日々雑感

3
ノート

彷徨う日々

職場に置いてるハンドグリップを2kgから5kgにかえた。「強くなりたいのか」と上司に突っ込まれたが、そんなつもりは毛頭ない。仕事に集中したい時は、だいたいグレン・グールドのバッハ「ゴールドベルク変奏曲」を聞きながらハンドグリップをにぎにぎしている。「羊たちの沈黙」や「そして父になる」でも使われているので聞いたことがある方は多いはずだ。

昔、五代ゆうという作家のライトノベル「機械仕掛けの神々」には

もっとみる
Have a nice day ! (´∀`*)ウフフ
2

52万5600分の日々

メンターと食事をしながら「いま一番欲しいもの、もしくはやりたいこと」について話す。ふたりともお金で買えるものはあまり欲しくない点は合致しており、このあたり、私の親しい仲間に共通している考えである。飛び抜けて高給取りでもなく、平均年収をふらふらしたまま、どこか貪欲さに欠けている。息抜きに旅行に行きたいとか、陶芸を習いたいとか、誰にも読まれない小説を延々と書きたいとか、手の伸びる範囲で満足しつつある。

もっとみる
Have a nice day ! (´∀`*)ウフフ
6

ライトノベルの話

スレイヤーズの時代

ースレイヤーズは、1989年に創設された「ファンタジア長編小説大賞」の第1回準入選作品です(第1回は大賞は出ていません)。ライトノベル界の御三家といっていい「角川スニーカー」「電撃」「富士見ファンタジア」ですが、その中でも最古の小説賞の最初の受賞作品なわけです。その最初のアニメ化は、1995年のことでした~中略~あのヒットが無ければ、ハルヒもわっちもふもっふもかのこんもバッカ

もっとみる
Have a nice day ! (´∀`*)ウフフ
1