一万編計画

397

4次元の視点。

とどのつまり、って言ってしまうのは少し残酷かも知れないけどさ、君が描く空白はただの空白に…

長蛇の列か、短蚓の列か。

オーケー、世の中っていうのは詰まるところ順番待ちなんだ。努力を続けた人が強いっていうのは…

偶偶。

作業机の棚の上には、ラムネ瓶がある。その中にはエー玉がひとつ。年季を感じるのは当然、彼は…

純粋だから。

世界の全てを憎んでいるような目をした女が、私を睨んでいる。 「そうか、やっと分かった」 …

ジャム。

朝の車両は、まるでジャムを煮込んでいるみたいだ。具材はごった返し。やけに同じ具材が多いこ…

切り爪喰らい

爪を切ったら、屑箱に棄てることだけはやめた方がいい。切り爪喰らいが、夜の静寂にやってくる…

つるはしを携えて。

貴方はつるはしを威勢よく肩に立てかけて、採掘に行ってしまった。それがとても危険なことだと…

固陋。

「お前には、執念が足りないんだ。成功を掴むには、毎日悪夢を見なければならない」 兄貴は、…

母の爪痕。

先生。遡って恨む事はないのですが、私の背中には母の爪痕が刻まれております。母は爪の長い人…

ネクタイ。

ネクタイが上手く結べない。大学の卒業式以来結んでいなかったから、無理はないかもしれない。…