深澤諭史

弁護士(第二東京弁護士会)。IT関連事件,ネット上の表現トラブル,刑事弁護,弁護士法令問題などを中心に取り扱っています。主な著書に「その「つぶやき」は犯罪です」,「弁護士のための非弁対策Q&A」「Q&A弁護士業務広告の落とし穴」「インターネット権利侵害Q&A」。
    • 請求者と発信者のための発信者情報開示請求&賠償請求実務解説

      請求者と発信者のための発信者情報開示請求&賠償請求実務解説

      • 10本

      *記事は、よく読まれている/読んで欲しい順にしてあります* 弁護士として、請求者、発信者、プロバイダの弁護をしてきた経験に基づき、一般市民向けに、この分野の法律実務を解説しています。3桁の裁判例、あるいはこれまでの相談対応の経験に基づき、よくある誤解、デマについても解説しています。分量は多いですが、非専門家向けの解説で、全てを無料で利用できます。

固定された記事

自己紹介(弁護士 深澤諭史)

最終更新:令和3年10月11日 以下,私のプロフィール(経歴や役職,著作等)になります。 ウェブサイトにも掲載されていますが,基本的にこれ(ブログ掲載)が最新になりま…

集客力がアップする!弁護士のためのネット広告入門

最近、新しく弁護士向けの書籍を出しましたので紹介させていただきます。 「集客力がアップする!弁護士のためのネット広告入門」という本を、学陽書房様から出させていた…

服部啓一郎弁護士のnote紹介!

今回は私が所属している服部啓法律事務所の代表弁護士である、服部啓一郎弁護士のnoteを紹介したいと思います。 といっても、まだノートへの投稿を始めてから、あまり経っ…

発信者情報開示請求の特殊性とネットのデマに関するつぶやき

最近、発信者情報開示請求について、請求者の側だけではなくて、発信者の側からも、相談を受けることが増えています。 その中で、これはいかがなものか?と、問題であると…

ネット上の表現問題で「自分は投稿した覚えがないって反論すればOK」って話がありますが(最近の質問)、条文上、原則開示を拒む理由にならないのですよね。ネットde真実の法律情報って判例ガー判例ガーっていうわりにごく基本の条文を読まないので、驚く誤りが出てきます(・∀・;)

ネット投稿者の責任についてのまとめQ&Aを更新(通算54回目)

Twitterやメールで同じ質問を何回か頂戴したので、回答を加えました。 Q84.発信者です。発信者情報開示請求に係る意見照会書に対して出した回答は、相手方に知…