見出し画像

町中でお地蔵さんを見かけなくなったなあと思ったことから

私は、お地蔵さんの写真を撮るのが好きだ。
お地蔵さんを見かけると「撮らせて下さいね」と声をかけて、ついシャッターを押す。

おじ蔵さんの表情を見ていると、どこか心がほっこりする。

お地蔵さんというのは、私が子どもだった頃は、道のあちらこちらにひっそりと佇んでいて、地域の子供達を守ってくれている存在、身近で安心できる、自分たちを見守ってくれている存在だった。

この続きをみるには

この続き:2,153文字/画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
新しい記事を書くのはたびに、記事を有料化し、こちらにどんどんまとめていきます。本数が増えたら、マガジンの金額が変わるかもしれません😅

新しい記事を書くのたびに、既存の記事を有料化し、こちらにまとめていきます。読み返したいと思ってくださった方は、応援の意味も込めてマガジ...

または、記事単体で購入する

町中でお地蔵さんを見かけなくなったなあと思ったことから

谷本惠美(執筆業・カウンセラー)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます、うちのワンコにジャーキーを、にゃんこにチュールーを買わせていただきます。

とってもうれしいです♡ 書く意欲につながります。
13
カウンセラー・作家。カウンセリングルーム「おーぷんざはーと」(大阪)1991年設立(https://othpage.com/)。著書「モラハラ環境を生きた人たち」(而立書房)「カウンセラーが語るモラルハラスメント」(晶文社刊 現在9刷)他 共著あり。執筆依頼、お待ちしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。