ともちんパンダa.k.a惡路王ぽこぽん

神経症のパンダです。鬱ではないけど、鬱病と周りの人から思われてます。心ない振る舞いに体がすぐ反応するだけなんだけど。

ともちんパンダa.k.a惡路王ぽこぽん

神経症のパンダです。鬱ではないけど、鬱病と周りの人から思われてます。心ない振る舞いに体がすぐ反応するだけなんだけど。

    マガジン

    最近の記事

    なんで、フィルスペクターを聴き始めたのか記憶がない・・・・。大滝詠一さんは、あんまり関係ないかも。back to mono のボックスを買った時は、そんなにナイアガラ聴いてないしなあ。今年も、クリスマスアルバム、聴きます。当たり前の如く。

    スキ
    1
      • ビートルズのホワイトアルバム、最高じゃん。最初のCD化の時は、あんまり気づかなかった。(いまさら)。バンガロウ・ビルが、個人的な琴線かもしれぬ。

        •  おいらの大滝詠一氏の入口が、出前一丁とマルチスコープだっていうのは秘密です。

          スキ
          1
          • 原田知世さんの、「撫子純情」。渋滞で、聴いてた。声が、とても良くて、飛んで行きそうになった。名盤。リマスターされないかなー。角川レコードの原盤、難しいのかな。

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • パンダは、のんびり暮らす
            ともちんパンダa.k.a惡路王ぽこぽん

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            シンYMO、面白いけど、すこじ誤植多いかも。まあ、あんな分厚い本だし。脳内修正かけてるから、問題なし。

            スキ
            1

            加藤和彦さんのような声になりたいなーって思うのだ。思うのだ。

            スキ
            1

            シンYMOをやっと読み始めた。ドキドキソワソワモヤモヤクラクラ。

            スキ
            1

            twinkey twinkey

            すっかり忘れてかけていたのですが ムーンライダーズ(ムーンライダース?はちみつぱい?)が アグネス・チャンさんさんのコンサートのバックを務めていたことがあった話。 ツアーのバックを務めて、 ライダーズがバンドとして経済的に回っていたとの話もあるようですが。 で、なんだっけ?(すぐ忘れる) そんなライブを収録した 「FAMILY CONCERT」というアルバムを聴いていたというハナシでございます。 ところどころ慶一さんと思しき(違うかも?)コーラスも聞こえたりし

            スキ
            2

            「Let’s Ondo Again」と「はらいそ」の相似性って、間違った説??

            スキ
            2

            それぞれの時間。ボクの時間。

            また、ナイアガラ〜、の話。まただ、もう。 正直。 完全に後追いなんですけど。 それなりには頑張っています。 が、 アナログ時代のナイアガラってほとんど知らなくて。 「Complete Each Time」とか 「Niagara Song Book」(!) (当時から、インストものが好物だったのです。) をレンタルで借りたぐらいです。 (アルバムはほとんど買えなかったのです💦) ラジオは、NHK-FMで、何度か声を聞いたことはありますが。 「Go!Go!

            スキ
            2

            ほうろう、いつも彷徨

            何年か、何年も前に 小坂忠さんのCD-BOXを買っていました。 2009年らしいのですが。 これ、いわくつきで ムスコ2号がiMacにCDを閉じ込めるというハプニングがありまして。 で、なんだっけ? あ、このCDーBOX、よく見てみると すでに売っている紙ジャケのアルバムを ボックスに詰め込んだようなデザインで、 その当時の最新作だけ、ものすごく薄いジャケットだったりします。 小坂忠さんとの出会いは・・・・いつだっけ? さっぱり、おぼえておらず。 意識

            スキ
            1

            主なくとも梅は咲く。

            引っ越しします。ほんと、もうすぐっ。迫ってきてる。 音楽、何を連れて行くか、迷ってます。 真剣に。 (他に用意するもんあるだろうに) 大体、脳内再生で済むかもしれませんけど。 AppleMusicも結構頑張ってくれてますけど なかなか、フォローしきれてないというか。 そこにないCDを持ちがちっていうか。 これなんかもそうなんですけどねー。 Apple MUsicにあるのかな、ありそうだなー。 色々、音楽、さまよってますから。 「どんな音楽好き?」って聞か

            スキ
            1

            Don't be so serious.(シリアスJAPANESE)

            スキ
            1

            2001年ナイアガラの旅。

            タイトルは内容と何も関係ありません。ので。 懸案だった、「ゴー・ゴー・ナイアガラ」(自由國民社)を何とか買いました。 探しても、アルバムの方ばかり見つかる感じで、難儀でした。 最初に見つけたのは、中学生だったと思うけど、 なんかとっつきにい印象で、スルーしちゃった気がする。(そりゃあ、スリー・ファンキーズの写真とかあったらなあ・・・・←今思えば。) ナイアガラや大滝さんのことの周辺情報は全く知らなかったし。  ※同じ頃に「はっぴいえんど伝説」(萩原健太・著)や「地

            スキ
            1

            先日。

            8センチCDの新作を買いました。 これです。なんかドキドキ。

            スキ
            1

            目る狩り

            メルカリで、最近買ったCDを。 1.Heart Beat /坂本龍一 (Virgin)   「教授」のアメリカ進出第二弾。ヴァージン時代は、サントラ以外は、長い間、ほとんど顧みられることもなかったのですが、第一弾の「Beauty」は、今年、リイシュー&アナログ化。(ジャケットが錆びた感じの味わい深い色合いでは無くなったけど)。 さて、このアルバム。とても気持ちいいのです。ビートに「間」がある感じ。その「間」が気持ち良さの元かもしれませぬ。個人的には、教授のアルバムでベス

            スキ
            1