見出し画像

不動産業界にもデジタル化の波が 7/17

こんばんは
最近はAIにも興味があります。

今回はこの記事について取り上げさせていただきます。

なんでもデジタル化の時代

デジタル化は現在急速に進んでいます。今までリアルで行っていたものはどんどんデジタル化していっています。決済は電子決済、飛行機のチェックインもオンラインに対応して並ばなくてもよくなりました。

私が一番最初に書いたnoteでも契約書の電子化について書きました。様々な事業でのデジタル化というものにビジネスの機会があると私は考えています。

デジタル社会の先頭を走るGAFA

しかし、その先頭を走っているのはGAFAでまちがいないでしょう。今回は不動産事業がGAFAの一角アマゾンのAWSをもちいて不動産業界のデジタル化を進めている事例の記事を見ていきます。

ちなみに、AWSの話もAmazonGoのnoteで触れています。

住宅ローンをオンラインで

記事によると、RENOSY XはAWSを用いて住宅ローンの申し込みや申請などを電子化やオンライン化するサービス「MORTGAGE GATEWAY by RENOSY」を不動産事業に提供してるようです。

デジタル化やオンライン化することによって、情報共有がスムーズになり、透明性が向上するそうです。ペーパレス化することで大幅な時間短縮と顧客が利用しやすくなるそうです。

記事を読んで

私が気になったのはデジタル化は様々な利点があるということです。デジタル化することによって契約の透明性を高め、手間を抑えることができるということなのです。

ペーパレス化だけ見ても、紙代のコスト削減に繋がるだけでなく、情報共有のスピードや管理や編集の容易さにおいて段違いの差があります。また、一般化も急速に進んでいます。

簡単に始められるAWS

さらに記事で紹介されているとおり、AWSの導入はそれほど難しくないようです。AWSで利用できるサービスをすべて把握する必要はなく、必要な情報を聞くことで教えてくれるそうです。

さらに、AWSには様々なサービスが提供されています。分析やアプリケーション、コスト管理などAWSだけでデジタル化できるものがたくさん存在します。

一から始めるのは難しいが

AWSのようなサービスが急速なデジタル化に大きく寄与しています。デジタル化を一から始めるのには時間と費用が掛かるだけでなく、取引先との連携や他のデジタルサービスとの互換性の問題が発生する可能性があります。

しかし、AWSのようなサービスは利用している事業差も多く、利用したことはないので細かいことはわかりませんが、その他のサービスとの連携もスムーズに行えるでしょう。

検討してみるべき

デジタル化は思ったよりも簡単に行うことができ、とてもメリットが大きいものです。AWSなどの利用を視野に入れることによって一気にハードルが下がると思います。しかし、デジタル化のサービスが一極集中している現状もあります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。
6
沖縄の大学生が気になるニュースを毎日投稿しています。誤字・脱字・間違った点などご指摘ください。コメントを頂けると幸いです。 今学習しているテーマは、ソーシャルビジネス、マーケティング、マネジメント、資産運用、プログラミング、AI、クラウド(AWS)等

こちらでもピックアップされています

#DX 記事まとめ
#DX 記事まとめ
  • 92本

#DXと書いてあるnoteの記事をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。