見出し画像

いつもと違う冬を過ごそう|UNPLAN Village Hakubaスタッフ募集

はじめまして、UNPLAN Village Hakuba スタッフのりょうこです。

今まさに2年目の冬に向けて準備真っ只中ですが、今シーズンの白馬はいつもと違う冬になりそう。

UNPLAN Village Hakubaについてお話しつつ、どんなシーズンになりそうか、今思っていることを思うままに書いていこうと思います。

UNPLAN Village Hakubaのこと

施設について
UNPLAN Village Hakuba があるのは、栂池高原スキー場のすぐ近く。

画像4

建物が2棟あります。
バス停が目の前でアクセス抜群のUNPLAN Village Hakuba 1。

1階にカフェ、地下にはバーも併設しています。
ドミトリーからユニットバス付きのお部屋まで。

そして景色が最高な屋上も!
夏はゲストやスタッフみんなでよくBBQや焚き火をしました。
火を囲みながら満天の星を眺めてそのまま少し寝ちゃって、お部屋に戻ると服から焚き火のにおいがするのが、とっても大好きでした。

画像1

画像2

画像3

ここから歩いてすぐの場所にUNPLAN Village Hakuba 2 があります。

1の建物とは少し違う、どこか懐かしい落ち着く雰囲気なんです。
個人的にはこっちの建物がお気に入り。おばあちゃんちみたいなにおいと、吹き抜けの木造階段がかっこよくて好きです。

そしてなんと言ってもUNPLAN2はゲレンデが目の前!

画像5

画像6

(写真の雪が少ない!と思いましたよね、ごめんなさい!ダイニングの窓から一面に広がるゲレンデの写真を頑張って探したのですが、オープン前に撮ったこの写真しかなかったんです、、本当はもっと積もります、もっと人が滑っています、、!)

オープンから1年、ここで素敵な出会いがたくさんありました。

スタッフについて
こんなUNPLAN Village Hakuba で日々働くスタッフを少し紹介します。

白馬オープンからのスタッフ、ギュンギュンと私。

ギュンギュンは、UNPLAN KagurazakaとShinjukuでフロントスタッフとして働いた後、白馬マネージャーとしてオープン時からずっと引っ張ってくれています。
先ほど紹介した素敵な屋上もギュンギュンのDIY!!
おいしい韓国料理を振る舞ってくれるみんなのお兄さん的存在です。
今年の冬はゲストたちといっぱい一緒に滑りたい!と意気込んでいます。

私、りょうこは、元々UNPLAN Kagurazakaのカフェのアルバイトでした。
もっとUNPLANで働きたい、と思ったタイミングで白馬がオープンすると聞き、1年前に引っ越してきました。UNPLAN白馬のカフェMelt by UNPLANの担当をしています。
今年こそスノーボードを極めたい!

そして今シーズンからキッチンスタッフとして一緒に頑張ってくれる雄平さん!

画像12

飲食歴10年以上の雄平さん。縁あって今シーズンから白馬に来てくれることになりました。写真の通り、料理が大好きで、コミュニケーションをとるのも大好きな雄平さんが白馬をますます盛り上げてくれると期待しています!
ギュンギュンと私は早くもまかないが楽しみ。。

さくっとですが、こんな3人がUNPLAN Village Hakuba にいます。

今年の冬はこうなりそう

画像7

昨年オープンしたばかりの私たちですが、この1年で目まぐるしく状況は変化しました。
バタバタでオープンしたあとは、雪不足。そしてコロナ。

不安なことや心配なこと、たくさんありますが、逆を見れば今までと違う、今シーズンだけの楽しみ方ができるんじゃないかな、と思っています。

いつもみたいに、リフト券を買うのに並んで、リフトに乗るのに並んで、結局混雑していて思いっきり滑れない、、というようなシーンとはまるで変わるような気がしています。

白馬は海外からのゲストが多い場所。
今頃には、また海外から日本に来れる世界になっていたらいいな、という淡い期待を抱いていましたが、なかなかそうはいきませんでした。
さらに国内からも去年までのような団体や大人数のお客さんはなかなか来ないと思っています。

そしてもう1つ去年と違うこと。
今年はなんか雪が降りそう、、!!

これは希望も込めてですが(笑)
白馬の人たちからは、今年は降るんじゃないか、という話をちらほら聞きます。
少なくとも去年白馬に引っ越してきたこの時期とは明らかに景色が違います。

スノーリゾートとしては人が少なくて寂しい気もしますが、いっぱい滑りたい人にとっては大チャンス!
周りのスキー・スノーボードが好きな人たちは今シーズンはいっぱい滑るぞ!と気合十分です。

あとは雪に包まれてのんびりしたい人。
私はスノーボードをやるんですけど、ずーっと下手くそなんです。
でもゲレンデはなんだか好きで、よく転んだまま、ついでにしばらく雪に包まれていたくてぼーっと寝転んでいます。
でも、周りの迷惑になるので、たまーにしかできないのですが、今年は思いっきり雪の上でのんびりできるんじゃないか、と少しわくわくしています。

思いっきり滑り倒したい人も、雪世界の中でのんびり過ごしたい人も。
今シーズンはそれができちゃうんじゃないかな、と思っています。
そしてそんな冬はきっと今年だけ。

UNPLAN Village Hakuba の目指すもの

今シーズン、私たちが目指すもの。

「家族みんなで過ごせる場所にしたい」

画像9

UNPLANの東京店舗はドミトリールームが多く、比較的若いゲストや1人でくるゲストが多かったんです。

白馬は場所もリゾート地、さらにプライベートルームが多いので、ファミリーの方にも多く来ていただいています。

冬の白馬といえば、スキー・スノボの印象が強いですが、スノーチュービングや雪上ファットバイクなど、まだまだ知られていない楽しみ方がたくさんあります。

例えば、お父さんとお子さんは外で雪遊び、お母さんはその間ゆっくりコーヒーを。
帰ってきたらみんなで温泉に行って、そのあとはUNPLANであたたかい夜ご飯。

そんなふうにUNPLANで家族それぞれが心地いい時間を過ごしてもらえたら嬉しいです。


「若い人たちが交わる場所にしたい」

画像10

そうは言っても、今までのUNPLAN同様、"予期せぬ出会い”がある場所であり続けたいです。

今年の夏、たくさんの若い人たちが来てくれました。
最初は名前も知らなかった人たちが、同じ期間・同じ場所に滞在している、それだけでどんどん距離が近づいていくのを感じました。
気付けば一緒にお出かけしたり、お仕事したり、夜ご飯を食べたり。

人と人とが交わる瞬間をUNPLANにいるとたくさん目の当たりにします。
今年の冬もそんなふうに出会いが生まれる場所になったらいいなと思っています。

画像12

1年間白馬で過ごしてきて、目指すものが少しずつ見えてきました。
たくさんの人がUNPLANに泊まってくれて、たくさんの楽しみ方をしてくれたからです。

UNPLAN白馬は決して新しい建物ではないし、便利な場所にあるわけでもありません。
古くても使えるものはできるだけそのまま使っているし、最寄りのコンビニまでも車で10分かかります。

それでもUNPLANでの滞在がよかった、と思ってもらえるように。家族みんなにとっていい旅行になったり、滞在中に思いもよらない出会いがあったり。そんな空間にできたらいいなと思っています。

最後に

いろいろ書きましたが、、
何よりも外を見渡せば全てを吹っ飛ばしてしまうくらいの自然があります。
ないものがたくさんありますが、それ以上に都会の生活にはないものが白馬にはあります。

まだまだ私も知らない白馬の魅力がたくさんあります。
1年間住んでもいまだに北アルプスの壮大さに圧倒されます。
飽きることなく毎日”綺麗だなあ”と心から感じます。

白馬の素敵なところを皆さんに届けられるように、まずは今シーズン私たち自身もいっぱい楽しんでいっぱい伝えていこうと思っています!

そして、これを読んで今年の冬、白馬に行ってみたい!今年はいっぱい滑りたい!と思ってくれた方がいたら嬉しいです。

画像9

UNPLAN Village Hakubaの今シーズンを一緒に盛り上げてくれる仲間も募集中です。
たくさん滑って、時々働いて、楽しい冬を過ごしたい方!お待ちしています。

宿泊のご予約も受付中!
12/18〜12/24まで通常の半額以下で泊まれるシーズンインキャンペーンはこちら!

Go To Travelキャンペーンを使ってお得に滞在できるリフト券や夜ご飯付きのプランはこちら。

読んでいただきありがとうございました。
今年の冬、白馬でたくさんの出会いがあることを楽しみにしています!

画像13


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
29
ホステルを運営し、関わる人にサプライズを与え、「予期せぬ出会い」をもたらす会社、FIKAの公式アカウントです。東京、長野でUNPLANというブランドで宿泊施設を運営しています。このアカウントではそんな会社の裏側にあるモノ・人・思いについて発信しつつ、社内報なども上げていきます。