工藤太一/印刷会社二代目/glassy株式会社代表取締役
企業の平均寿命30年説のウソ
見出し画像

企業の平均寿命30年説のウソ

東京オリンピックの延期が決まりました。
予想通りです。夏までに終息せず(ワクチンもない)秋を迎えた場合、
年内中に中止の決定がされるというのが僕の読みです。
なので、日本もそうですが秋までにしっかり終息させたいですね。

さて、今日は「企業の平均寿命30年説のウソ」という
テーマで書いていこうと思います。

企業の平均寿命は30年が通説です。
これは「国税庁2005調べ」のデータが根拠になっていて、
10年後に残っている企業は僅かに6%。
30年以上続く確率は、0.0021%らしいです。

100社いても1社も残らない計算です。
もう平均寿命じゃないですよね。
絶滅しています。

企業の平均寿命説はいくつもあります。
30年以上続く確率も3%や5%など様々です。

ただ、僕は感覚的にずっと不思議に思っていました。
何となく肌感覚と合わないんですよね。

そんなに企業って倒産しているの?

この手の説はどのデータを根拠にするかで変わってきます。
当然ですね。

色々調べてみると、僕と同じように疑問に思う人はいるようで
特に会計士さんや、税理士さんが鋭いツッコミを入れていました。

結論から言うと、これは都市伝説みたいです。
そもそも「国税庁2005調べ」というデータそのものが
存在していないようです。(びっくり!)

会計士や税理士の先生方は実ビジネスで企業の存続と関わっているので
感覚的に「そんなことない」と思うのでしょう。

普通の人だったら簡単に騙されてしまうのでしょうね。
「へぇ~、そんなに起業って大変なんだな」みたいな感じですね。

別に起業って危なくないよとか、
経営なんて誰にでも出来るよ
と、言いたいわけではありません。

起業は簡単だけど、
そこでちゃんと勝つのは
やはり大変なことなので。

では、実際の数字はどうなのか?
様々なデータソースを使って見てみましょうか。

最初は帝国データバンクの調査資料です。
※2011年版中小企業白書

このデータソースを基にすると

・1年経過後の生存率 97%
・5年経過後の生存率 82%
・10年経過後の生存率 70%
・20年経過後の生存率 52%

こんな感じです。
30年後でも47%が生き残っています。

ん?
んん?
んんん?

・・・。何でや?

そうです。
30年経っても半分位生き残っています。
ただ、帝国データバンクのデータソースには
売上1億未満の小さい企業が含まれていません。


よって、2つ目のデータソースは中小企業白書です。
従業員4人以上の事業所が含まれたデータソースです。

・1年経過後の生存率  73%
・5年経過後の生存率  42%
・10年経過後の生存率  26%

20年後、30年後の数字がないので分かりませんが
帝国データバンクの数字よりも大分少なくなりました。

仮に減少率から20年後、30年後を予測すると
・20年経過後の生存率 16%
・30年経過後の生存率 10%

こんなところでしょうか。

0.0021%かどうかはともかく、
30年後まで生存することは難しいです。

時代の変化の中で非連続な変革を
内側から起こせる企業しか生き残れない
のではないでしょうか。

そうした変革をオーナー創業者以外に
内側から起こすのは結構なハードルだと思います。

オーナー創業者が引退するのは20年から30年だと思います。
その後に会社を変革するだけのリーダーシップを失い
企業は緩やかに衰退していくというのが僕の見立てです。

ユニクロの柳井さん
ソフトバンク孫さん
日本電産の永守さん
楽天の三木谷さん
サイバーの藤田さん

などなど

オーナー創業者の時代を読み
会社を方向転換させる時の腕っぷしの強さは
目を見張るものがあります。

彼等がいなくなった時に
会社の舵取り(リーダーシップ)が同じように
発揮されるかは分かりません。

ゆえに、それを引き継ぐ者も重責です。
ある意味でアップルのティム・クックは
ジョブス以上の経営者なのかもしれません。


僕も経営者としてのレベルを引き上げて
永続的な企業を目指したいと思います。

(終わり)


\「人と組織」をテーマにイベントやります!/
★ Innerbranding Days 2020
日程:2020.12.1(火)、12.2(水)、12.3(木)
日本最大級のインターナルコミュニケーションカンファレンス開催!
withコロナ時代の「人と組織」を考え抜く3日間!!
経営者、経営企画、広報・ブランディング、人事などご担当者の方、お時間合えば是非。
詳しくはイベント特設サイトをご覧ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
工藤太一/印刷会社二代目/glassy株式会社代表取締役

こんにちは。最後までお読み頂きましてありがとうございます。このnoteは僕のつたない経営や、インナーブランディングを行う中でのつまづきや失敗からの学びです。少しでも何か皆様のお役に立てたら嬉しいです。サポートはより良い会社づくりのための社員に配るお菓子代に使わせていただきます!

工藤太一/印刷会社二代目/glassy株式会社代表取締役
glassy株式会社 代表取締役社長。1975年東京生まれ。江東区の印刷会社 ㈱明祥の二代目。印刷の価値を見直し、上場・ベンチャーなど100社以上の「広報誌」を作成することで社内広報のお手伝いをしています。経営10年目。リアルで手触り感のある経営者の本音をモットーにしています。