松平こどもサークル・かのこ

豊田市松平の地域特性を活かした、小学生向けのオルタナティブスクールづくりをしています。かのこは鹿の子。鹿はかみさまの遣い、そんなかみさまの遣いの子であることを想い起こせるようなかかわりを目指しています。

松平こどもサークル・かのこ

豊田市松平の地域特性を活かした、小学生向けのオルタナティブスクールづくりをしています。かのこは鹿の子。鹿はかみさまの遣い、そんなかみさまの遣いの子であることを想い起こせるようなかかわりを目指しています。

    最近の記事

    半分本当で半分創作

    夏休み明け早々から珍事件! これは本当の話 里山のフリースクールとうたっているだけあって、 自然環境が豊かな場所で活動しています。 夏休み明けの初回、 7名のメンバーが集まりました。 みんな久しぶりの再会が嬉しそうでした。 代表の私が、都合で午後から参加したのですが、 私が到着する寸前に事件。 田舎あるある その事件というのは、 白昼堂々、うりぼうが出現したのだそうで。 初めて見る子も居て、中には怖がってしまう子もいました。 最初、事件の全貌がつかめず、 うりぼ

    スキ
    3
      • メンバー1人ひとりが魅力的~そのままでいい~

        【かのこスタッフ対談・第1回】 かのこの活動では、スタッフは手弁当でボランティアです。でも、スタッフのそれぞれが何かしら魅力を感じてくれているから、続いているのだとも思います。どんなことが魅力で、面白くてやりがいがあるのか、聴いてみたくて対談を企画しました。 第1回は、副代表の飯沼絵美(えみちゃん)に代表安藤さち子(くらら)がインタビューしました。 くらら;かのこの活動は、どんなところが面白い? えみ;メンバー1人ひとりが、学校とのかかわりが困難で、つながりづらくて、かの

        スキ
        5
          • 共創の楽しさ

            今日の活動の展開はとても興味深いものでした・・・ 前回のふりかえり 前回は「ナイトかのこ」という特別企画を実施しました。 集合を15時にして。夕飯を作って食べてホタルを観て帰るという内容です。 買い物予定のスーパーにお願いをしたら、バックヤードツアーもさせてくれて、盛りだくさんの日でした。 話し合いの結果、カレーライスは必須、そしてコウケンテツさんのチキン南蛮を作りたい!と決まっていました。 参加者が総勢17名でしたので、材料の全てを5倍にして作ったり、思った以上に時間

            スキ
            3

            ここは自由なんだよ!

            ことさらに、「自由な場」と言ってきていないのですが、メンバーはそう認識しているようです。 あるメンバーの叫び 先日、あるメンバーが活動中に叫びました。 「かのこは自由な場なんだよ! ぼくは、ここにほっとしに来ているんだ。 だから、これじゃ台無しだ!!」 って。 どうも、他のメンバーから、ああしてこうしてと指示されたことが嫌で言い返した様子。 彼の叫びにいろんなことを想いました・・・ メンバーの認識 「ねーねー、かのこをフリースクールにしようよ」と言われたことがあり

            スキ
            3

            気楽さ、活き活きさ、多様性、ありのまま、そして勇気づけ

            “家庭には介入しない方針なんだよね?!” そうそう、おおかたその通りなんですが、全体を言い得てもいない感じがあります・・・ いくつかのモデルを参考に この活動をするにあたって、いくつかモデルになっている場があったりしますが、それらを足して二で割ったとでもいうのか、私たちはこの辺りでいきたい、という方針がありました。 それが、「家庭には介入しない」です。 でもどうもこの表現がしっくりきていません。 肯定的な表現にしたらいいのか? 一言で言い表しきれないだけなのか・・・?

            スキ
            6

            内側から元気になる!

            「もっとはやく出会いたかった!」と若いスタッフさんが語りました・・ 仲田さんに会いに行ってきました 昨日は、友人の紹介で、一般社団法人HATOが運営する、宿泊自立訓練「若者の家」を訪ねました。 代表である仲田さんのお話を聴くといいかもしれない、というオススメで。 仲田さんは遅れてやってきて、 その間に、若いスタッフさんたちがいろいろとお話をしてくれました。 かのこ以外にも市民活動団体さんが来ていて、一緒に輪になって話すことに。 懐かしい心地よさ 仲田さんのサポートを

            スキ
            3

            こどもたちのミーティング

            これがうまくできたりできなかったりなのですが、日々の積み重ねを大切にしています・・・ テーマは大事 話し合うテーマがこどもたちにとって関心事項であったり、当事者意識が持てるものであることは言うまでもなく重要です。 みんなの関心ごとを扱いたいと思っても、うまく機能しない日もあります。 かと思えば、ウクライナとロシアの話をじっくり語り合えるような日もあります。 今回のテーマは、 「森か屋内か」でした。 前夜の大雨で、朝から森での活動は適当でないとスタッフで判断し、集合は屋内

            スキ
            3

            Think deeply ,Act easily

            エコアクションなどでよく言われている、Think grobally, Act locallyという合言葉のかのこ版?! 沖縄での経験 自己紹介が中断したままなので、沖縄在住のことに触れてきていませんが、7年半ほど沖縄本島で暮らしていました。 大学を出て、専門学校とソーシャルワーカーのパートを経て移住。 そこには、頭でっかちの新米ソーシャルワーカーが居ました(私)。 一緒に働いていたスタッフさんたちが、 「まずやってみよう!」とよく言うんですね。 私は、すごく抵抗があり、

            スキ
            4

            コンフォートゾーンをひろげる

            ここ最近、どうしても着手できない事柄があり、そう言えば、コンフォートゾーンじゃないせいだ、と気づいたのでした。 グーグルドキュメント お恥ずかしながら、グーグルドキュメントの使い方がいまいちわかっていません。 かつてのエクセルのように、使っていくうちに慣れて行くだろう、と思ってきました。 しかし、エクセルほど必要に迫られる場面に遭遇してこなかったために、まったく遣いこなせていません。 そんな時に、ある記事についてのお仕事がやってきました。 わからないことが重なった時

            スキ
            3

            サークル対話あれこれ

            最近はサークル対話の時間がマンネリ化・・・ なかなか集まらない! 「じゃあ、そろそろ始めようかー」とサークル対話の時間を促すも、慣れてきたメンバーがなかなか集まってこなくなりました。 そんな時は、気長に待って、ゆるゆる始めていることが多いです。 少し前は、当事者意識のある話題には、急に耳を傾けてくれるということもありました。 また、今日はやけに集中して、長い時間同じテーマで語り合ったなという日もあります。 パスOKなので、半分の子がパスっていう日もあったりします。

            スキ
            3

            街にも繰り出そう

            里山のフリースクールですが、街に繰り出すチャンスもあります! お泊り会 昨年も案はあったのですが、実現できなかった「お泊り会」。今年は、夏休み直前に実施します! ある市民活動家の方に、お泊り会の話をすると「あなたのモチベーションはどういうところにあるの?」という、問いをもらいました。 問いを投げかけてもらうって素敵なことですよね。 お泊り会しようって思ったモチベーションかぁ・・?! 一言で言って、メンバーがきっと喜ぶだろうなって。それしか思い浮かばなかったです。 実

            スキ
            3

            コミュニティについて

            いつもなら、スタッフに「聴いて聴いて!」とその感激を伝える場面ですが、もっとnoteを気軽に編集しよう、という意図でこちらに表現してみます。 今、私たちにどんな問いが必要か かのこのスタッフである私たちに、あるいは、この場に今もっとも必要な問いはなんだろうかと考えていました。 視点や切り口を求めていたのだと思います。 これこれ!というものに出会いました。 『学習する学校』 第3部のコミュニティの章に書かれていることが、そうそう!これこれ!となりました。 第3部は、

            スキ
            12

            かのこという名前に込めた想い

            名前の由来をどこかで話そう、例えば、正会員さんの集まる場でかな?とずいぶん先を想定して考えていましたが、今ここにしよう!と思い立ちました。 前段がありました 小学生向けの活動をするよりもずっと以前に、未就園児のお散歩会を企画していました。 豊田市はお母さんたちのネットワークが盛んな地域なのではないかな、と当時は特にそうだったと記憶しています。 交流館などが準備してくれる子育てサークルだけにとどまらず、あちこちに子育てサークルがありとても活発でした。 お散歩会もその一つ。

            スキ
            7

            新年度がはじまります♫

            新年度の活動がスタートするにあたって、まずは説明会です。 初年度の一年間をふりかえって年度末は、あちこちに活動の報告をかねて挨拶まわりをしました。場所を貸していただいていた地主さん等々。 次年度の方向性をお伝えしつつ、大きな事故やケガがなく終えられたことを感謝とともにお話しました。 またあらゆる場面で、お志をいただきまして、ほとんど手弁当だった活動に資金的なバックアップも少しずつ得ることができました。この場をお借りしてあらためて、感謝申し上げます。ありがとうございました

            スキ
            8

            スタッフミーティング

            月初めにスタッフミーティングを行っています。 情報量が多いこういう活動は、どうしても情報量が多くなるものでしょうか。丁寧にこどもを見ようとしたり、みんなの気持ちや合意形成を大切にしようと思うと、情報量が多くなるのでしょうか・・・。 この問題をどうしたら、スマートにできるのか、あれこれ考え中です。 たとえば、こども一人ひとりの様子は、音声メディアで共有してみたり・・。これは私自身もやっていて楽しいのですが、それで全員のことを網羅するのは難しかったり。 スタッフも勇気づけ

            スキ
            6