文月悠光 Fuzuki Yumi

詩人☪18歳で中原中也賞|『臆病な詩人、街へ出る。』書籍化!▶︎https://amzn.to/2q3K4TF |詩集『わたしたちの猫』試読▶︎https://bit.ly/2Iue6Wt |『洗礼ダイアリー』▶︎https://bit.ly/1IAZn2v|告知はツイッター🕊
    • 文月悠光 詩と朗読ムービー
      文月悠光 詩と朗読ムービー
      • 54本

      詩の朗読の音声・動画をまとめています。YouTubeに再生リストがあるので、併せてどうぞ⇒https://www.youtube.com/playlist?list=PLnijSCAT8sRmATRqswMXbBzDlkDWTnpxY

    • 【回想譚Ⅰ】水を飲むように書く
      【回想譚Ⅰ】水を飲むように書く
      • 0本
      • ¥500

      29歳→30歳の詩人(10歳から詩を書いているアラサー)がエッセイを書いてみるリハビリ。note限定公開◎ 記事単体も購入できますが、2話以上読まれるならマガジン購入がお勧めです。ワンコインで全話読めます。*5本書いたら「Ⅱ」に移行する予定。(執筆内容は、後日加筆修正の上、別媒体や書籍に載せる可能性があります。ご了承ください)

    • 【作品・雑記】ここだけのお話
      【作品・雑記】ここだけのお話
      • 46本

      詩作品/エッセイ/書評ほか(note限定で公開)

    • 【連載中】エッセイ〈回遊思考〉
      【連載中】エッセイ〈回遊思考〉
      • 6本

      カルチャー誌「ケトル」にて連載中のエッセイ〈回遊思考〉各回を順次アップします。2014年6月より連載開始。担当編集者さん了承の上、基本的に無料公開です。記事のシェア、ご感想のツイート、投げ銭サポート歓迎いたします。

    • 第3詩集『わたしたちの猫』試し読み
      第3詩集『わたしたちの猫』試し読み
      • 6本

      3年ぶりの詩集『わたしたちの猫』、ナナロク社より発売中▶︎https://nanarokusha.shop/items/5a0137a4c8f22c063c001bae 一部の詩を試し読みできます。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

【本日発売】エッセイ集『臆病な詩人、街へ出る。』が立東舎より本日発売されました!📚🌠
JK詩人からの脱却を図った体当たりエッセイ集です!推薦文は岸本佐知子さん、カバー写真は岩倉しおりさん。書き下ろしや書籍版ならではの仕掛けも!🙏
http://fuzukiyumi.com/news/323/

【朗読】わたしは差し出す

00:00 | 00:30

綿毛に包まれた種たちは 土のぬくもりを知っているから、 風のなかへ飛び込むのだろう。  * だれに受けとられなくてもいい、 わたしは差しだす。 どこに届かなくてもい…

【朗読】風と球体

00:00 | 00:30

きみとひとつになれなかった、 わたしを壊されそうで。 互いの傷あとを包み合って そとへ 手放せたなら 砕けてもいい。 わたしは軽くなる。  * 割れない泡のようなこ…

神様の存在を信じたくなるとき――イ・ラン『神様ごっこ』について *追記あり

*2016年11月に執筆したエッセイです。  黒い服を着た女性の端正な横顔の写真。ふしぎな表紙の本、と思って手に取ると、アルバムだった。歌のCDと、エッセイが収められて…

終わりのない回遊魚たちへ

 友人が会社を辞めてフリーランスになった。上昇志向の彼は、度々業界への不満をこぼしていたし、彼が「無能」呼ばわりする上司への愚痴を聞かなくて済むと思うと、異業種…

【朗読】ティンカーベル

00:00 | 00:30

ティンカーベル、勇気を抱いて。  * これを何と名づけようか。 ぬぐっても ぬぐっても ぬぐいきれない熱が頬の上にあって わたしから降りてくれないのだ、 妖精のつま…