新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

365日大学って?

こんにちは。クリックありがとうござます。

株式会社アスクの会長 小山秀一が提唱者で、校長を勤めます、365日大学。
と言っても本当の大学ではありません。
シニアのみなさんが集まり、自分の知識を思う存分発揮し、一人一人が生徒であり講師にもなるというなんとも、斬新な楽しい場所を提供しているのです。

人生はいつまでも愛にあふれ、ワクワク、ドキドキして、やりがいがあり、健康で暮らせることが一番。自分の存在が人に良い影響を及ぼす。そんなことを願い、実践する人々の集いの場。それが「365日大学」。

こんなワクワクするようなコンセプトのもと、活動しています。
毎朝、9:00〜10:00の1時間。365日大学サテライトオフィスにて。
コロナ渦ですので、あのZoomを使いオンラインで自宅から参加です。平均年齢は75歳。中には松本から、飯田からと参加されています。コロナ渦だからこそできた新しい挑戦だったのではないでしょうか。ピンチをチャンスに!これからますます進展する「オンライン社会」「IT難民」にならないように平均年齢75歳の方々が必死にZoomを覚え、参加してくれます。中には90歳を超えている方もいらっしゃいます!やり方をお孫さんが教えてくれたり、おじいちゃんの発表をZoomなので県外にいるお孫さんが見に来ることができるんです。見ているだけでほっこりしますよね。
校長の小山はみなさんのために、何度も何度も練習し、今は教えることができます。ニューヨークにいる娘さんに朝レクチャーを受けていたことは内緒です。認知症予防のためにも新しいことを覚えることを進めています。

何と言っても、人生経験豊富なみなさんのお話を毎日聞くことができるのが365日大学の魅力です。そして自分自身もお話しすることができるできます。感想を言い合ったり、質問したり。

時には、生徒ではない講師の方のお話も聞けます。
ある有名な飲食店の社長さんや、「東大」に二人の息子を入学させたお母さん。など様々な方が365日大学を盛り上げてくれています。そんな私も、365日大学の講師を1度だけさせていただきました。アスク若手社員として(笑)こんな若輩者が30分、みなさんの前でお話をさせていただきました。お褒めのお言葉や励ましのお言葉、厳しい質問などありがたいご意見をいただき、私の初体験を盛り上げていただきました。

土日は365日大学農園部です。飯綱と信州新町に畑をお借りしているのです。野菜などを育てています。飯綱の畑には私もお手伝いさせていただきました!枝豆を植えてきました!信州新町では椎茸などの植え付けもしました!みなさん楽しそうです。イキイキしてます!

そんな365日大学をNHKイブニング信州が取材をしてくれました!先日放送されたのですが、NHK長野局のサイト内の“Discover信州”にもアップしていただいてあります!ぜひご覧ください!

私はまだ人生の半分くらい。私たちが70歳になった時どんな世の中になっているのでしょうか。人生100年時代。働くことを終えた自分の居場所をつくることができたら幸せですよね。
もう一つは、私たちの親です。65歳を過ぎて定年を迎えた後、家にずっといるのかな、って心配になったりしませんか。また新しいことができる場所がここにあります。
気になった方は、ぜひ詳しいお話を校長小山からお聞きください!ワクワクした毎日が待っていますよ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
1
株式会社アスクててて 「ててて」という会社の名前の由来... 誰もが「〜したくって」という思いをお持ちではないでしょうか。その「て」を繋ぎ合わせるお手伝いをしたい!手と手を取り合ってみんながしあわせになれますように。私たちは頑張っていきます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。