中島晴矢 a.k.a DOPE MEN
「麻布が映した東京」【前編】
中島晴矢 a.k.a DOPE MEN
スクリーンショット_2017-06-23_11.10.56

「麻布が映した東京」【前編】

宮台真司 × 中島晴矢 司会 : 青木彬
00:00 | 00:30

※試聴版。オリジナル版(01:24:19)は購入後に視聴可能。

中島晴矢個展「麻布逍遥」(SNOW Contemporary)
関連イベント
「麻布が映した東京」
登壇者:宮台真司(社会学者)、中島晴矢(現代美術家・ラッパー)、司会 : 青木彬(ゲストキュレーター)
2017年6月18日

個展のテーマである「逍遥」のラジカリズム、また「麻布」や「東京」といった都市、さらにはその背景としての現代社会に関して議論するため、社会学者の宮台真司さんをゲストに招いて行われたトーク・イベント。麻布学園の後輩でもあり、宮台ゼミの出身でもある中島と宮台氏の掛け合いから、現代の都市や身体を巡る状況が浮かび上がる。

前編は、中島のたっぷりとした自作解説から始まり、それを受けて宮台氏のラブホテルや散歩デート、寺山修司の覗きと路上観察、路地の情欲といったエロス的な話題に。そこから、麻布学園の卓越主義といった各々の実存的な体験談を経て、戦間期モダニズムにおける関東大震災、帝都大改造計画、浅草から銀座への盛り場の変遷、川端康成・江戸川乱歩・横光利一ら文学者といった東京の歴史へと遡る。さらに、厠の匂いや祭り囃子が聞こえる都市に微熱感や共同身体性があり得た時代の情念や粋という概念を深め、それらをどう伝承していくのか、あるいはどういった都市がこれからの未来にあり得るのかを、現代美術や地域アート、建築の(無)機能性などの話題に触れながら、ジェントリフィケーションやコストパフォーマンス優先の利便性に抗う自由を求めて議論は逍遥してゆく。

「麻布が映した東京」【前編】

中島晴矢 a.k.a DOPE MEN

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
中島晴矢 a.k.a DOPE MEN
1989年神奈川県生まれ。現代美術家, ラッパー(Stag Beat)HP : http://haruyanakajima.com 法政大学文学部日本文学科卒業、美学校修了。主な個展に「麻布逍遥」(SNOW Contemporary)など