長男、一平くん @ippei69 との約束を果たしに長野へ行く。
見出し画像

長男、一平くん @ippei69 との約束を果たしに長野へ行く。

遠藤家の長男(5歳)。1歳の頃から大好きな一平くん @ippei69と5月に約束をしており、その約束を果たすために長野へ行ってきました。

この話の前段は、先月(05/18)、J2リーグ 新潟対愛媛が新潟のホームゲームへ観戦に行ったところを基点に始まります。

サッカーを見に行くというよりも、一平くんへ会いに行ったのですが、念願叶わず...どうしても会いたかった我が家の長男の様子をTwitterであげていたところ、一平くんから「約束」をしてもらい、それを果たしに行ったのでした。

(振り返り)会いたかったけど会えなかった

以前の書いた記事をご覧いただいた方はご存知かと思いますし、Twitterでも我が家の長男が「会うの楽しみにしてるよ」と述べた動画が一定数視聴されたので、一平くん好きな方の中には、少しだけ流れをご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

我が家の長男は1歳の頃、我が家の妻の友人から一平くんを譲り受けて以降、一平くん、並びにカエルが大好きになりまして。

しばらくはどこへ行くにも一平くんのぬいぐるみを持参しながら出かけてましたし、寝るときにも抱いて寝るぐらい溺愛しながらも、実物とは会ったことがなく、当時は新潟と愛媛とでは対戦する機会もなかったため、長男が一平くんに会う機会を設けられずに2年ほど経過。

アルビレックス新潟がJ2リーグに降格したのを機会に観戦に行けば会えるかもしれないと期待をしておったのですが、昨年は長男の体調不良もあり伺えず。

満を辞して今年の5月18日にデンカビッグスワンスタジアムでの試合を観戦に行ったものの、スタジアム内をウロチョロする一平くんはスタジアムの規定で対面叶わずにスタジアムを跡にしたのでした。

ただ、今年についてはTwitterでしつこく投げかけていたら、一平くんが応答をしてくれて、二人の間に「約束」が結ばれたのでした。

出現情報を提供してくださった方がいたことで実現

我が家の長男が4年もの間、気持ちを熟成してきたのは知る由もないかと思いますが、今回の「一平くんが自分と会えなかった子どもに約束をした」のは、Twitterで少しだけ多くの人たちの目に触れたのもあり、一平くんが次に出るイベントの情報を提供してくださった方がいました。

長野県は松本で #松本かえるまつり なる祭りが開催されており、そこへ一平くんが昨年参加していて、今年もおそらく参加するだろう、と。

サッカーではありませんでしたが、我が家の長男は別にサッカーを観戦に行ったのではなく、一平くんに会うついでとしてサッカー観戦を行なったので、主たる目的は一平くんと対面することだったので、どんなものであろうと「一平くんに会いたい気持ち」は抑え切れません。

長男に「かえるまつりっていうのがあるみたいで、そこに一平くんも来るみたいだけど行く?」と聞くと、「行きたい行きたい行きたい!約束したから行きたい!」と前のめりも前のめりで応答してきたので、「じゃ、行くか」と。

余談ですが、一平くんとの約束をしたことにより、長男は「サッカー楽しかった」「また観に行こう」と述べたことから、スポーツにおけるコンテンツマーケティングの重要性みたいなものを痛感した次第です。(スポーツの「競技以外の魅力」)ま、一平くんのような当たりを再現するのは難しいですが…

果たせた約束

そして当日、前提知識もない状態で到着するとのものすごくかえる度合いが高くてびっくりしたのですが、長男はそんな雰囲気が大好きだったみたい。

もちろん、一平くんを連れて会場となる縄手商店街を練り歩きます。

なかなか会えなかったので休憩を挟んだり…

街を練り歩く中で、一平くんが昨夜、愛媛を出て、夜通しで運転してきて休憩しているのだとわかりましたので、媚びる意味と我が家の息子たち三名分の一平くんをバリエーションを確保したい気持ちとが相まったので、げとん。

じゃ、お腹空いたから何か食べようか、と。特段、目的もなく通った神社の境内で、突然「あ!一平くんだ!」と叫ぶ長男。

いやいや、どこに?

そんな鳩が豆鉄砲を食ったようなぼくたち夫婦の反応とは異なり、急に目が輝き、表情は煌めき始めた長男が見つめる先をみると、あの特徴的な目がぼくの視界に飛び込んで来たのでした。

「いたね!行こう行こう!」と長男を中心に家族を引き連れ、すでに人並みが生じている場所へ駆け込むと、順番待ちを整理する方とお話すると、一平くんの周りでいろいろとお手伝いとしてくださってる方々(スタッフの方と言えばいいのに...ごめんなさい)に触れ回ってくれましたので、スムーズに一平くんにも「約束」について伝達されておりました。もう、感謝感謝です。

そして、ここから数枚の写真をご覧いただくとお分かりいただけるかと思いますが、順番待ちをしている長男の待ち切れない表情が、ぼくの満足感を増幅させるのでした。

そして、遂に来た対面の瞬間!

長男のあまりにも熱い気持ちのこもった抱擁に、彼の本気度を伺い知れました。本当に嬉しかったんでしょうね。よかった、会えて。

共に記念撮影し、サインしてもらいました。

一平くん、慣れたものだろうけど、めちゃくちゃサインを書くの上手で。

そして今回の件だったからオマケで『やくそく大事』って書いてくれました。ありがとう、一平くん。

ほんとにほんとに嬉しかったようで、お礼を言いたいって長男から一平くんへ再び動画のメッセージを。

一平くんもTwitterに書いてくれてて、それを見た長男は改めてご満悦な様子で、ぼくとしても、妻としても、本当に満足した1日となりました。

やくそく、大事。

ぼくのTwitter

この記事が参加している募集

コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
えんどう ≒ 遠藤涼介

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。 お読みいただき、それについてコメントつきで各SNSへ投稿していただけたら即座に反応の上でお礼を申し上げます!

途端にやる気が出てきました!
人事/広報 株式会社アシスト https://assist-group.co.jp |【過去】PR|SNS|情報システム|ネット広告|専門学校職員(スポーツ系)|スポーツトレーナー|オフィスえんどう【他】#山田塾 (事務局長) #えんどうnote #えんどうさん家の休日|T