マガジンのカバー画像

子どもたちの変化・支援について

10
発達障害をもっていたり、不登校の子どもたちの学習支援を行う「スタジオplus+」や「地域の学び舎プラット」での様子です。支援について、子どもたちの様子にいて発信しています。
運営しているクリエイター

記事一覧

「待つ」というコミュニケーションの始め方 ー話せてこそわかり合えるを疑ってみる学…

発達障害をはじめ「学校生活に特別なニーズがある子どもたち」を対象にした学習教室、スタジオ…

発達障害を持つ子どもは自己肯定感が低いのか?ー発達と自己肯定感の関係性とは

こんにちは。発達障害や不登校など「学校生活に特別なニーズがある子どもたち」を対象にした個…

どんな卒業をイメージするか?から始める支援

発達障害や不登校など「学校生活に特別なニーズがある子どもたち」の個別支援を行う学習教室・…

「不登校・隠れ不登校」と子どもたち

不登校の増加止まらず 文科省統計 不登校の子どもの数が、年々増加の一途をたどっています。 …

「子どもを勉強で追いつめない」3つのポイント

前回の記事(「子どもの権利保障と学びの深刻な関係」)では、学習支援の現場から見た、子ども…

子どもの権利保障と学びの深刻な関係

11月20日は、国連で「子どもの権利条約」が採択された「世界子どもの日」です。 ダイバーシテ…

子どもの「やりたくない」は認めないといけない

今回は、子どもの「やらない」「やりたくない」という反応は認めないといけない(かもしれない)という話です。 この内容は、現場での経験と、G・ベイトソンのダブルバインド理論をぼんやり重ねながら書いています。(理論を正しく紹介するものではありませんので、興味がある方は別途お調べください) 「やらない」「できない」子どもたち 決めたことをやらない、できない、という子どもの姿は、古今東西共通のものであると言えます。子どもの支援をしている身としては、接する子どもにも当てはまるし、親御さ

スキ
4

【レポート】市川市内で学習支援をしている非営利団体3団体で合同研修を開催しました

私たちNPO法人ダイバーシティ工房は、市川市内でのネットワークを活かし、市内での学習支援団…

私立高校に通うための就学支援金が引き上げに【2020年から】

・就学にかかる費用が高いから、私立には行かせられない ・支援金、奨学金があるのは聞いたこ…

「福祉の枠組みの中で、学習って必要なの?」発達障害のこどもたちに学習支援が必要な…

*** ダイアローグplus+は法人の運営するスタジオplus+の講師がスタートしたプロジェクトで…