見出し画像

会社で初めて産休・育休をとって復帰した体験談

こんにちは。広報の石塚です。
私は産休・育休を経て、2021年春にエディプレックスに復職しました。
産休前はデザインチームに所属しフルタイムで働いていましたが、復職後は広報として時短勤務をしています。
実は会社として初めての産休育休取得となったので、今回はその体験談をお話できればと思います。
これから産休・育休を取得する予定のある方に何か少しでも参考になれば幸いです。

はじめに

当然、エディプレックスにも産前産後休業規定・育児休業規定は存在しておりました。
しかし、今まで既にお子さんがいて働いてる方は多数いても、産休・育休を必要とする社員がいなかったため、実際に産休・育休を取得することになったのは私が第一号となりました。

1. 報告

画像5

妊娠が判明した時、まず悩むのが職場に報告するタイミングかと思います。
何があるかわからないので安定期入ってから報告するのが良いかなとも考えましたが、私は体調面の不安やエディプレックスには産休育休取得の前例がないことから何かと準備を要するのではないかと思い、早めに報告することにしました。
ちょうど中間面談のある時期だったので、そのタイミングでまず代表(兼デザインチームマネージャー)の岸田に伝えました。
これから何かと迷惑をかけてしまうことに申し訳なさがあったのですが、笑顔で祝福していただき心が軽くなったのを覚えています。
その後チームメンバーにも報告し、悪阻で体調が悪い時などとても支えていただき、結果早めに伝えて良かったと感じています。

その裏では、総務を中心にバックオフィスの方々が産休育休制度について手続き等調べていただいていたかと思います。

2. 周知と引き継ぎ

画像5

安定期入ってから全社に報告し、産前休業に向けて引き継ぎや採用など諸々進めているタイミングでコロナウイルスが蔓延し始めました。
まだコロナの実態が分からない中、都内にも感染者が増えてきて出社することが不安になり、リモートワークをしたい旨を相談しました。
今でこそリモートワークが主流となっているエディプレックスですが、当時はまだリモート環境やルールが定まっていなかったので、体調も考慮いただき、結局そのまま早めの産休をいただくことになりました。
とはいえ産前休業は出産予定日の6週間前から取得可能なものなので、残っていた有給休暇を組み合わせたりしたのですが、支給される育児休業給付金を損しないよう、総務の方が休暇の取り方なども調べたり考えたりしてくださり大変有り難かったです。

予定より大分早く休むことになったため、引き継ぎが急ぎ足になってしまったり中途半端になってしまいご迷惑をかけたのですが、みなさん優しく送り出してくれました。

3. 産休

画像5

そして長い休暇に入ったのですが、お腹も大きくなってきているしコロナで外出も怖いしで、ほとんど家でのんびり過ごしていました。
(ちょうどその頃「あつまれ どうぶつの森」が発売し、ひたすらやっていた記憶があります…笑)

予定より長い産前休業を経て、2020年5月に無事出産。
出産後は形式上8週間の産後休業に入るのですが、身体のダメージと慣れない育児に追われ、産前とは違いまったくのんびりできなくなりました。
正直、休暇感はゼロです。(あつ森を起動する元気すらない…)
生活が一変し、会社で働いていた頃どんな生活してたか思い出せないなぁと思っていました。

4. 育休

画像5

8週間の産後休業を経て、そのまま育児休業に入ります。
あっという間に毎日が過ぎて行き、秋頃に保育園申し込みがはじまりました。
会社にも書いてもらわないとならない書類もあるので岸田に連絡をとり、久しぶりに面談をしました。(面談と言ってもかたいものではなく世間話もしたりと和やかな雰囲気です)
それからは復職に向け、月1度くらいの頻度で面談を行い、復帰後の働き方を相談したり、会社の近況などを教えていただいたりしました。

2021年になり無事に希望していた保育園への4月入園が決まり、いよいよ復職することになりました。
育休は子供が1歳になるまでの間で希望する期間取得可能なので、私は2021年5月末まで取得予定でしたが、住んでいる自治体の保育園入園の条件により4月末から職場へ復帰することとなりました。(自治体によって様々なルールや規則があるので事前に要確認です)
勤務時間も相談し、始業・終業時間ともに私の働きやすい時間で調整していただきました。

5. 復職

画像5

バタバタと準備を進め、1年2ヶ月ぶりにエディプレックスに戻ってきました。
子供と行動することがすっかり普通になってしまい、はじめは一人で行動することが身軽すぎてそわそわしましたし、
勤務時間は産休前から比べると3時間ほど短くなり気がつくと退勤時間になっていて、久しぶりの仕事と新しい環境に慣れるまで慌ただしい日々を過ごしていました。
しかし少しずつ慣れてくると、自分一人で行動できる仕事時間は良い意味でリフレッシュにもなり、逆に子供と過ごす時間はより大切に感じるようになりました。(慌ただしいことには変わりないのですが…)

そして復職してから誰もが一番悩むであろう子供の体調不良問題ですが、これはまだまだ慣れません。。
生まれてから保育園入園前までまったく風邪を引かなかった我が子ですが、保育園に通うようになり本当によく風邪をひくようになりました。いわゆる保育園の洗礼です。(また、子供が風邪引くともれなく自分にもうつるので、日々の体調管理も重要だなと感じてます)
そのため、急な欠勤や連続して休むことが多くなり迷惑をかけてしまうことが多く、仕方ないとはいえその度に申し訳ない気持ちになります。
ですが、エディプレックスのみなさんは穏やかで優しく、嫌な顔せず協力してくれます。本当に感謝です!

さいごに

今回はコロナもありイレギュラーなことも多々ありましたが、産休育休からの復職が無事できたのも周りの支えと理解があり、職場環境に恵まれていたおかげだと感じています。

育児と仕事のバランスなどまだまだ模索中ではありますが、今後他のメンバーが産休育休を取得する際には積極的にサポートしていけるよう、またメンバー全員が気持ちよく働けるよう、より良い環境を目指していきたいと思っています🌱

画像6


エディプレックスでは2022年3月現在、Wantedlyで求人募集を行っています。ぜひお気軽にお問合せくださいませ。
https://www.wantedly.com/companies/company_6037133

この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?