井原 琢麻

自転車家。自転車のスピード感に魅せられ、高校・大学とトラック競技に没頭。2006年サイクルショップ「goodspeed井原自転車店」を開業。ロード、トラックのみならずMTBやシクロクロス、グラベル、ブルベなどへも独自の理論を応用し省エネ走法から高速走行まで実践テクニックを伝授。

井原 琢麻

自転車家。自転車のスピード感に魅せられ、高校・大学とトラック競技に没頭。2006年サイクルショップ「goodspeed井原自転車店」を開業。ロード、トラックのみならずMTBやシクロクロス、グラベル、ブルベなどへも独自の理論を応用し省エネ走法から高速走行まで実践テクニックを伝授。

    最近の記事

    TOYO FRAMEの誘惑

    TOYO FRAME 今、本物のクロモリを知っている人はどれくらいいるだろうか… クロモリは古い?骨董趣味としてではなく、今の流行りと水準と技術で最高の自転車をクロモリで作ることができるとしたら乗ってみたくないですか?それはカーボンより優れているのか? ロードレーサーに乗り始めた1990年頃、流通していたフレームはほとんどクロモリ。または安いハイテンションスチール。フレームにはパイプのブランドを示す「TANGE」「COLUMBUS」などのステッカーが貼られており、使われてい

    スキ
    13
      • 【15周年】グッドスピード井原自転車店

        12月15日はグッドスピード井原自転車店の開業記念日です。 2006年12月15日に西条下見にわずか13坪の敷地でOPENした自転車屋ですが、みなさまの支えのお陰で15周年を迎えることができました。 心より御礼申し上げます。 今でもOPEN当初のことはよく覚えています。最初のお客様は一般車の後輪のタイヤ交換。外装変速機つき。スポーツバイク用のワークスタンドに一般車を載せるとあっという間にバランスを崩して倒れそうになり、店内でひとり焦ったことを覚えています。それから1年く

        スキ
        8
        • Dream-Seekerと今中大介

          2021年10月13日夜 長野県富士見町の山荘にオリンピック4回出場の山本幸平とDream-Seekerの新エース北林力選手と弟の仁選手。それから日本人で初めてTOUR DE FRANCEを走った今中大介が集いました。 山本幸平が長年選手を続けるにあたって目標にしていた世界ランキング10位以上(ヒトケタ)には11位を最高に達成することはできませんでした。彼はその目標、あるいはそれ以上の目標を次世代の選手に託して、次のステージに突入していきます。 多くの選手は引退と同時に第二の

          スキ
          8
          • プロショップが持ち込みを嫌がるワケ

            今どき、インターネットを使えばいろいろな情報が手に入り、海外の機材もわりと簡単に手に入るようなりました。買うだけでなく個人でも出品することができるようになりとても便利です。 そんな時代だからこそ、われわれ店舗型のプロショップは重要な役割を担って、なくてはならない存在だと考えています。その理由をいくつかご紹介しますのでインターネットで買い物をする際の注意点やプロショップと付き合うメリットを理解した上で、安心・安全なサイクリングライフを送って頂ければと思います。 まず大前提に

            スキ
            16

            2021年の自転車選び(秋)

            前回「2021年の自転車の選び」について書きましたが、9/1を境に未確定だった部分が晴れてきましたので改めて投稿したいと思います。 内容は前回同様、今自転車を買おうとしている方へ向け、自転車業界がどう変わったか、またスペック・相場などお伝えし、間違いない自転車選びの参考になればと思います。 まずは2021年9月1日。何があったかと言うと・・・ 新型DURA-ACE、ULTEGRA発表! 今年私たちが待っていた情報はこれです。シマノが今後どの方向にコンポーネントを作って

            スキ
            13

            2021年の自転車選び

            今まさに自転車を買おうとしている方へ、現状の自転車業界(特に販売店)がどのような状況におかれているか、またはどの自転車をどのように買うべきか。書いてみたいと思います。自転車選びの参考になれば幸いです。 書きたいことは2つ ①いつ自転車を買うべきか ②どんな自転車を選ぶべきか 日本にある在庫はどんどん減っていますあたたかくなり、「今年こそ自転車はじめよう!」という時期ではありますが、今年の自転車の動向は例年とは違います。本来なら4月~5月にかけて、カタログにある自転車は

            スキ
            8

            TIME Alpe d'Huez

            フランスTIME社のフラッグシップモデル「アルプ・デュエズ」をご紹介します。 アルプ・デュエズ(ラルプ・デュエズ)と言えばツール・ド・フランスの名所の一つ。難関山岳区間として知られています。この区間で調子を落とす選手もいれば名前を残す選手もいる。そんな峠の名前が付けられたこのバイクはもちろん最高のヒルクライムバイクです。 1990年から自転車を趣味としている人にはTIMEは特別な存在かもしれません。インターネットがなかった当時は自転車の情報はCycle Sports誌しかなか

            スキ
            3

            campagnolo EKAR 1×13speed

            2020年秋、カンパニョーロが13速を投入しました。MTBやグラベルロードの世界では1×(フロントシングル)が当たり前になっており、このエカルもグラベルロード用という位置付けで発売されたコンポーネントです。 30年以上前からシマノ社とカンパニョーロ社はコンポーネントの主導権を争い、お互い切磋琢磨して開発を進めて来ました。決定打はいくつかありますが1991年、シマノがデュアルコントロールレバー(手元シフト)を発売したのを機に世界のコンポーネント勢力図は一気にシマノに塗り替えられ

            スキ
            6

            cannondale Scalpelの日

            2020年11月1日 京都府和束町で行われましたCoupe du japon湯船MTB国際に参加してきました。 ここ最近のMTBイベントと言えば、昨年の松野四万十バイクレース、泥んこ忘年会くらいでどちらかと言えばエンデューロ的な大会ばかりでしたが、今回はクロスカントリーレースに出てみました。 MTBのカテゴリーはよく知りませんが、OPENの部にエントリー。どうやらCJ-U男女チャレンジというグループと混走になるようです。 夜の間に広島を出て当日朝、会場の湯船に到着。さっそく

            スキ
            7

            祝)TOUR DE FRANCE 初優勝!

            今年のTOUR DE FRANCEはCOLNAGOの逆転勝利。 海外の自転車選手の名前はなかなか覚えられないので・・・いつも自転車メーカーで追いかけていますが、ここ数年TREK、SPECIALIZED、PINARELLOが圧倒的でCOLNAGO好きの自分はツール・ド・フランスから気持ちが遠のいていました。今年はSPECIALIZEDの新型(TARMAC SL7)やcannondaleの活躍を見ておかなくてはいけないのでリザルトだけは毎朝ネットでチェックしていました。 する

            スキ
            3

            新型SPECIALIZED S-WORKS TARMAC SL7を暴く

            先日7/29に発表されたばかりの新型TARMAC。このバイクの価値を考えてみました。 このバイクは発表前から「VENGEのエアロ性能と旧TARMACの乗りやすさを兼ね備えた次世代レーサーバイク」とし期待され、それを裏切ることなく、まさしく史上最高のロードバイクとしてパッケージ化され登場しました。 ロードバイクの大きな転換期は今までいくつか経験してきましたが、ここ1~2年はまさにの数少ない転換期の1つだと言えます。何が変わったか?それはブレーキです。ディスクブレーキがロードバ

            スキ
            8

            【連載】cannondale Topstone Carbonについて語ろう vol.4.2

            次はバイクパッキングについて書くなど、呑気なことを言っている間に衝撃的なバイクが発売されました。「Topstone Carbon Lefty」つまりサスペンションフォーク「Lefty」を搭載したモデルの登場です。サスペンションロードのオンロード性能の検証について、やり残したことを少し追加しておきたいと思います。 LeftyとSLATELeftyとはcannondale独自のサスペンションフォークのことです。左側だけの片持ち倒立構造は他に例がなく、重量・剛性・路面追従性におい

            スキ
            20

            新型cannondale Scalpelについて語ろう vol.1

            2020年5月21日 クロスカントリーレーサーの最高傑作「スカルペル」が新しくなりました。ワークスチームは軽量なリジッドバイク「F-Si」とリアサスペンションを備える「スカルペル」をコースによって使い分けるようなのですが…どうもスカルペルばかり使っているような気がします。クロスカントリーのコースがどんどん過激になっているからでしょうか。 ストーリースカルペルの登場は約20年前。シートチューブの上端にダンパーを備えハンガーからリアハブの間にはピボットが存在しないという衝撃的な

            スキ
            9

            感染しないこと、けがをしないこと、免疫力を高めること

            新型コロナの拡大防止のために、全員がそれぞれの立場で活躍しなけらばならないのですが、われわれ自転車屋はどう行動すべきか・・・ニュースを見て毎日考え、日々考えを更新し、行動を改めています。 自転車店が感染の巣になるようなら当然休業でしょう。あいにく今年の春に限ってはそんな状況になりませんでした。 自転車通勤にかえる人のために安全な自転車を提供し、3密を避けて自転車で運動をはじめようとする人がいるなら、安全なサイクリングを提供することが今日、自転車屋がするべきことだと考えてい

            スキ
            5

            【連載】cannondale Topstone Carbonについて語ろう vol.4

            グラベルでの良さはわかってきたけど、グラベルやダートは走れらないし、走るところがないし。という方のためにvol.4ではオンロード性能について語ります。自動車で言えばSUVのハイウェイインプレッションみたいなことを書きます。 グラベルロードでオンロードを走る検証は2016年にサスペンション付きロードバイクのSlateが発売されてからずっと、部品やポジションを替えながら続けてきたことです。定例の練習会やサイクリングはもちろん競輪場でトラックレーサーと走ったこともあります。 実際

            スキ
            13

            【連載】cannondale Topstone Carbonについて語ろう vol.3

            vol.3ではTopstone Carbonのグラベル性能を支える「Out Frontジオメトリー」について語ります。 「Out Frontジオメトリー」とはTopstone Carbonの特徴的なフロントホイールの位置のことです。シクロクロス車の「SuperX」や新型のXCレーサー「F-Si」など、最新のオフロード系cannondaleバイクに採用されているジオメトリーの考え方。フロントホイールを少し前に配置することにより安定性が向上。急こう配の下りで積極的にバイクコ

            スキ
            10