった私にとって、新しい気づきを与えてくれました。次は生態系について詳しくお話を聞かせてくださいね。

-------------------
ちょっとでもGREEN FORESTERSに興味を持った方、「少し話を聞いてみたい」フォームをご用意しています!
「今すぐ転職はないけど、ちょっと興味あるなぁ・・・」
「自然が好きだから、いつか自然で働いてみたいな。」
そんな方も、ぜひお気軽にご応募ください!
【少し話を聞いてみたい!フォーム】
-------------------

▼GREEN FORESTERSの最新情報をゲットしよう!
noteをフォローする(トップからフォローしよう!)
Facebookをフォローする
Twitterをフォローする
インタビュアー・ライター情報
■氏名:上野 みさこ
■所属:GFnote編集部ライター
■紹介文:地元京都は山に囲まれた盆地。自然は身近な存在だった。学生時代に始めた登山をきかっけに、日本の美しい自然を守っていきたいと思うようになる。現在はGIS(地理空間情報)に関する仕事をメインでしつつ、いろんなことに挑戦中。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!