愛は比べようもなく

愛は比べようもなく

   愛は比べようもなく
                  文月 悠光 

かけるべき言葉もなく
腕組みし合う日曜日。
幸福のかたちを思いあぐねて
わたしたち、ねじれてしまった。
ふくよかな花を立たせているのは
根のしぶとさと、地のしたたかさ。
春の風に倒されては
しなやかに身を起こす。

星と星を結ぶ線の手つきで
人は愛の地図を描き出す。
宇宙のスクリーンに投じられた、
迷い子のわたしたち。
どの星も一様に眩しくて
わたしには比べようもない。
かける言葉が無いならば
遠く呼んでください。
あなたの声が耳奥を撫でて
わたしの身体に
わたしの名を刻み込む。
あなたの声帯は
わたしの名にやわく震えて、
あなたの立つ場所を知らせるだろう。

夜空は無数の輝きを
濡れた瞳に明けわたす。
光は線を振りほどき、
波紋のようにひろがった。
見えない星は闇を塗りつぶして
いつしか、その色を深くする。


初出:読売新聞 2016年4月22日夕刊
 「タイトルに〈比べる〉という語を用いて詩を書いてください」という依頼を頂き、書き下ろした詩です。

---------------------

 ※この記事は「投げ銭」制を導入しています。記事の続きはありませんが、もし気に入っていただけましたら、下記ボタンからお願いいたします。

この続きをみるには

この続き: 0文字

愛は比べようもなく

文月悠光 Fuzuki Yumi

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

投げ銭・サポートは、すこやかに書ける環境づくりに使っています。■詩作講座のお知らせ&(そこそこ最新の)掲載情報は、Twitterをご覧ください◎ https://twitter.com/luna_yumi

気に入って頂けて嬉しいです!
15
詩人☪18歳で中原中也賞|『臆病な詩人、街へ出る。』書籍化!▶︎https://amzn.to/2q3K4TF |詩集『わたしたちの猫』試読▶︎https://bit.ly/2Iue6Wt |『洗礼ダイアリー』▶︎https://bit.ly/1IAZn2v|告知はツイッター🕊

こちらでもピックアップされています

【作品・雑記】ここだけのお話
【作品・雑記】ここだけのお話
  • 42本

詩作品/エッセイ/書評ほか(note限定で公開)

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。