FISHERMAN JAPAN -フィッシャーマン・ジャパン-

漁業のイメージをカッコよくて、稼げて、革新的な「新3K」に変え、次世代へと続く未来の水産業の形を提案していく若手漁師集団。公式サイトはこちら https://fishermanjapan.com/
    • FISHERMAN COLLEGE for YOUTH

      水産業の最前線で活動する変革者のもとで学び、課題解決に取り組む実践型インターンプログラムです。

    • 三陸水産イノベーションサミット

      60年ぶりのオリンピックを控え湧き上がる日本、それがコロナウイルスにより想像もし得なかった状況に。このコロナ禍により社会システム、国民の価値観、流通の在り方が全て変わりました。100年に1度の大きなパラダイムシフト(社会変革)です。 しかし三陸には1,000年に一度の大震災を乗り越えなお、コロナ禍にも果敢に立ち向かい、新しい価値創造に邁進する水産事業者達が沢山存在します。 『あの大震災を乗り越えた我々なら出来る』 大震災から10年、三陸から、日本の水産業のカタチを変えようとする胎動が聞こえます。

    • 三陸水産イノベーションプロジェクト

      青くあれ。 三陸には、頑張っている人がどれだけいることか。私たちは、誰よりもそのことを知っています。 震災による甚大な被害、設備の復興。水産資源が減少する中で、試行錯誤しようにも担い手は足りない。魚食は減少しているのに、品質と価格への要求は高まるばかり。さらにはコロナによる社会の変化。どんな苦難にも逃げることなく、地道に取り組む人たちがたくさんいます。 だからこそ私たちは、今、この事業をスタートします。挑戦する人の背中を支えるいくつものプロジェクトを。水産業の未来を担う人をつくるために。 三陸は、他の海とは違う。だから数えきれない挑戦が生まれました。それはきっと、この国の水産業にとっての希望です。私たちは、あなたの参加をお待ちしています。

    • すべてのマガジンを表示

【2年目の挑戦】TRITON パートナー第一弾『次世代の若手漁師と一緒に作った牡蠣の潮煮』

漁師もうれしい。水産加工会社もうれしい。海産物の新しい売り方を提案する「TRITONパートナー」の商品が今年もついに発売開始です。去年は30時間で売り切れ、増産するもす…

高い視座と伴走力をーフィッシャーマン・ジャパンインターン磯部高弥

水産業と異分野との人材交流は、何を生み出し、変えていくことができるのでしょうか? 知らないからこそ、知らない場所だからこそ、その良さや可能性に気づくことができる…

Breaking Barrier――、わたしは、ピンチをチャンスに変える! フィッシャーマン・ジャパン・マーケティング 海外事業部 村上日…

東日本大震災当時、多くの国や地域の人々が救いの手を差しのベてくれた。 その温かい思いに触れて、自分の言葉で気持ちを伝えることができなかった少女は今、地元の美味し…

フィッシャーマン・ジャパン担い手担当・高橋由季

フィッシャーマン・ジャパン(以下FJ)事務局の中では数少ない生まれも育ちも石巻の高橋由季さん。東京の大学に進学するために一旦石巻を離れましたが、転職で石巻に帰って…

フィッシャーマン・ジャパン担い手担当・渡部更夢

2021年にフィッシャーマン・ジャパン(以下FJ)へ新入社員として入社した渡部更夢さん。大学生時代に石巻と出会い、漁師と出会い、どっぷり水産業に浸かりながら働いていま…

フィッシャーマン・ジャパン担い手担当・島本幸奈

フィッシャーマン・ジャパン(以下FJ)立ち上げメンバー唯一の女性として、漁師と向き合い、支え続けてきた島本幸奈さん。今や彼女がいないこの団体など想像もつかないほど…