見出し画像

おやつな話。①ダイエット

 こんにちは。わたなべゆめのです。
 「おやつな話」と題して、ちょっとつまんでほっこりできるお話します。
 今回のお題はダイエット

 ダイエットっておやつとほど遠いですね、ごめんなさい。
 ごはんにまつわる乙な話を「おやつ」と題した形ですのであしからず。

 私は食べることがほんとうに大好きです。それはもう。
 おうち生活がスタートしてからも、ぱくぱくでした。むしろ食べることが1日の楽しみとかして加速したかも。

 ところがここで大きな問題が。
 「消費カロリ-減ってるの考えてなかった」事件です。
 これは女子大生には死活問題(だと私は思っている)です。
 そんなさなか、大学の課題で「1週間の摂取カロリーを計算する」
という課題がありました。(おやつもお酒も含む。)

画像1

 ↑のソフトを使って計算したところ、1日の平均摂取カロリーが発覚。
 まぁセーフゾーンでしたが、夜のカロリーが他の食事の倍という、なかなかよろしくないデータが。
 だってお父さんのおかずがおいしいんだもん。しかたない。

 とは言いつつ、「もうすぐ夏だしな」なんて考えたりもして。
 ざっくりだけど、夜を控えめにして、1日の内のバランスを整えるようにしました。そしたらね、

 1週間で1キロ減ったんです。

 いやもうびっくり。
 家族から「シュッとした?」とか言われて「まさっか~」って言ってたら1キロ1週間で

 ここで私が伝えたいのは、
 「可視化ってすごい」っていうことです。
 プチ認知行動療法みたいな感じだったのかな、と感じました。

 でもカロリー計算も食事記録も、ずぼらな私には面倒で続けられません。(先生ごめんなさい。)
 でも、ほんのちょっとの間だけなら続けられました。そのおかげで自分の食生活を知れました。(先生ありがとう。)

 いまは便利なアプリもあるみたいなので、ゆる~いスタイルでちょっと引き締めたい方にはこんなスタイルもいいかもしれません。
 毎日のごはんを知ることは、ごはんを楽しくできることなのかも、なんて思いました。

 やせすぎは免疫力を落とすなんて噂もあるので、私は今日もゆるく、引き締めを試みます。1キロかむばっくしてたって気にしないのです。
 今日もごちそうさまでした。おやつな話はこんな感じで軽くおはなしします。

 食にまつわるエトセトラが気になる方、ぜひこちらも覗いてみてください。


ありがとうございます!うれしいです。
11
創価大理工学部4年 環境問題への関心から、身近なごはんを考える。 ごはんのことをよく書きます。

こちらでもピックアップされています

おやつな話。
おやつな話。
  • 2本
コメント (2)
ゆるーい感じで行うダイエットが一番続けやすいし、リバウンドのリスクも少ないし、一番正しいダイエットだと思ってます!記事の内容にとても共感できたのでコメントさせて頂きました♩
ポギ金子さん、コメント大変にありがとうございます!ゆるいダイエット、これからも楽しめそうです^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。