服部 弘一郎

映画批評家。1966年東京生まれ。著書に「銀幕の中のキリスト教」(キリスト新聞社)。編著に「シネマの宗教美学」(フィルムアート社)がある。現在は名古屋市在住。 http://eigakawaraban.wordpress.com

ベトコンラーメンのこと

2週間続いた在宅勤務も最終日なので、今日の昼食はベトコンラーメンにした。名古屋にはこの地域でしか食べられないご当地グルメが多く、それらは「名古屋めし」と総称され…

名古屋の映画館はもうじき再開?

愛知県の緊急事態宣言が解除され、映画館の営業もようやく再開できそうです。営業再開前に、現在の映画館の様子を見てきました。以下は2020年5月14日の、名古屋市内の映画…

引き出しの中のコンデジたち

現役でまだ使っているものもそうでないものもありますが、何となく手放さないまま机の引き出しやクローゼットの収納ケースに放り込んであるコンデジを紹介しようと思います…

コンパクトカメラの終わり

フィルムカメラの時代から、コンパクトカメラが好きだった。写真がデジタルになってもそれは変わらず、購入するカメラのほとんどはコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)だ…

聖書を読めばキリスト教がわかる?

キリスト教について知りたいなら、聖書を読めばいい。そう思っている人は多いと思います。しかしあえて乱暴な言い方をしますが、これはとんでもない大間違いです。  そも…

続・銀幕の中のキリスト教

昨年7月に、キリスト新聞社から「銀幕(スクリーン)の中のキリスト教」という本を出した。古今東西の様々な映画を取り上げ、その中にあるキリスト教的なモチーフを紹介し…