グラグリッド編集部
コ・デザインするためのスタジオへ〜グラグリッド「笑門スタジオ」への移転ストーリー〜
見出し画像

コ・デザインするためのスタジオへ〜グラグリッド「笑門スタジオ」への移転ストーリー〜

グラグリッド編集部

2022年8月1日。
グラグリッドは渋谷区恵比寿から大田区大森へとオフィスを移転します。

このnoteでは、コ・デザインするための「笑門スタジオ」への移転に至るまでのストーリーをまとめていきたいと思います。

働き方、働く場所を模索してきた2年間

2020年以降、働き方は大きく変わりました。
グラグリッドもリモートワークが中心になり、出社は最低限へ。
そして、出産したメンバーもいるため、より柔軟な働き方が求められるようになりました。

この2年間でより私達らしく、のびのびできる働き方を模索してきました。

オフィスは顔を合わせながら一緒に創造的な活動をする場へ。
自宅はじっくりと作業する場へ。
2021年からは埼玉県寄居町での「コ・デザインプロジェクト」の取り組みも始まり、活動の拠点が増えたことで、場所の意味や役割が明確になってきました。

人や地域とつながる創造的なオフィスへ

グラグリッドの新しいオフィスは、都内の主要駅や羽田空港へのアクセスが良い、東京都大田区大森にある 大森ロッヂ「笑門の家」へ移転します。

大森ロッヂは木造住宅をリノベーションして作り上げられた、街角再生プロジェクト。自律共生型のちょっと変わったコミュニティなんです。
建物やプロジェクトのコンセプトに共感したグラグリッドのメンバーは、新しい環境、新しい共創スタイルを試していける大森ロッヂ「笑門の家」への移転を決意しました。

大森ロッヂが目指すもの

○Community spaceではなくConvivial place

コミュニティーは形成するものではなく、自立した個性の発露によって醸成されるものという考え。街角再生を通して互いに触れ合い、共に愉しむ場づくりを目指しています。

大森ロッヂ Webサイトより一部引用
https://www.omori-lodge.net/about#somethingtoaim

新しいオフィスは「笑門スタジオ」と呼ばれます。
笑門スタジオは小商いもできる、外から丸見えのオープンな一軒家。呼び方も「オフィス」ではなく「スタジオ」としたのも、グラグリッドらしいですよね。

みなさんも、ぜひ「笑門スタジオ」と呼んでください!

創造性を拡張する働き方を目指して

時間に制限があるメンバーや、笑門スタジオへの移動に時間がかかってしまうメンバーもいます。
そこで、笑門スタジオは年に数回集まり、創造的な活動をする特別な場所として活用していきます。

対面での打ち合わせや、みんなが集まって活動する時には、交通の便が良く、集合しやすいコワーキングスペースなどを利用する予定です。

笑門スタジオ、様々な街にあるコワーキングスペースの利用、自宅と、働く場所も集まる場所も柔軟になり、よりわくわくした働き方へと変化していきます。
新しい場所で、新しい人とのつながりや、一緒に何かをつくることができるのが楽しみですね。

中途採用も募集しています

グラグリッドでは、引き続き一緒に活動していただけるメンバーを募集しております。
東京近郊以外にも、遠方に住んでいる方や、育児や介護など時間に制限がある方。柔軟な関わり方を一緒に探りませんか?
「グラグリッドと活動してみたい!」という方からのご連絡をお待ちしております。

採用への思いをつづった記事(note)


詳細の採用情報(Webサイト)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
グラグリッド編集部
共創型サービスデザイン会社 グラグリッドのnoteです。 サービスデザイン、創造的可視化ファシリテーション、日々の活動、に関するマガジンを発信中! 今ないつながりを創り出す、考え方、生み出し方を日々トライしています。