マガジンのカバー画像

CAREER~FUNDINNOで働く人たち~

14
FUNDINNO社員のインタビューをお届けします!
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

2024年4月現在 募集中の職種一覧

地元の銀行で営業を5年間・上場企業でM&A支援を4年間経験した私が、ベンチャー企業の審査に惹かれた必然〈伊佐野豪士〉

 はじめまして。  株式会社FUNDINNOで資金調達を希望される企業様の審査を担当しております、伊佐野豪士と申します。  この記事では、私が所属する企業審査部門の日常業務とその魅力について5分ほどで紹介したいと思います。  もし、この記事を読んで「あれ?もしかして、自分って伊佐野と似たキャリアだからFUNDINNOと合ってるかも…」と思った方は、ぜひお気軽にご連絡くださいね! ◆地元・埼玉の銀行からなぜFUNDINNOにたどり着いたか?  今年で33歳になる私のフ

4社目で感じるこの会社の魅力。FUNDOORのコミュニティマネージャーはこんなに新しい〈FUNDOOR事業部・猪狩千尋〉

  はじめまして!  株主管理・経営管理プラットフォーム・FUNDOOR(ファンドア)でコミュニティマネージャーを務める株式会社FUNDINNOの猪狩千尋です。  この記事では、私がなぜこの業務に携わるようになったかと同時に、FUNDOORコミュニティマネージャーの魅力をお伝えできればと思います。  とはいえ、多くの方にとって「コミュニティマネージャー」という仕事はあまり馴染みがないのではないでしょうか。  はじめに、コミュニティマネージャーとはどういった仕事なのかを

ベンチャーのCTOだった私がFUNDINNOに転職した理由〈システム開発本部 白藤卓也〉

 はじめまして、2022年6月にFUNDINNOに入社したシステム部所属の白藤卓也(しらふじたくや)です。  福岡県生まれの現在34歳、株主管理・株主総会・財務管理をサポートするクラウド経営管理ソフトのFUNDOORのエンジニアとしてリモートで働いています。  ここではFUNDINNO入社約半年の私がFUNDOORのエンジニアとして働いている理由とその魅力をご紹介いたします。 ◆前職ベンチャー企業CTOからの転職  はじめになぜ僕がFUNDINNOで働き始めたのかを簡

日本初・未上場株の売買市場をつくった私だからこそ語れる前例なきサービスの魅力〈FUNDINNO MARKETチーム・文屋克隆〉

◆はじめまして。新卒3年目、部長の文屋克隆です  はじめまして、株式会社FUNDINNOの文屋克隆(ぶんやかつたか)と申します。 FUNDINNOには慶應義塾大学経済学部在学中にインターンとしてジョインし、2020年に正社員として入社しました。  現在新卒入社3年目、FUNDINNO MARKET事業部の部長を務めさせて頂いています。  この記事では、私たちのチームの紹介に加え、現在募集しているチームメンバーの詳細についてお話いたします。 ◆未上場株を「買う

このチームの特長は「みんないい人」としか言いようがない〈FUNDOORチーム・中村丞〉

 はじめまして。  現在、株式会社FUNDINNOで株主管理、株主総会、財務管理支援ツールのFUNDOORのサービス責任者をしている中村丞(なかむらじょう)と言います。 ※私が学生インターンから新卒でそのままFUNDINNOに入社した経緯についてはこちらのインタビューをぜひお読みください。 「中央大学法学部で弁護士志望だった僕がインターンから入社した理由」 ◆2名から50名のチームに急成長中です  今回は、FUNDOORのチーム紹介と、私たちが今どんなサービスを行って

”攻めの法務”はこんなに楽しい。弁護士の私が感じるFUNDINNOの魅力〈インハウスローヤー・鵜飼剛充〉

いま、弁護士の働き方が多様化しています。  かつてのように大手弁護士事務所に所属し、経験を積んだ後に独立するのではなく、企業に所属し、ビジネスと法律の両方のプロフェッショナルの道を歩む弁護士が少なくないのです。  企業や官公庁、学校に籍を置く、いわゆる「インハウスローヤー」と呼ばれる企業内弁護士がそれです。    2001年の段階では国内で66人だけだったインハウスローヤーは、2021年には2820名にまで増えています(※1)。インハウスローヤーは今、弁護士の新たな働

三浦海岸で朝釣りをしながらフルリモート。自社開発の喜びを伝えます〈システム開発部・柳原悠斗〉

はじめまして、株式会社FUNDINNOシステム開発部の柳原悠斗と申します。  私がFUNDINNOに入社したきっかけは友人の紹介です。話を聞いた時から株式投資型クラウドファンディングというビジネスモデルがおもしろそうだなと思い、2018年2月に入社しました。  私が入社したのは会社設立から3年も経っていない今よりも規模がずっと小さかったころです。FUNDINNOが成長していく過程を私はエンジニアとして4年以上共に過ごさせていただきました。 ◆受託とは違う。日本初のサービ

エンジニアとして「FUNDINNO」を開発した私が感じるJCCで働く魅力

みなさま、初めまして。株式会社日本クラウドキャピタル(JCC)のCTO・神谷公平と申します。 JCCの両代表である大浦学さんと柴原祐喜さんとは知り合って約7年になります。 フリーのITエンジニアとして「FUNDINNO」の開発を担当した私は、2017年に正社員としてJCCへ入社。 2018年10月からCTOという役職に就いています。 今回は私の「FUNDINNO」を開発するまでの経緯や、開発チームの現状などについてご紹介します。 フリーのITエンジニアの方々にもJC

大手証券会社にいた私が、大森南朋さんのCMを見てJCCへ転職した理由

みなさま、初めまして。株式会社日本クラウドキャピタル(以下、JCC)営業部の森山悠華(もりやま・ゆか)と申します。 私は大手証券会社で勤務していた当時、テレビCMでFUNDINNO(ファンディーノ)の存在を知ったことを機に、2021年4月、JCCに入社しました。 なぜ証券会社のリテール営業担当だった私がJCCに入社したのか。 同じ「証券会社」という括りでその魅力をお伝えしたいと思います。 ◆早稲田時代はダンスに夢中。インストラクターまでこなしていた時は私が18歳のころ

25歳で起業した私が、起業7年目でJCCの正社員になった理由

みなさま、初めまして。株式会社日本クラウドキャピタル(JCC)で、現在FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)という新サービスの開発を担当している鎌田洸輝(かまた・こうき)と申します。 (東急百貨店渋谷本店でFUNDINNO発行者の商品を期間限定で出品。琉球アスティーダの有延大夢選手と) 私がJCCに出会ったのは2018年11月のこと。 私は業務委託でFUNDOORというスタートアップの株主管理・経営管理ソフトの立ち上げに携わることになったのがきっかけ

スノーボード選手歴8年の私が感じる、JCCでベンチャー企業100社超に触れる魅力

みなさま、初めまして。 株式会社日本クラウドキャピタル(JCC)のクリエイティブチームの寺島直人(てらしま・なおと)と申します。 高校を卒業してから8年間はスノーボード選手として活動した後、テレビ制作会社に入社し、外資系生命保険会社に転職して営業マン向け動画を制作する仕事をしていました。 そんな私がJCCに入社したのは2018年のこと。 入社後は資金調達を行う発行者(FUNDINNOで資金を募るベンチャー企業のことです)の紹介動画や、投資家の方に読んでいただく募集ペー

中央大学法学部で弁護士志望だった僕がインターンから入社した理由

みなさま、初めまして。株式会社日本クラウドキャピタル(以下、JCC)の中村丞(じょう)と申します。 留学時代の写真 私は2018年7月から学生インターンとして資金調達に関わる煩雑な作業の最適化・効率化ツールの『FUNDOOR』(ファンドア)の開発に携わり、現在も開発チームの中心メンバーとして業務にあたっています。 今回この場をお借りして、弁護士を目指して中央大学法学部に進学した私が、インターン先だったJCCで大学生兼正社員となり、今日までこの会社で働き続けるようになった

アパレル業界歴10年だった私が、金融ベンチャーで働いた理由

みなさま、初めまして。株式会社日本クラウドキャピタル(以下、JCC)で経理をしている大塚冴(さえ)と申します。 私はJCCに入社したのは 2020年9月。 社歴としてはちょうど1年が経ったばかりです。服飾系の高校と専門学校を卒業した私はアパレル業界での経歴が長く、JCCに入社するまで経理の実務経験もありませんでした。 JCCとは無縁のキャリアを歩んでいた私がJCCへ異業種から転職した経緯と、私が思うJCCという会社の特徴について、今回はご紹介させていただきます。 異業