MASA(二人目のジャイアン)

バンド「二人目のジャイアン」vocalのMasaです。 ライブで歌ったり、ラジオで話したり。よく喋りますが、もっと喋りたい。 旧ブログ(アメブロ)→https://ameblo.jp/gaina-masa/ HP→http://www.kokoronotomoyo.net

MASA(二人目のジャイアン)

バンド「二人目のジャイアン」vocalのMasaです。 ライブで歌ったり、ラジオで話したり。よく喋りますが、もっと喋りたい。 旧ブログ(アメブロ)→https://ameblo.jp/gaina-masa/ HP→http://www.kokoronotomoyo.net

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    私について(2022追記)

    ここを読みに来てくれている方の殆どは自分が二人目のジャイアンというバンドのvocalであるという事はご存知だと思う。 だが、noteで偶然知ってくれた人や、なんとなく俺と出会った人の為に自己紹介のページを作って固定にしてみようと思う。 長いけれど興味ある人はぜひ。最初にバンド、そこから俺の話へと。 二人目のジャイアンとはパーフェクトショーアップバンドと銘打って最高のライブをお届けする大所帯バンドだ。やべえ、ライブ楽しい。元気出る。笑って感動できる。でもコミックバンドじゃ

      • 確認はしない話(2000文字ぴったり)

        【注意】普段のブログとは全く違う、ちょっとした少し不思議な話です。 今のバンドとは違うグループで活動している頃の話。 友達に紹介されたその初めてのライブハウスはスタッフの人もめちゃくちゃ良い人だし、ロケーションが少し変わっていてテンションが上がっていた。 「ここってもしかして・・・」 「そうなんですよ、元映画館なんです」 映画館を改造してライブハウスにする。そこでのライブ。 それこそ渋谷のWWWや実は日本中に沢山あるのだけど、当時の自分にとってそれは初めての経験で、

        • 「行けないけど頑張ってください」問題に終止符を打つ(3203文字)

          SNSが浸透した昨今、直接アーティストとファンの間でコミュニケーションができるようになったからこそ出てきたお話 「ライブやります!」 といった告知に対して、 「行けないけど頑張ってください!」 といったお返事から波及する諸問題である。 今から七年前に声優の緒方恵美さんのこんなつぶやきからいろいろな反応が生まれた さて、ここでも始まっております、異種格闘技戦。緒方さんが伝えたかった事と(想い)を全く違う形で受け取り、傷つき、そして拡散されていった経緯。すれ違う事すれ違う

          • 選ぶ自由と胸を張る無銭飲食(2845文字)

            サマソニ声出し問題こちら我々業界や、そのファン、またはこのニュースを目にした人の間で盛り上がっている。 どのような意見が戦っているかというと ルールがわかっている上で出演を決めたのにそれを破るなんてとんでもない と 海外では声出すのなんて当たり前だ。そもそも他の外タレも声出させてる。ワンオクがフェスの現状にカザアナあけてくれた! 当たり前だけど擁護派と否定派での熱い戦い。 SNSで議論が盛り上がるときは大概空中戦で実は同じ世界線にないのだけれど、今回も無事そんな感

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • お題トーク!
            MASA(二人目のジャイアン)
          • あの頃僕は若かった
            MASA(二人目のジャイアン)
          • 感情を過不足なく言葉にする
            MASA(二人目のジャイアン)
          • 日々思う事
            MASA(二人目のジャイアン)
          • 世の中を勝手に憂いたバンドマンがなんとなくモノを言うブログ
            MASA(二人目のジャイアン)
          • 音楽とワタシ
            MASA(二人目のジャイアン)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            二人目のジャイアン エレメンツ!! を始めた理由(3672文字)

            ごきげんよう、心の友よ 二人目のジャイアンVocalのMASAだ 【 二人目のジャイアン エレメンツ!! 】とは何ぞ俺、VocalのMASAとドラムYocoがドラムをDJに変え、二人目のジャイアンの曲をパフォーマンスするユニットである。 今回のnote更新の理由 ラジオやツイキャスなどを欠かさず聞いてるぜ!なんて方はともかく、この情報が氾濫している昨今、「あれ?MASAさんなんか新しい事また始めた?バンドどうなってんの?」なんて不安になっている心の友を置いていかないぜ、

            同じ様で同じ事ではない

            感情を表現するものは多くあるが、言葉ほど便利で、だからこそ難しいものはないと思う。自分が言う「正しい言葉」とは文法や礼儀的な「きちんとした言葉」とではなく、形のない感情を「より過不足なく言葉にする」という意味で使っている。 最近こんなニュースがTwitterのタイムラインで流れてきた。 書評家の豊崎さんがTikTokで本を紹介している方に向けて発したツイートが発端となり、活動を休止。まあまあ燃えた。 あの人、書評書けるんですか?という1文が完全に個人攻撃なので、SNSと

            好きなYOUTUBE・コーディネート・マスクしてマイクののりなど

            お題トークでございます。 のんびり聞いてください。

            帰ってくる!あのイベントが!!その名は ~MASA FES’21!! ~

            2019年MASAがやりたいことを詰め込んだ、今見たい心の友だけを集めたライブイベントその名も MASA FESパワーアップして帰ってきます! 今回情報公開されたのはまず日にち! 2021年11月21日(日)!!そして場所! SHINJUKU ReNY (新宿)前回より広くなりました!楽しみ! では早速第一弾出演者発表! 二人目のジャイアン!! はい!俺たちです!この後も続々発表になります!お楽しみに!!やばいよ!! 前回も様々な仕掛けで楽しんで頂きましたが、

            トレンド5位!キネマ俱楽部が揺れた日。

            昨日はTHE REAL AKIBA BOYZ ONEMAN LIVE 『ENCOUNTER WITH “THE G”』が東京キネマ倶楽部で行われた。 この日の為に準備してきたことの集大成 ダンス×バンドのワンマン。もう3回 積み上げた一年。俺が参加する大きなライブやフェスの時はいつも晴れる。暑い日だ。間違いない日になるな。会場に向かいながらそう思った 東京キネマ倶楽部に入ってサウンドチェック。キネマ俱楽部は元キャバレー。日本の中でも相当雰囲気のあるイベントホールだ。大好

            7月24日を前に

            ごきげんよう、二人目のジャイアンVoのMASAだ。 二日間のリハーサル、ゲネプロを終えて帰宅し、倒れるように眠ってスッと目が覚めたらまだ真夜中だった。時間は1時ちょっと過ぎたところ。 思ったよりも疲れていたようだ。 不思議なもので起きたら起きたで眠れなくなる。人間の神秘。 せっかくだからブログを書いておこう。 7/24のTHE REAL AKIBA BOYZ ONEMAN LIVE 『ENCOUNTER WITH “THE G”』キネマ俱楽部。 良いものが仕上がってき

            世の中に憤ってるあなたに捧ぐ

            なんでだろう、嫌だな。 そんな風に思う事、生きてたら沢山あると思う。 どんどん便利になるよね。でも幸せだなって声聞こえづらい気がする。もしかしたらそうではない人の声が大きいだけかもしれないんだけど。 SNSってどうしても闇のエネルギーの方が強い気もする(厨二チック) あとSNSの影響か、長い文章読めない人増えたんだってさ。 よっしゃ、今日も2000文字越えていくぜ! 2019年ReleaseしたKeep On Music。 これに収録されている「I don’t know

            RABの配信に遊びに行ってきたよの話

            ごきげんよう心の友よ。MASAです。暑いね。 昨日は1週間後に控えたTHE REAL AKIBA BOYZ ONEMAN LIVE 『ENCOUNTER WITH “THE G”』 -BAND DANCE LIVE 1ST ANNIVERSARY IN TOKYO KINEMA CLUB-のプロモーションをしたいから配信に遊びに来てほしい、と言われて遊びにいってきたよ。 詳しくはYOUTUBEにあるのでお時間ある人は見てちょうだい。 今回のライブにもゲスト出演が決まった

            アウト×デラックスでの衝撃

            7月15日夜、遅めのバンドでのZOOMミーティングの後作業を終えて何気なくTVをつけると『アウト×デラックス』(フジテレビ系、毎週木曜23:00~)が放送されていた。。 『アウト×デラックス』は、独特の世界観を持って生きているこだわりの人たちを招き、矢部浩之さん(ナインティナイン)、マツコ・デラックスさん、山里亮太さん(南海キャンディーズ)とアウトなトークを展開するトークバラエティであり、見るたびに世の中には色々な人がいるものだと感心したり衝撃を受けたりする10回中8回くら

            眠れない夜に ちょっとだけ怖い話

            ちょっとだけ怖い話です。今まで話した感触としてはお化け得意な人にとっては何一つ怖くなく、苦手だなって人もそこまでではない言ってしまえば、辛そうで辛くない少し辛いラー油みたいなもんですね、アレうまい。 でも読めないのは寂しいわって方の為に目次で飛べるようにしておきましょう。先輩とのドライブからは飛ばしてね!。1ミクロンも面白くはないと思いますがまとめまで飛んでね! 大学の同級生のA君大学の同級生でいつもつるんでる二人がいた。F君とA君だ。F君はバリバリの津軽弁を話せるのにほ

            もう記憶の中にしかないラーメンが教えてくれた事

            出会いの数だけ別れがあるというが、その「別れ」を自覚できることはおおよそ半分くらいではないだろうか。それこそ仲間や家族、新しい始まりのための引っ越し、のように言わば「きっかけ」があればそこに紐づく「別れ」も際立って記憶に残る。 記憶にない別れの方が実は多いと思うのだけれど、いつまでも覚えていて惜しんでしまう事とどちらが幸せなんだろうか。 深い話をしているようですが、今日はラーメンの話です。 ある日、深夜のジム帰りに舌がある味を思い出した。最初は夕食で食べたものが思い出され

            立ちションを擁護して戦っている人たちがいた話。

            こんなニュースがありました。マスクしてないとか、この状況下でとか、こう、もどかしい思いとか俺も感じるし、怒っている人も沢山いるみたいだね。色々我慢している立場とか、頑張っている医療現場の人たちやそこに関わる人たちの気持ち考えると憤るけれど、そこに関しては触れません。 んで、ちょっと気になることがあったので取り上げていきたいと思う。 第1に俺はこの方々に詳しくないので、これに怒っている!とか事実がわからないことは多い世の中なのよ、というのも知っているので、その大きな問題では