GIGLIO COFFEE

cafe giglio coffee roaster sapporo,miyanomori,since2007

GIGLIO COFFEE

cafe giglio coffee roaster sapporo,miyanomori,since2007

    ストア

    • 商品の画像

      ジリオブレンド200g + ラオス アラビカ ティピカ200g

      立体的な酸味で飲み飽きない日常のコーヒー『ジリオブレンド』と、深いコクと甘味でスパイシーな朝を演出する『ラオス アラビカ ティピカ』のセットです。各200g
      ¥2,400
      GIGLIO COFFEE
    • 商品の画像

      ラオス アラビカ ティピカ 400g

      Leo People’s Arabica Typica1915年にフランスから持ち込まれた苗で始まったラオスのコーヒー栽培。優れた風味を持ちながらも栽培効率の悪さから栽培する農園が減っていたティピカ種を、丁寧なフーリーウォッシュド製法で仕上げています。上質なマンデリンを思わせるスパイシーなフレーバー、甘さとボディー感のあるコーヒーです。よろしければどうぞご利用ください。甘味 ★★★☆☆酸味 ★★☆☆☆苦味 ★★★☆☆コク ★★★★☆※配送料を抑えるため、200gパック2個に分包してお送りいたします。
      ¥2,400
      GIGLIO COFFEE
    • 商品の画像

      ジリオブレンド 400g

      エチオピアのフローラルな酸味と、フルーティな酸味が身上のタンザニアで作った立体的な酸味を、ブルーマウンテン由来の苗を宣教師が移植したというパプア・ニューギニア・シグリの持つハチミツのアロマでしっかりまとめたブレンドです。甘味 ★★★★☆酸味 ★★★★☆苦味 ★★☆☆☆コク ★★★☆☆※配送料を抑えるため、200gパック2個に分包してお送りいたします。
      ¥2,400
      GIGLIO COFFEE
    • 商品の画像

      ジリオブレンド200g + ラオス アラビカ ティピカ200g

      立体的な酸味で飲み飽きない日常のコーヒー『ジリオブレンド』と、深いコクと甘味でスパイシーな朝を演出する『ラオス アラビカ ティピカ』のセットです。各200g
      ¥2,400
      GIGLIO COFFEE
    • 商品の画像

      ラオス アラビカ ティピカ 400g

      Leo People’s Arabica Typica1915年にフランスから持ち込まれた苗で始まったラオスのコーヒー栽培。優れた風味を持ちながらも栽培効率の悪さから栽培する農園が減っていたティピカ種を、丁寧なフーリーウォッシュド製法で仕上げています。上質なマンデリンを思わせるスパイシーなフレーバー、甘さとボディー感のあるコーヒーです。よろしければどうぞご利用ください。甘味 ★★★☆☆酸味 ★★☆☆☆苦味 ★★★☆☆コク ★★★★☆※配送料を抑えるため、200gパック2個に分包してお送りいたします。
      ¥2,400
      GIGLIO COFFEE
    • 商品の画像

      ジリオブレンド 400g

      エチオピアのフローラルな酸味と、フルーティな酸味が身上のタンザニアで作った立体的な酸味を、ブルーマウンテン由来の苗を宣教師が移植したというパプア・ニューギニア・シグリの持つハチミツのアロマでしっかりまとめたブレンドです。甘味 ★★★★☆酸味 ★★★★☆苦味 ★★☆☆☆コク ★★★☆☆※配送料を抑えるため、200gパック2個に分包してお送りいたします。
      ¥2,400
      GIGLIO COFFEE
    • もっとみる

    最近の記事

    コラム:コーヒーと暮らすvol.3 コーヒー豆を「挽く」ということ

    「コーヒー豆を挽く」という作業は、立ち昇る陶酔の芳香が誘う、エクスペリエンスとしてのコーヒーのクライマックスだと思う。 なにしろ飲む直前に挽く、というのが最良のコーヒーを体験するための最初の関門なのである。 そして一般には、サイフォンは細挽き、ドリップは中挽き、パーコレーターが粗挽きということになっている。 が、私が修行をしたサイフォンの創始メーカーである珈琲サイフォン社では、どの淹れ方でもすべて中細挽きで淹れていた。 一番良く味が出るからである。 お店で挽いてもらう時は「

      • 「酸味」と「苦味」

        珈琲豆の味について語る時、「酸味」と「苦味」を避けては通れない。 焙煎前の生豆(なままめ)は、すり潰して舐めたら酸っぱい味がする。 だから当然、焙煎が浅いほど仕上がるコーヒーも酸っぱい。 そして世界各国のどんな栽培種の豆も深く焙煎すれば苦くなる。 だからどんな珈琲にも「酸味」と「苦味」が共存している。 しかし、珈琲という飲料の主成分であるカフェインであるが故、どんな珈琲であっても飲料としては「苦い」ものであり、それはカフェインが本来「毒」であるということに起因している。

        • マダガスカルのコーヒー豆

          ゴリラ・ハイランズ・コーヒーで一躍有名になったBMPジャパンが国連機関との連携で2017年から支援を始め、高品質コーヒーの生産を軌道に乗せたマダガスカル。 これまでも何度かお取り扱いさせていただいておりますが、今回新進の生産者組合「サリアカ組合」が作るブルボン種のコーヒー豆を取り寄せました。 焙煎してみて、その複雑な香味と酸味に驚きました。 わりと深めに焼いているのに、エチオピアやイエメンの珈琲でしか感じることのなかった優しくも輪郭のはっきりした酸味がある。一口目で美味い

          • マンデリンというコーヒーと僕の祈り

            インドネシア・スマトラ島産のマンデリンという豆は、知名度も高く、ストレートの豆としてはよく売れる豆だ。 インドネシアにはオランダの植民地時代にアラビカ種が持ち込まれた。 当時イギリスの東インド会社がエチオピア・イエメン産の珈琲豆でヨーロッパの市場をほぼ独占していた。イエメンのモカ港から出荷されたため「モカ」と呼ばれたこの珈琲の通り名は、そのまま珈琲を指し示す代名詞となったほどだ。 英国以外の欧州列強はこの成功を妬ましく思い、自分たちの植民地で珈琲豆の栽培を試みるが、なかな

            有機栽培の是非

            カフェジリオを開業して16年目になるが、現在は「たまたま」有機栽培のコーヒー豆がラインナップに入っていない。 味とコストのバランスでラインナップを決めていった結果である。 有機栽培では、工場で簡単に(製造や精製ではなく)固定できる窒素を、豆類を栽培して土に鋤きこむことで補充したり、化学的に合成できるリンやカリウムを、わざわざ魚を捕ってきて抽出したりするのだから、当然コストが嵩む。 害虫や病気に対しても化学物質を使わないため人手がかかったり、他の生物の力を借りたりして生産能率

            「苦くも、酸っぱくもありません」の矜持

            焙煎がうまくいくということの定義を、コーヒー豆が持つ香味成分を最大限に焼成できていること、としよう。 豆の加熱の肝は、総熱量と一つ一つの豆の中心部まで熱が届くまでのスピードがどうバランスしているか、ということになる。 コーヒー豆はとても硬く、火が通りにくいので全体の熱量をかなり高くする必要がある。高い熱量の調理では、鍋肌の温度と周囲の空気の温度差が大きくなり、表面が焦げて芯が生のまま、という豆が出来上がる。 そのために回転ドラムの中で豆を泳がせ、空気で加熱するという焙煎機

            コーヒー豆ってひとり分何グラムですか、の誤解。

            コーヒー豆を買いに来たお客様の質問で、意外と多いのは 「ひとり分って何グラムですか」 というものだ。 この質問の答えはシンプルで、 「それは器具によって違います」 というものだが、これでお客様の知りたいことにすべて答えたことにはならない。 この質問には、一般の人がコーヒーの抽出に対して知らずに抱えている誤解をいくつも内包していて、 その意味では、コーヒーの抽出の根幹に関わる重要な質問であるともいえる。 まず、前提として 「ではひとり分のコーヒーって何ccのことですか」

            コーヒーのお作法

            1962年11月から1963年5月まで、読売新聞に連載された「可否道(かひどう)」という小説がある。後に「コーヒーと恋愛」と改題されたこの小説には、茶道に倣い「コーヒー道」を確立しようと目論むオジサンが出てくる。 コーヒーの歴史は思うほどには長くないが、それでも世界各国でいろいろな作法を生み出してきた。 例えばコーヒーを来客にお出しする時、取っ手はどちらに向けているだろうか。 会社で接客を学んだ人は、取っ手をお客様から見て左側に向けるように教わったはずだ。 しかしこれは

            コーヒーノキとカフェインと経験的味覚

            コーヒーを飲んで美味しいと思う子どもは少ない。 コーヒーや茶が「経験的味覚」と呼ばれる所以だ。 その「経験的」なるものの中核を成すのが、お馴染みの「カフェイン」という物質が作り出す風味だ。 カフェインというのは、誤解を恐れずに言えばコーヒーや茶の樹木が自らを害虫から守るために、その身に纏った「毒」なのだ。 コーヒーノキは、この毒をその身に持つために樹木としては非常に短命で、数年の寿命しかない。 そのかわり虫の脅威に晒されずに群生して勢力を伸ばしていく。そういう生存戦略を選

            ペーパーフィルターの誤解

            やっぱりペーパーは白いものより無漂白のもの(みさらし)の方がいいですよね?と訊かれる。 そう、世の中には白いペーパーフィルターと茶色のペーパーフィルターが存在する。 一般的に同じブランドのものだと無漂白の方が少し高価なので、そちらのほうがいい、という先入観を産むのだろうか。 なぜ無漂白のほうが高価なのか。 それは、木材からリグニンという物質を取り去るために、漂白剤ではなく、大量の水で洗い流すためコストが嵩むからだという。 そうしてなお、取りきれず残ったリグニンの色があの「

            「酸味の誤解」を解くコーヒー

            コーヒーの勉強をはじめたばかりの頃、頭でっかちの僕はコーヒーの起源の地であるエチオピア産の豆を飲み比べて歩いた。 酸っぱいお店が多かったが、門前仲町のピコというお店のエチオピアはとても柔らかくて綺麗な味だった。 ピコのマスターがやっていたコーヒー教室に参加して、KONO式の器具に出会い、あまりの味の違いにびっくりして、KONOコーヒー塾の門を叩いた。 そこで社長の淹れてくれたエチオピアの味ときたら! そうか、これが酸っぱいとは違うコーヒーの酸味か、と気がついたが、これやっ

            コラム:コーヒーと暮らすvol.2 器のこと

            コーヒーと暮らす日々には、それを飲むための器が欠かせない。 そして、器によってコーヒーの味も変わる。 ワイングラスだと、ボウルの呼吸空間の大きさで白用と赤用を使い分けたりするが、コーヒーの場合は、飲み口の角度と薄さかな、と思う。 たぶん、コーヒーと一緒に入ってくる空気の感じと相まって味が変わってくるんだと思う。 薄い飲み口で垂直に立っているタイプが好みで、店舗では源右衛門窯のものを使っている。 しかし、味見の時はこれでなくてはならない、というカップがある。 リチャード

            コラム:コーヒーと暮らすvol.1 器具を選ぶ

            カフェで飲むコーヒーもいいが、家でコーヒーと暮らす日常もとてもいい。で、お家でコーヒーを入れようと思ったら、まず道具が要る。 そしてコーヒーの道具選びは趣味性が高く、本当に楽しい。が、あまりにも選択肢は多く、選ぶための考え方のようなものが必要だと思う。 コーヒーを美味しく入れる方法のポイントは、「灰汁を入れない」というところにある。 コーヒー豆は油脂で出来ている。これを高い温度のお湯の力で「乳化」させることで、味が活性化して美味しいコーヒーになるのだが、その高温の代償として

            原点のコーヒー

            カフェジリオを開店する前に、全国の喫茶店を廻った。 店の雰囲気作りの参考に、という思惑だったが、結果的に珈琲をたくさん飲むことになり、店によってずいぶん味が違うことが実感としてわかってきた。 そして美味しいな、と思うお店は大抵、自家焙煎か小規模なロースターの豆を使って、抽出も機械ではなく手で淹れていた。 それならばと、喫茶店開業のための市民講座やカルチャースクール(探してみると、驚くほど多くの講座が開催されている!そんなに喫茶店やりたい人って多いのか)に行ってみようと、手始

            ドラッカーが教えてくれた路地裏のカフェの経営

            長いことお店なんかをやっていると、こんな路地裏のカフェにまで売り込みの電話が来て「うるさいなあ」と思ったりするけど、自分自身も営業を生業としてきた。 営業マン時代に大変お世話になった専門学校の広報部長は、 「本当に素晴らしい学校になれば広告はいらないだろう。その素晴らしさとは、学校の場合は教育内容のことだろう。だから教育内容に、まだ不十分なところがあるから広告に頼っているわけだが、いったい何を広告に書けというのだね?」とおっしゃった。 単なる断り文句だったのだろうが、何か大

            エコノミーとエコロジー

            生まれ故郷の北海道に帰ってきて、小さなカフェを作り、自家焙煎を初めてもう16年になる。 エコノミー(経済)とエコロジー(環境)というのは、どちらかといえば相反するイメージを持つ言葉だが、実はこの二つの言葉は同じ語源を持っている。 ギリシャ語で「家」を意味する「オイコス」がその語源だ。 古代ギリシャにおいて「事業」はすべて「家業」であった。 そのそれぞれの家業を運営する方法論を「オイコス」の「ノモス=法、慣習」と呼び、これがエコノミーとなった。 また、それぞれの家業が共同体