見出し画像

世界最強アメリカ女子代表を応援していたのは誰か?誰のための代表チームなのか?

FIFA女子ワールドカップ 2019フランス大会は、優勝候補筆頭のアメリカ女子代表が、圧倒的な力の差を見せつけて優勝した。決勝戦の会場はリヨン。6万人近くの観客を集め満員となった。チケットは発売直後にあっという間に売り切れた。FIFA女子ワールドカップ 2011ドイツ大会では、決勝戦のチケットは準決勝戦の開催途中まで購入できたのだから、この8年間で女子ワールドカップ が、いかに注目を集める大会になったかがわかる。

画像1

その多くはアメリカ女子代表を応援するためにやってきたアメリカ女子サポーターだった。 

では、アメリカ女子サポーターとは、どの様な人たちだったのだろう。テレビでは伝わりにくかったと思うので、現地で観戦した印象を紹介する。私はこのnoteをリヨンから帰国する機上で書いている。

長い列ができた女性用セキュリティチェック。

まず、スタンドの男女比だが6:4かそれ以上に女性が多かったように見えた。実際、スタジアムへ入るためのセキュリティチェックでは男性用のゲートはガラガラ。女性用のゲートは混雑していた。

画像2

アメリカ女子サポーターはどの様な人たちだったのか。

大きく4つのグループがいた。1人で観戦している人は少ない。

1 サッカーマニア

男性のみのグループか男女のグループ。今やアメリカではサッカーは人気スポーツ。男子のMLSはJリーグより1試合あたりの観客数が多い。アメリカの女子リーグは世界中の国内リーグで最も人気が高くポートランド・ソーンズは一試合平均1万5000人の観客を集めている

画像3

2 ファミリー

女性を含むお子さんと両親。更には祖父も一緒という組み合わせが目立つ。母娘でサッカーをしている家族も多いようだ。決勝戦の翌朝のホテルのラウンジではゆっくりと遅めの時間に朝食を楽しむ家族たちと遭遇した。

アメリカにはサッカーマムという単語がある。娘をサッカーチームに所属させ教育熱心なアッパーミドル階級の母親のことだ。サッカー母娘の社会的ステータスは高い。

画像4

3 女性グループ

若い女性のグループが多いが、中年から高齢の女性グループも。チームメイトか一緒に応援する仲間。女性グループが早朝のリヨンの街をジョギングしている姿に何度も遭遇した。

画像5

4 少女たちのサッカーチーム

サッカーチームの選手たちと指導者が観戦している。少女時代から大西洋を渡って世界一を決める試合を観戦できる貴重な経験は、次の世代のアメリカ女子代表選手の誕生につながるだろう。マンハッタンサッカークラブは多くの少女選手がグループとなって観戦していた。

画像6

スタジアムにはスポンサーブースやエンターテイメントを提供する「ファンゾーン」が設けられていた。そこでサンバの演奏に合わせてリフティングが行われていた。飛び入りでファンが参加するのだが、小さな女の子から大人まで、アメリカ女子代表のサポーターはリフティングが上手いことに驚かされた。

画像7

日本国内で開催されるなでしこリーグの試合の客層は高齢男性の比率が高い。

なでしこジャパンの試合でもコアサポーターと呼ばれるサポーターは男性が中心だ。しかし、世界最強のアメリカ女子代表のサポーターは、それとは全く異なる。大音量のコール、声援をスタジアム全体に響き渡らせていたのは、自らがサッカーをピッチで楽しんでいるサッカープレーヤーを中心とした女性だったのだ。ここまで声のトーンの高いコールやブーイングを聞いた試合は初めてだ。

画像8

アメリカ女子代表は高い人気とステータスのサッカーを楽しむ「アメリカ女性を代表するチーム」だったのだ。

現地の様子を動画でご覧ください。








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。あなたのご支援に感謝申し上げます。

ご覧いただきありがとうございます。
39
WE Love 女子サッカーマガジン主宰。元なでしこリーグ冠スポンサー担当者。著書「横浜F・マリノスあるある」「サポーター席からスポンサー席から: 女子サッカー 僕の反省と情熱」「日本のサポーター史」等。FIFA女子W杯は2007,2011,2019を現地観戦。

こちらでもピックアップされています

日本のサポーター論の入口
日本のサポーター論の入口
  • 107本

サポーターとは誰で何をしている人たちなのか。日本固有の文化とサッカーが融合して生まれたサポーターカルチャーを文章化した。日本のサポーター論の入口を紹介する。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。