NPO法人ダイバーシティ工房

「全ての家庭が安心してくらせる社会」を目指し学習支援と相談支援を中心に地域コミュニティの事業を展開。家庭状況や個別の特性に合わせた学びの機会の提供・相談援助を行い生きづらさの軽減と一人ひとりの成長をサポートしていきます。https://www.diversitykobo.org/
    • 子どもたちの変化・支援について

      発達障害をもっていたり、不登校の子どもたちの学習支援を行う「スタジオplus+」や「地域の学び舎プラット」での様子です。支援について、子どもたちの様子にいて発信しています。

    • 自立援助ホームルポール・シェルタールファール

      自立援助ホームLe Port(ル・ポール)と短中期シェルターLe Phare(ル・ファール)についての記事を発信していきます。

    • ダイバーシティ工房:読み書き支援マガジン

      ダイバーシティ工房で取り組む子どもの「読み書き支援」に関するnoteまとめです!

    • ダイバーシティ工房の組織づくり

      新入社員の取り組み内容発信や、組織の様子について発信しています。

    • コミュニティスペース・地域の学び舎「プラット」

      無料学習教室やコミュニティカフェ、「ぷらっと」寄れる場所をコンセプトした居場所を運営しています。

    • すべてのマガジンを表示

【ダイバーシティ工房法人設立10周年】これまでの歩みと想い

皆様、こんにちは!NPO法人ダイバーシティ工房代表の不破です。 2022年3月21日、春分の日にダイバーシティ工房は設立して10年が経ちました。 まず、ダイバーシティ工房の…

「待つ」というコミュニケーションの始め方 ー話せてこそわかり合えるを疑ってみる学習支援ー

発達障害をはじめ「学校生活に特別なニーズがある子どもたち」を対象にした学習教室、スタジオplus+で学習支援員をしている島根です。 子どもたちへの支援を考えていると…

コロナ禍で始まったオンラインランチ会。試行錯誤の中で生まれた工夫とは?

こんにちは!ダイバーシティ工房のスタジオplus+で個別指導員をしている石渡です。 ダイバーシティ工房では組織作りの一環として「ランチ会」という会を通じて、スタッフ…

NPO就職。始まりは子ども・家庭の「生きづらさ」と向き合ったリモートインターン

こんにちは、NPO法人ダイバーシティ工房で昨年から学生インターンをしてきた坂本です。 ダイバーシティ工房は千葉県市川市を拠点に地域で生きづらさを抱える子ども、家庭…

発達障害を持つ子どもは自己肯定感が低いのか?ー発達と自己肯定感の関係性とは

こんにちは。発達障害や不登校など「学校生活に特別なニーズがある子どもたち」を対象にした個別支援学習教室、スタジオplus+で、教室長・児童発達支援管理責任者をしてい…

様々な「生きづらさ」を抱える人に寄り添うSNS相談のこれからを考える

2020年から続くコロナ禍、生活困窮やあらゆる種類の困りごとが生まれる中で、どこからでも誰でも相談ができる場として、SNS相談の利用が広まりました。相談者と支援者がま…