新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【開催レポ】今しかないこの瞬間を残せてる?|第5回オンライン両親学級『夫婦会議』のすすめ 〜夫婦で『家族写真づくり』を話し合おう!〜|ゲストオフトーク&視聴者感想まとめ

夫婦会議【公式】(Logista株式会社)

ご機嫌いかがですか?『夫婦会議』です。

ちょっぴり(いや、かなり…?)遅くなりましたが、先月8/28に開催した第5回目の「オンライン両親学級『夫婦会議』のすすめ 〜夫婦で『家族写真づくり』を話し合おう!〜」の開催レポートをまとめました╰('ω' )╯


そもそも「オンライン両親学級『夫婦会議』のすすめ」とは?

「オンライン両親学級『夫婦会議』のすすめ」は、夫婦で子育てに楽しく取り組むための『夫婦会議』のキッカケが詰まったトークライブ形式の無料イベントです。

MCは、【夫婦会議ツール】夫婦で産後をデザインする「世帯経営ノート」(キッズデザイン賞受賞)の開発者、Logista株式会社の長廣夫婦。

毎回ゲストに、テーマごとの専門家をお招きし、妊娠・産後・育児期のより良い夫婦のパートナーシップづくり、家庭内のより良い子育て環境づくりに向けて「夫婦で話し合ってみてほしいこと」をテーマにトークを展開。

参加者の皆様がテーマごとに“わたしたち(夫婦)”としての答えを見出すヒントを掴めるよう、寄せられるお悩みやご質問にも時間が許す限りゲストと共にお答えしていきます!


イベント本編動画(約1時間)

第5回目のゲストは、
一般社団法人日本おひるねアート協会 代表理事の「青木 水理」さん。


夫婦で『家族写真づくり』を話し合おう!をテーマに

●家族の思い出は“写真”で豊かになる
●妊娠・出産の家族写真づくりのポイント
●産後・育児期の家族写真づくりのポイント

の3つのポイントを中心にお話を伺いましたが…

●家族写真と共に育ってきた経験が原点。実家には自分を含めた3人の子どもたちの写真、更に孫6人の写真などが至るところに飾られており、子どもたちからも両親に還暦祝いでアルバムを作成してプレゼントしたりするなど、「家族の絆が写真で深まる」ことを実感している。

●必ずしも家族写真を残さなければいけないということはないが、「何のために家族写真を撮る?何のために残す?」ということを一度考えてみてみるのはオススメ。「育児をがんばっている自分を含めた人生の記録」「幸せの記憶の保管(どんどん忘れていく)」「子どもたちに“愛されている”というお守りとして残しておきたい」など、いろんな動機が見えてくる。

●「撮られるのが恥ずかしい」という思いの裏には、部屋を綺麗にしなくては!スッピンは嫌!産後ボロボロの自分を撮られたくない!などがあることも…。ただ、「後で撮っておけば良かった」と思ってもその時には戻れない。取り敢えず撮っておいて、気に入らなければ後で消すこともできる。

●家族写真に対する夫婦間の価値観は様々。写真嫌いだったり、今すぐの必要性を感じなかったりする人もいる中で、夫婦・家族だからと写真を撮ることを無理強いするのはオススメできない。写真に対して熱量の高い方がまずは動くこと。その中で「私が大切にしているものを、あなたにも大切にしてほしい」と、気持ちを共有することは大切。

●子どもの写真を部屋に飾ると子どもの自己肯定感が高まるという研究結果が出ている。「私は注目されている、愛されている」という効果がある。また、子どもに「どの写真を飾りたい?」と選ばせるのも一つ。子どもが家族の何に注目しているかが見えてくる。

●写真は、未来を見据えて撮る。妊娠・出産・産後・育児期それぞれに「20年後」を想定した写真、愛おしい瞬間が蘇るようなシーンを意識して撮ると良い。特に「ママと赤ちゃんの日常」をたくさん撮って!(後悔の声多数)夫がどうしても撮ってくれない…という時には三脚+リモートシャッターでの自撮りもおすすめ。

●写真は見返して話してこそ価値がある!写真をアルバムにして残す際には「写真+言葉」という組み合わせもおすすめ。撮影者が誰で、どういう風に見てくれていたのか?撮った人の気持ちまで記録されていると一層良い思い出になる。

●写真のデータの保管に掛かる費用は必要経費と考える。水没や焼失などで呆気なくデータが消えることはある。クラウド保存を含め、三重・四重で色んな媒体で保管しておいた方が心配がない。

など、3児のお子さんを育てる母として、妻として、娘として…そして、「写真を通じた家族の絆づくり」に邁進してこられた組織の代表として、具体的で役立つ素敵なお話をたくさん聴かせていただきました。

トーク終盤では、「涙の場面やケンカの場面、価値観が衝突するなど、夫婦・家族の間にはいろいろあるけれど…」というお話もありましたが、日々の色々なシーンの中から生み出される「家族写真」を見返しながら夫婦・家族でアレコレ話し合うことの楽しさや大切さについても共有いただけたように思います!

視聴者の皆様からの感想(一部抜粋)

イベント当日にLIVE視聴頂いた皆様からは…

●写真を通して、「家族」の結束力や愛が感じられました。子どもの自己肯定感が高まるのなら、写真を積極的に飾っていこうと思いました。

●想像以上に「家族写真」の大切さを実感する機会になった。これまで夫婦間で話題にならないテーマでしたが、どんな風に子どもたちに思い出を残していくか夫婦会議をしてみたい!

●日々の家事育児に手一杯でアルバムに残せていませんでしたが、一人で抱え込まずに夫と一緒に協力して作っていきたいなと思いました。

●いつも夫が積極的に写真を撮ってくれているものの、データを夫婦で共有できていなかったので、まずはそこから夫婦会議をしてみます!

●家族写真は、夫婦や家族の絆を強くしてくれるキッカケにもなるんだと感じました。

●「妊娠中は体型が変わっていくからあまり写真を撮られたく無い」と言っていた妻の考えが変わり驚きました。イベントの中での「今しか残せない」「誰に見せるわけでもなく自分たちだけのもの」という話が印象に残ったようです。自分たち夫婦や子どもの記念として、今からでも積極的に写真を撮っていこうと話しています。

など、本当にたくさんの嬉しいご感想をお寄せいただきました。

無料イベントとして継続していく上で、とても励みになります(つД`)・゚・
ありがとうございます!


ゲストとのオフトーク動画(約18分)

オフトークの中でゲストの青木さんが、

長女が生まれ「世の中にこんなに愛おしくて大切な命がある」ということを感じた。その気持ちをどうしたら残せるんだろう?と思ったことが写真を生き甲斐にするようになったキッカケ。

「家族写真」はその名の通り、家族のための写真。子どもがいる人であれば、それは子どものためにもなると思う。

人は忘れていくもの。その中で、悩みや悲しみ、喜びを分かち合ったり…共有のカタチが残ることは素晴らしいことだと思う。原点に立ち戻る上でも、写真だけでなく「記録」することの大切さを感じている。

と話されていますが…

お話を伺うほどに「家族写真」が撮りたくなる!笑
そんな“家族写真愛”にあふれた時間になりました。

忙しさを理由につい後回しになりがちな
家族の行事や思い出をどう記録に残すか?

その方法や取り組むタイミングは、結局ご夫婦・ご家族次第かと思いますが、「今しか無いこの瞬間」を写真で記録に残していくことで、夫婦・親子・家族の絆を実感できる機会が増えることは間違いないと思います!

ご視聴いただいたパパ・ママの皆さんにも、自分たち夫婦・家族なりの『家族写真づくり』について、まずは『夫婦会議』をはじめてみてもらえたら嬉しいです!٩( 'ω' )و

おいそがしい中、ゲスト登壇いただいた青木さん、そして、数あるイベントの中から「オンライン両親学級『夫婦会議』のすすめ」にご参加いただいた視聴者の皆様、本当にありがとうございました!

0828オフトーク


次回の「オンライン両親学級『夫婦会議』のすすめ」は?

第6回開催告知

子育て夫婦のパートナーシップを育む『夫婦会議』の事業を展開するLogista株式会社では、コロナ禍の新しい取り組みとして、2021年4月より妊娠・産後・育児期のご夫婦向けの無料イベント「オンライン両親学級『夫婦会議』のすすめ」を毎月開催して参りました。

夫婦会議について学び、体験する場としての
「夫婦会議の始め方講座」「夫婦会議の体験講座」や、
夫婦会議ツールのユーザー様向けの
「夫婦会議の実践会」とは異なり…

無料で気軽にご参加いただき、夫婦で子育てに楽しく取り組むための『夫婦会議』のキッカケを掴んでもらう場として開催してきた「オンライン両親学級『夫婦会議』のすすめ」。

初年度となる2021年は…

第1回:夫婦で『産後のリアル』を話し合おう
第2回:夫婦で『産休・育休』を話し合おう
第3回:夫婦で『産後ケア』を話し合おう
第4回:夫婦で『育児期・育児後の幸せ』を話し合おう
第5回:夫婦で『家族写真づくり』を話し合おう

の全5回、テーマごとに様々な専門家をゲストにお招きしながら、妊娠・産後・育児期のより良い夫婦のパートナーシップづくり、家庭内のより良い子育て環境づくりに向けたトークを展開してきたようなカタチです。

で…!

有難いことに毎回好評だったこの取り組みを
今後も継続していきたい!と思いつつ。

実は主催でMCを務めるLogista株式会社の長廣夫婦自体が、
11月に第2子の出産を控えておりまして╰('ω' )╯

いよいよお休みせねばどうにもならないね…( ´∀`)b
という段階に突入しましたので、
以下スケジュールで「夫婦同時での産休・育休」
取得することに致しました。

▼夫婦同時での産休・育休期間
2021年10月4日(月)〜2022年1月31日(月)

※上記期間中も「世帯経営ノート」「夫婦会議ノート」等の『夫婦会議』のツール販売・発送業務は継続しております。お買い求めはコチラから。

というわけで、毎回楽しみにしてくださっていた皆様には申し訳ありませんが、「オンライン両親学級『夫婦会議』のすすめ」についても上記期間は開催を休止させていただきます。

再開は、2022年4月以降を予定
(第6回目のゲストとテーマの発表は育休明けの2月頃を予定)

7年ぶりの妊娠・出産・産後・育児ライフを通して、私たち夫婦自身『夫婦会議』を重ねながら一層夫婦のパートナーシップを強めて戻ってきます♪

引き続き、夫婦会議【公式】のnoteをはじめ、
各種SNS
をフォローして最新情報をチェック頂けると嬉しいです。

いつにも増して長い開催レポートになりましたが最後まで目を通していただきありがとうございました。

皆さんまたきっとお逢いしましょう!
それまで皆さんも、どうかお元気で♪


▼『夫婦会議』公式note
https://note.com/fufukaigi

▼『夫婦会議』公式Twitter
https://twitter.com/fufukaigi

▼『夫婦会議』公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCmodHVTAA7jpBihatU5XNZg

▼『夫婦会議』公式Instagram
https://www.instagram.com/fufukaigi1122/

▼『夫婦会議』公式facebook
https://www.facebook.com/fufukaigi

▼主催(Logista株式会社)






この記事が参加している募集

イベントレポ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
夫婦会議【公式】(Logista株式会社)

『夫婦会議』に関心を寄せてくださりありがとうございます。 いただいたサポートは、新しい『夫婦会議』のツールやサービス開発費の他、こうしたキッカケを必要とする人に届けていくためのPR費用として活用させて頂きます。 フォローやシェアでの応援も大きな励みになります:*(人´ω`*)

夫婦会議【公式】(Logista株式会社)
“わたしたち”で答えを創る『夫婦会議』。 #世帯経営ノート #夫婦会議ノート などの #夫婦会議 のツール・サービスを中心に、結婚・妊娠・産後・育児期の夫婦のパートナーシップを育む情報をお届けします。👉 https://www.logista.jp/