見出し画像

一緒に考えてみませんか。日常生活の中にあるSDGs

自分の街の現状知っていますか?考えたことありますか??
田中は・・・なーんにも考えずに住んでいます。
緑の某コーヒーチェーン店ができたときは最高にうれしかった。それくらいしか考えていませんでした。
でもお隣さんが亡くなった。小学校のクラスが減った。そんな話も聞きます。人口減少。次々に起こる自然災害。しっかりと向き合わなければいけないのかもしれません。。。

さあ、そんな中行われたのが、妙高市のことを考えようの会!(田中命名)
真面目に書きます。今夏にオープンしたばかりの「テレワーク研修交流施設(MYOKO BASE CAMP)」にて、「妙高山麓フューチャーセンター」※1×「妙高市SDGs普及啓発実行委員会」 のコラボレーションによる妙高高原地域の未来をSDGs視点で語り合うSDGs座談会が11月17日(木)にMYOKO BASE CAMPで開催されました。まず初めに妙高市企画政策課 葭原SDGs推進部長から「SDGs未来都市妙高の現状」をテーマとした講義を。その後フューチャーセンターの紹介があった後、最後に参加者全員で「妙高の未来」を意識した座談会を行いました。

講義の中では、SDGsについて説明がありました。SDGsには、17のゴールがあるが、日本の達成度は163か国中19位。ジェンダー(男女平等や性差別)や環境の分野で課題を抱えている。また、人口減少も激しく、合併当初(77年前)から半分の人口になっているとのこと。少子化も影響しているかと思いますが、進学や就職で県外に出てしまう人が多く、戻ってこないのが現状です。「妙高にきて素敵な街だね。おいしいものもある。ではさようなら」ではなく、何回も来てくれる関係人口や定住人口を増やしたいとお話ししておりました。

やっぱり人口減少している。そして世界ってSDGsもっと進んでるの!?
驚きですよね。ジェンダー平等は昔から言われてるけど改善されていないの?まだまだなんでしょうね。環境問題は地球温暖化!?

座談会で出たご意見ランキングトップ3を発表します(田中調べ)
第1位 妙高市の魅力をもっとアピールしたい!
   ・ネイチャービジネスができるポテンシャルがある
   ・水、酒、米がおいしいよ!!
   ・雪が当たり前の環境で過ごしてきたが、貴重な自然資源だ
第2位 日々SDGsを感じよう!
   ・経営している飲食店では脱プラにするなど取り組んでいる。
   ・獣害対策で奪った命をいただくジビエにも力を入れていただきたい
   ・一日をSDGsで振り返ったらどうだろうか。
第3位 若い人を巻き込みたい!
   ・Uターンしてきたら友達がたくさん転出していた。
    若い人を巻き込めることをどんどんやってほしい。
   ・地域の活動に若い人も参加してほしい!

大いに盛り上がった座談会でした。皆さんの思いはただ一つ。『妙高をもっと知ってもらいたい!妙高は素晴らしい魅力にあふれているんだ!』熱い思いを共有できてとても良い時間になったと思います。

※1妙高山麓フューチャーセンターは地域創生の実現を目的として、令和2年2月に設立した団体です。

この記事が参加している募集

SDGsへの向き合い方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!